"Rain check"- 「雨切符」 でポンと膝を打つ


"...And His Mother Called Him Bill" (RCA)
Duke Ellington


長年の懸案ともいえるエリントンなんですけれども
主食のモダンジャズを消化する合間をみながら
少しずつすこしずつ食べています。

冒頭のアルバムは先年に物故したビリー ストレイホーンに捧げた
追悼アルバムとして作成されました。

68年の作品ですのでエリントンの作品としては晩年のものになります。


私が手にしたアルバムは日本製作の物であったのですが
まずアルバムの曲目を眺めていて「おやっ」と感じた曲がありました。

「雨切符」ってなんのこと???
あーっ "Rain check"のことかぁ

"Rain check"と言えば
モダンジャズとして有名なのはなんといっても

"Work time" (Prestige)
Sonny Rollins


での若き日のソニー ロリンズの
快活にして豪快な演奏でありましょうな。


私は基本的にはアメリカの作品は
オリジナル盤ではなくともできるだけアメリカ盤で購入していますので
結構演奏曲の日本語によるタイトルは知らないことが多いです。

また、同一の曲について複数の日本語タイトルが
使用されていることもあります。

「雨切符」は初めてですなぁ
だいたいこんな日本語あるのかしらん


"Rain check"という言葉を辞書で確認したことはありませんが
PAのマイクのチェックの時に
「チェック チェック マイクチェック」なんて言いますが
あんな感じで雨が降っているかを確認することだと思っていました。


"RAINCHECK" (Concord)
Louie Bellson


このルイ ベルソン(この人もエリントニアンですな)のジャケットにあるように
 「雨を確認する仕草」
こんな感じですな。

ちなみにこのアルバムについては以前の記事でも
紹介したことがありますね。


 うーん、それにしても雨切符っていう言葉自体になじみがないなぁ
と思いながら一瞬ひらめくものがあり
"Rain check"をネットで検索してみると結果
   ((米))雨天延期試合入場引き換え券

なるほど
それでルイ ベルソンはお茶目に野球のユニホーム姿なのね

合点 合点 ガッテン


それにしても「雨切符」てな訳はどうでしょうなぁ
「雨天延期試合入場引き換え券」では長すぎますしねぇ
なかなかに「巴里祭」ばりの超訳は思いつかないものですね。


ところでこの作品ですけれども
オリジナルのライナーノーツにも触れられている通り
最後のエリントンのソロピアノによる演奏
"Lotus Blossom"

レコーディング終了後メンバー達が片づけをするさざめきの中
いつくしむように弾かれていてこの上もなく美しく
掉尾をがざるに素晴らしいものとなっています。

CDでの追加曲は
ほんまに蛇足ですわ

アルバムは完成しているのにねぇ
残念










2017年08月15日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0