FC2ブログ

なんとまぁ動くトミー ウィリアムズを確認

前回の記事でジャズベーシストの
トミー ウィリアムズを紹介しました。

その流れでトミー ウィリアムズに関する新情報はないかとネットを調べました。
 実は英語版wikkiでも彼の生没年月日すら不詳

すると全く予期していなかったのですがなんとyoutube上にトミー ウィリアムズの
演奏する姿を発見しました。



映像の内容はアメリカでのTV番組「ペリー コモ ショウ」で出演した
スタン ゲッツ=チャーリー バードの演奏です。

日本でも「ペリー コモ ショウ」は放映されたそうですが
さすがに私も生まれる以前もしくはものごころつくより前の事で
タイムリーにはこの映像を知る由もありません。

番組中でもテナーのスタン ゲッツとギターのチャーリー バードの
紹介はありますが他のメンバーのアナウンスメントはありません。

ならばどうしてこの映像中のベーシストがトミー ウィリアムズであると
判明したかですがこのyou tubeのコメント欄をよく見てください。

「誰かこのベースとドラマーを知らないかい?」
「彼らの名前を紹介しないなんてくそ野郎だぜ」
「ほんとほんと」
なんてやり取りの後に
「ベースはトミー ウィリアムズだって彼の息子さんが
 どこかでコメントしていたはずだよ」
とあります。

そして他のコメント欄によるとこの放送日は1962年の10月17日と知れます。

とすればスタン ゲッツのアルバム
Stan Getz ‎– Big Band Bossa Nova
"Big Band Bossa Nova" (verve)
Stan Getz


にトミー ウィリアムズが参加して録音されたのが1962年の8月ですから
見事に時期が符合します。

わざわざトミーの息子だと名乗ってコメントする必要もないでしょうから
この映像のベーシストがトミー ウィリアムズであると言うのは信頼が置けます。


さて肝心の動くトミー ウィリアムズですけれどもほぼ彼の姿が見切れていて
画像も暗くよく見えません。

62年当時のアメリカのテレビ放送という事もあってか
少し意図的なものも感じます。


演奏されているのがボサノヴァであるので
ベースはスペースを大きく活かした少ない音数でこれだけでトミーであると
知るのはなかなかに困難だと思います。

素晴らしいベースだとは確認できますけれど。


それにしてもこんな映像を見ることが出来るなんて
えらい世の中ですなぁ


あとで上記のアルバムでベースの音を聴き比べてみないとね。


この記事で紹介したアルバムです
ビッグバンドボサノヴァ





2018年09月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0