月・日別2005年07月 1/1

JAZZ1000回問われた私への質問 2

いったい何からジャズを聴いたらいいでしょうか。ジャズをわかるにはどうすればいいでしょうか。 ジャズは何々から聴かねばならないということはありません。必要にせまられて聴く(何かのイベントに使うとか、開店する店のBGMに使うとか)のでなければ、自分が気に入ったものから聞き始めるのが正解です。 ジャズの世界はとても広大ですので短期間に全体を見渡すのは無理です。言い換えると、どこかにあなたが気に入るジャズがき...

  •  8
  •  0

歌っちゃったクリフォード ジョーダン (BlogPet)

きょう、録音♪ですがここまで特筆したかもー。しかしフォードはここで天才に演奏するはずだったみたい。*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。...

  •  0
  •  0

勘三郎に寛美を見た

 中村勘三郎襲名披露(午前の部)七月二十三日(金)を見てきました。今回ジャズの話ではありません。申し訳ありません。このブログを読んでくださる中に歌舞伎好きの方がいらっしゃるのを祈るばかりです。 さて、午前の部の出し物は「寿曽我対面」で幕を開けました。ご存知の方には解説無用でしょうが、ストーリーを楽しむというよりは役者さんそのものを楽しむといったような華やかな作品です。お正月などの目出度い時に公演さ...

  •  2
  •  0

歌っちゃったクリフォード ジョーダン

...

  •  2
  •  0

JAZZ1000回問われた私への質問 1

どうしてジャズを聴くようになったのですか? 意識して「私はジャズを聴きたい」と考えてジャズを聴くようになったのではありません。子供の時分に家族や周りの者にジャズを聴くものはいませんでした。しかしながら後から考えると自分の身近にジャズはあったのです。 たとえば、むかしのTVドラマに鬼警部アイアンサイドというのがありましたが、そのオープニングのテーマにぞくぞくするものを感じました。それはクインシー ジョ...

  •  3
  •  0

ロリンズの引退によせて (BlogPet)

中の名盤からロリンズの文句無く快作とは言いません本当にありがとうございました今回はその言葉が懐メロジャズ世代の団塊の人々から発せられたので吹ききってしまう"でしょう15年以上も前にいくど目かそしてこれからもずっとあなたの音楽に接したのではなく、自分より若い人からのものだったからですロリンズさん、素敵な音楽をため息すればよかった?とか書いてみるの♪*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書...

  •  4
  •  0

悲しくてラッキーな"Jazz for sale"

 とても久しぶりに2日お休みをいただいて、うどんの国へ20年来の知己であるジャズ屋のオヤジに会いに行ってきました。実は長らく経営していたジャズ喫茶を閉める決心をしたと電話があったからでした。 私が行ったからといってうどうにかなるというものでもないのですが、いかずにはおれないといった心境でした。もういったい何軒のジャズ喫茶を見送ったことでしょう。つい昨年末にもごく親しいジャズ喫茶が閉店し、まだそのシ...

  •  7
  •  0

ひまわり畑のアーマッド ジャマル

"Nature" Ahmad Jamal  本当にこの数日は暑いですね。梅雨明けもして夏本番といったところでしょうか。今回は大好きなアーマッド ジャマルのアルバムから夏らしいジャケットの作品を紹介したいと思います。 この作品には珍しくジャマルのトリオにスティール ドラムのオセロ モリノーが加わっています。スティール ドラム奏者といっても普通は彼とアンディ ナレルぐらいしか思いつかないでしょう。楽器自体も名前を聞いても...

  •  2
  •  1

アンディ ベイの「ええ声~」

"Ballads, Blues & Bey" Andy Bey  アンディ ベイというボーカルをご存知でしょうか。ディスコグラフィをよくご覧になる方ならプレスティッジの"Andy Bey & The Bey Sisters "やブルーノートの4000番代後半のホレスシルヴァーの作品で名前をご記憶かもしれません。しかし、男性ボーカルがほとんど顧みられない日本では、まず無名に近いのが現状でしょう。 とても魅力的なミュージシャンですが、彼の一番の武器は声そのもの...

  •  2
  •  1

ロリンズの引退によせて (BlogPet)

今そこで生まれでたような即興というのはロリンズぐらいのものでしょうが、1曲を愛し続けることにとても驚いた覚えがお好きなとお思いの方にもきっと満足していただける一枚ですとてもじゃないけれども65歳のじい様のやることとは思えず、ここにリリースされたアルバムを、一人深いため息をつきましたとか思った?*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。...

  •  1
  •  0

ロリンズの引退によせて

ソニーロリンズが引退を発表したようです(Thank you やんきち さん)。「またかいな」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、今回は体力の衰えによるものでしょうから復帰は望めないでしょう。 幸いなことに11月に日本でのコンサートがあるようなので、ジャズがお好きな方はぜひ足を運んでいただきたいものです。ジャズと言えば合言葉のように出てくるインプロビゼーション。しかしながらパーカー直系のあふれ出るような即興...

  •  4
  •  0

ご飯をいただくようにジャズを聴いております

 ジャズの入門には「サキソフォン コロッサス」?????? はたして本当に正解でしょうか。 外国人の友達に日本料理を紹介しようとしたときにあなたはどこへ連れて行こうと思いますか。 一人頭2万円は覚悟して寿司「久兵衛」。そりゃもうねたは最高、政財界のお偉方をうならせる最上のお寿司。日本料理を外国の方へ紹介するには、誰の前に出しても恥ずかしくありません。 でもちょっと考えてください。普段からそんな高級...

  •  2
  •  0

バリー ハリス翁に感謝 (BlogPet)

寸分すばらしい縁起とかを承知していましたが、高槻で広い曲目を尊敬したかった*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。...

  •  0
  •  0

ジェームズ ウイリアムズが最後に残した本音のジャズ

 まったくおかしな話ですが、日本盤にならないCDというものは大手ジャズ雑誌に紹介されることはまれです。当然のことながらそのCDがどんなに内容が良くても関係ありません。 たとえそれがブルーノートといったメジャーレーベルから出ていたとしても、日本盤で出版されなければまるで世の中に存在しないかのような扱いです。 ましてそれが自費出版という形で出されたものならば、ジャズジャーナリズムの上に姿を現すことはまず...

  •  0
  •  0

バリー ハリス翁に感謝

  一と月が経過しいささか旧聞になってしまいましたが、5月の高槻ジャズストリートでのメインイベント”バリー ハリス ソロピアノ”はとても素晴らしい公演でした。 MCに呼び出されステージに登場した彼は、白いあごひげを蓄えた小柄な老妖精といった風情でした。足取りからはさすがに老いが感じられます。そのままピアノにむかい演奏が始まりました。 1曲目は彼の自作曲であり、最近は自身のテーマのようになっているナシメ...

  •  0
  •  0