ジャズはニューオリンズ、バーボンはケンタッキー?

ジャズはニューオリンズが本場だと言うお話も良く伺います。

確かに百年前ではそうであったかもしれませんが
スウィングジャズの時代にはジャズの中心地は
すでにニューヨークへと移っていました。

もちろん現在もアメリカのジャズの中心地は
ニューヨークであり続けています。

それにしても
 ジャズの本場ニューオリンズで本物のジャズを聴いてきました
とおっしゃる方が結構いらっしゃるのはなぜでしょうなぁ?


さて
 バーボンはケンタッキーで造られるもの
というお話もよく聞かされます。
 
なるほど多くのバーボンがケンタッキーで作られているのは事実です。
 
したがってバーボンの本場がケンタッキーであるというのは正解だと言えます。



これについても良くあるバーボンあるある薀蓄ですが
 ジャックダニエルはテネシーで造られるのでバーボンではなくてテネシーウィスキー
と言うお話。

じつはこのお話も正確には不正解です。




ジャックダニエルのラベルには誇らしげにテネシーウィスキーの文字が躍っています。

 


一方バーボンの例として代表銘柄のアーリータイムズのラベルには
ケンタッキーの文字がしっかりと刻まれています。

 
 ほらジャックダニエルはバーボンではないんだ
と 早合点しないでください。


アメリカの制定するところではバーボンを造ることの出来る場所は
アメリカ国内と規定されています。

そのほかにバーボンと呼ばれるためには前回の記事のような要件以外に
さらにいくつかの規定があるのですが
ジャックダニエルはそれらのすべての要件を満たしています。

したがってジャックダニエルをバーボンと呼ぶのは正しいのです。

バーボンという広い呼称の中の
テネシーで造られるお酒がテネシーウィスキーであるわけです。


たとえていうならば
シャンパンをワインと呼んでも正解ですし
スパークリングワインと呼んでもいいのと同じです。


ただしアーリータイムズをテネシーウィスキーと呼ぶわけにはいきませんし
ジャックダニエルをケンタッキー バーボンとは呼べません。

アーリータイムズもジャックダニエルもバーボンと呼ぶのは正しいことです。



と こういう説明を薀蓄じいさんに申しますと
必ずいるのが
 そんな話は初めて聞いた
 ケンタッキー以外で造っているバーボンなんか知らんぞ
 俺たちはバーでそうやって教わってきたんだ
と言った輩(苦笑)

こういう人たちは自分が絶対に正しいと思っていますからなぁ


それでは現物を
バレッツバーボン
     クリックで大きくなります

これはペンシルヴァニアで造られたバーボンです。

実をいうとバーボンの創成期ではペンシルヴァニアのほうが
ケンタッキーよりウィスキー造りが盛んだったんです。

なかなか日本ではお目にかからないかもしれないですけど
オハイオやニューヨーク、ヴァージニアなんかでもバーボンは造られています。

ニューヨークのバーボン私も一度のんでみたいですなぁ







 

2016年04月23日 お酒の話 トラックバック:0 コメント:0