さらに深まるストーンズの「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」の謎


Big Hits (High Tide And Green Grass)
Rolling Stones

意図せずに前回の記事のつづきに


さて私が高校生時代に聴いた「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」は
米英どちらのヴァージョンであったのか確認しようと
倉庫の中から苦労して引っ張り出してきたのが
上記のBig Hits (High Tide And Green Grass)でした。

早速「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」をかけてみると
イントロはオルガンであるものでした。
という事はアメリカヴァージョンという事ですね。

一件落着と思いきや……

このコンピレーションアルバムが日米英
どこで作成されたのか確認しようと調べてみると
なんともこんがらがる結果に。

まずこのコンピレーションはこれまたややこしいことに
米盤と英盤では収録曲や収録順が異なる
二つのヴァージョンが作成されたことが判明。

しかもジャケットの表裏の写真がいれかわって使用されている
とのこと。


高校生の私が購入したのは1976年プレスの
日本キング製作によるもの。

ジャケットの表写真は上記のものと同じ魚眼レンズによる
メンバー写真。

従ってこれは英版wikiによるとイギリス製作と同じもののはず。
なるほど収録曲や曲順はイギリス盤と同一。


イギリス盤であるならば発売元はDeccaであるはずが
私の所有するアルバムにはLonndonとプリント。

これは日本が所有していた版権の都合上こうなっているのであろうと推察。
オリジナルと発売元がことなるのはジャズでも良くあるお話。


しかし
先刻記述した通りに入っていた「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」は
オルガンイントロヴァージョン ?????


オリジナルの英国デッカ発売のアルバムでも
元々はアメリカオリジナル発売「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」である
オルガンイントロヴァージョンがこのコンピレーションアルバムに
採用されていたのでありましょうか?

日本で新たにマスターから編集しなおして製作したとは
なかなか考えにくいのでこの推察で正解かと……


なお現在イギリス製作のアルバムは入手難である模様。



たぶんこんなことも
ストーンズのファンにはあたりまえのことなのでしょうな
      多分ネ






2017年03月15日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:2