若き日のアル ジャロウ



久しぶりに眼にしたアル ジャロウの記事が訃報であったのは
少し悲しいことでした。

さすがにグラミー賞を何度も受賞している歌手だけあって
各新聞にその報が出ていました。

それらの記事の中で彼の代表作として挙げられていたのは
上記のセルフタイトルアルバムの中に収められていた
「モーニン」(前々回の記事とは異なりこっちは"morning")でした。

アル ジャロウのことを当代最高のジャズミュージシャンと書きながら
「モーニン」を代表作とするのはかなり疑問を感じますが
新聞の担当者の程度が知れるというものですなぁ。

アル ジャロウをジャズミュージシャンであると紹介するならば
ミシェル ペトルチアーニとの共演作がいいなぁと思ったのですが
ネット上に動画はヒットすれども発売されている作品が見つかりません。


さてどうしたものかなぁと思ったのですが
ふと気づいたのが次の作品。

"Live at the Tender Trap" (fresh sound)
J.R. Monterose


寡作でしられるモンテローズが
アイオワの「テンダー トラップ」というジャズクラブで残した録音。

幻盤として有名であった"In Action " (studio4)
のピアノ ドラムとともに演奏していますが
ゲストとして若き日のアル ジャロウが参加しています。

この時アル ジャロウはアイオワ大学で心理学を学ぶ現役の学生です。

アル ジャロウは歌手として活躍する以前に
カウンセラーとしてはたらいていたそうなので
これはアマチュア時代の録音と言えます。

後年のようなスキャットを多用するような歌唱ではありませんが
その原型は感じられるようにも思えます。


プロとしてのデビューが遅かったので
彼がすでに70歳を超えていたのは少し意外でした。


                         合掌









2017年02月23日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0