ジャズ喫茶でのいいリクエストって???



  ある人から「出張先でジャズ喫茶に行こうと思うんですけど、リクエストするのにこれはというアルバムってありませんか?」という質問を受けました。どういう意味か図りかねたので良く問いただしてみると、どうやら自分はジャズを良く知っているのだぞという格好をつけようとするための目的のようです。
 困ったなあと思いながら数枚のアルバムを教えましたが、そのアルバムをリクエストした後はどうするつもりなのか気になりました。その一枚のリクエストはいいもののその後の会話はどうするつもりなのでしょう。じきに化けの皮がはがれてしまうのは間違いないと思うのですが。

 それはさておきジャズ喫茶でのいいリクエストとは一体なんでしょう。自分が聞きたければなんであれリクエストしてもいいようなものですが、最低限のルールはあるように思います。ジャズ喫茶をやっていた頃の経験から少しばかり考えてみました。

 リクエストしたアルバムが終了するまで帰らない
 当たり前のことですが信じられないことにリクエストしたアルバムが終わらない前に帰ってしまう人がちらほらいるのです。これはお店に対してとても失礼なことです。時間に余裕がないのならリクエストなどしないことです。

 リクエストしたアルバムはちゃんと聴く
リクエストしたアルバムがかかっているのに、一緒に来た人と大きな声で会話をする人も結構います。また音楽そっちのけで持参の本を読みふけるのもあまりいいものではありません。ちゃんと聴かないのならこれまたリクエストはしないことです。

 周りの雰囲気を考える
 夜も更けて他の人たちがお酒を飲んでくつろいでジャズを楽しんでいる時に、ジュゼッピ ローガン(どフリー!)などといったアルバムをリクエストしても、まずかけてもらえるはずがありません。ジャズ喫茶は自宅で聴くのと違って他人も一緒に聴くわけですから、多少は場を読んでリクエストしましょう。
 
 なんだか幼稚園児にものを教えている気分になってきましたが、要するに常識で考えてリクエストすればいいのですけれども…

 意味のあるリクエストとは何かと考えてみますと、まずは聴いたことのないアルバムをリクエストするのが一番有効な事だと思います。特に新譜などは全てを自前で購入するのは難しいでしょうから、リクエストして聴いてみるのはいい事だと思います。

 …でも正直に本音を言いますと、ジャズ喫茶ではリクエストはしないのが一番です。ジャズ喫茶の店主というのは、どのアルバムの次にどのアルバムをかければいいのかに心を砕いているものです。というか、それこそがジャズ喫茶の店主の存在意義だと言い切ってもいいと思います。
 同じアルバムであってもかける順番を誤ってしまえばその良さを発揮する事はできません。今までかけてきたアルバムを考えその2,3枚先のアルバムを見通しながら次にかけるアルバムを選んでいるのです。駄盤だと呼ばれているアルバムも、かける場所を間違えなければ光り輝く名盤に聴こえるものです。当然名盤だってその逆もありえるわけです。
 店主はまたお客さんの反応も注意深く見守っているはずです。かけているアルバムに興味を示しているのか、嫌悪感を感じているのか、ジャズに対して深い理解が有りそうか、ジャズに対してまったく興味がないのか、お客さんの入り具合はどうか、客層はどうか etc.
そういった中から最適な一枚をあやまたずに選択しようと考えるのがジャズ喫茶の店主です。
 私も多くのジャズ喫茶で様々なアルバムを教えてもらう事ができました。ジャズの解説書に書かれているようなアルバムはジャズの中のほんの一握りでしかありません。また本の中のアルバムたちは動かない死体のようなもので、ジャズ喫茶の中で店主達によって最適な場を与えられ生き生きと躍動するさまを聴くこととは雲泥の差が有ります。
 
 ジャズ喫茶ではリクエストはしないのがたいていの場合正解であると考える次第です。

2005年10月31日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:0 コメント:4

平安の響きへと (BlogPet) (BlogPet)

きょうは、silverが俳句を詠んでみようと思うの

 「平安に 敬愛したら 響きなり」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2005年10月26日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

シャーリー ホーンさん 逝去

シャーリー・ホーンさん(米女性ジャズピアニスト、歌手)  2005/10/22 19:18
 AP通信によると、20日、ワシントンで死去、71歳。死因は不明。ハスキーな低音の声で、弾き語りの名手として人気を誇った。

 4歳でピアノを始め、ハワード大の音楽院で学んだ。1950年代からクラブで弾き語りを開始、大物ジャズ奏者の故マイルス・デイビスさんやクインシー・ジョーンズさんに絶賛された。98年にグラミー賞を獲得した。(ワシントン共同)


  先ほど知ったのですがシャーリー ホーンが亡くなられたようです。またひとつ大きな…   という気持でいっぱいです。
 マイルズの推薦でメジャーデビューを飾ったことで有名ですが、日本での一般的な人気はいまひとつであったような気がします。黒人でありながらシャウトしないハスキーな歌声は大変魅力的でした。晩年にかけて以前よりブルージーさが強まり個人的に聴く機会が多くなりました。
 ピアノの腕前もたいしたものでクラブシンガーと聞くとまず真っ先に彼女のことを思いついたものでした。スローな曲を歌わせたらちょっと彼女の右に出る者はいなかったのではないでしょうか。
 本当にお酒とタバコの煙が似合う洒脱な歌い手さんだったと思います。
 お薦めのアルバムとしては90年以降の諸作を挙げたいと思います。どれもいいのですが同じスローな曲の名手レイ チャールズに捧げた愛聴盤の
 "Light Out Of Darkness: A Tribute To Ray Charles " (Verve)
を推薦します。
 
 ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2005年10月25日 お知らせ トラックバック:0 コメント:2

be-bop lives Alfieのピアノ



"Alfie with Mike Boone and Eddie Jones" Alfred Pollitt (PTME)

 ジャズをお勉強する方はジャズを歴史化することによって理解しようとすることが多いようです。どうやら最近また新しい側面からのジャズの歴史を語ることがはやっているようで、いろいろな人がジャズの歴史を私に語りたがります。
 ジャズの歴史を勉強することにより様々な作品を頭の中に整理することはできますが内容を理解することにはなりません。日本料理の歴史を勉強したとしてもそれで料理のおいしさがわかるようにならないのと同じことです。当たり前のことですがこの点を混同する方が多いのです。
 ジャズの歴史を勉強することによって作品を理解することなどできないのは明らかです。しいて言えば、作品の理解の手助けぐらいにはなるかもしれないですが。
 もう一点誤解されがちなことですが、歴史というのは時代の変化を追っているもので全ての事象が時代により変化するものではないということです。40年代にチャーリーパーカーがビバップの演奏を行ったからといって多くのミュージシャンがスイングの演奏をしていたというのも事実です。70年代に全てのミュージシャンがフュージョンを演奏したわけではなくずっとバップの演奏を続けているミュージシャンも数多くいました。全ての現代の日本人がハンバーガー好きなわけでもなく、私の父親がいまだにチーズを食べないのと同じ様なものです。
 お勉強の好きなリスナーは実際の音楽を検証することもなく、歴史観によって誤ってジャズを理解したつもりになる過ちを犯しがちです。ジャズを理解し楽しむことは、実際にジャズそのものを聴くことによってしか成し得ないということを良く解ってほしいなと思います。

 今回ここに紹介するのはアルフィーと呼ばれるミュージシャンのものです。この作品を耳にするまでアルフレッド ポリットというピアニストを知らなかったのですが30年に及ぶキャリアがありジャズよりもR&Bでは名が通っている人のようです。
 ドラムスのエディ ジョーンズは少しばかり知られた存在ですがマイク ブーンというベーシストもあまり耳にしない人です。全編オリジナルの作品でアルバムが構成されているため、みずてんで買うのは少し勇気がいるかもしれません。
 私も購入してわくわくした気持ちと不安な気持ちが半々でCDの再生スイッチを押しました。いきなり子供の声が聞こえてきてそれに答える父親らしき人との会話が…   こりゃいったいなんじゃいなと思ったのですがどうやら父親(アルフィーらしい)がジャズとはこういったものだと演奏で説明するといった趣向のようです。
 いよいよトリオの演奏が始まるとこれが中々年季の入った様子のバップピアノ。そしてところどころにマッコイのような左手の和音が聞こえます。曲そのものも中々の出来で、快調にスイングしていきます。サイドメンとの息もぴったりと合っていていつも一緒に演奏しているのではないかなと思わせます。これでいっぺんにこのアルバムが当たりだったなと感じました。
 次の曲に入るとミディアムテンポの、これが今にも歌詞が出てきそうなメロディアスな曲でソウルっぽいこぶしも入って心をつかまれます。
 その次の曲がいかにもウィントン ケリーが作りそうな軽快な曲想で、ギャロップするようにアルフィーとサイドメン達が楽しそうに演奏しています。
 ここに至ってこの作品は私の中での佳作として認められるようになりました。この後に続く曲もそれぞれ良くできたものばかりでした。作曲も良くしソウルフルなバップピアノということで演奏スタイルは少し違うのですが70年以降のウォルター ビショップを思わせるピアニストです。 
 うなるような名盤ではないのですが、時を選ばずに気軽に楽しめる作品に仕上がっていると思います。多くのパップピアニストが亡くなっていく中で新しくいいピアニストを見つけ本当に嬉しくなりました。


2005年10月21日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:0

平安の響きへと (BlogPet)

すべて広いこの世とかエリを感心しなかった
ドイツ盤ということも聴いて並べてみればとてもひとつの曲の中にこれらのすべてを感心し、ジャズは終わったとお思いの日からかダラーはアブダラーイブラヒムがゆったりとメドレー形式で語っていきますが、この様は大きな物語が語られていくような想いがした録音になっています
彼をこの世に出してくれた敬愛するエリントンに捧げた「デューク88」(88キーにもいつも聴いてみていただきたいなという大きな安らぎを彼の音から聴いてみたいと思っているアルバムは95年にニューヨークのスイートベイジルでのライブ録音です)
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2005年10月19日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

すぐできるジャズ鑑賞の為のオーディオの使いこなし




 頼まれてよそのお宅のオーディオを調整しに伺いました。
 実を言うとオーディオマニアという方々が苦手です。スピーカーやアンプの型番をごじゃごじゃ、ケーブルや電源がどうしたこうした。ベース奏者の弦を擦る音が… サックスのタンポの音が生々しくて…
 本当にジャズを聴いているのかしらんという気持ちにさせられます。隣に裸のべっぴんさんが寝ているのに脱ぎ捨てられたストッキングやハイヒールに頬摺りをしている人を見てるような気分がするのです。手段と目的が入れ替わったものが趣味なのだと開き直られると仕方がないのですけれども。
 私にとってはオーディオというのは愛着はありますが、録音された音楽を楽しむ為の道具だと思っています。たまにオーディオの調子が悪いとSF映画みたいに、こめかみにピップエレキバンみたいなものを貼り付けて音楽を聴けるようにならないかなどとあほな事を考えます。
 とは言うもののリアルに再生されたジャズを聴いたほうがわかり易く感動も大きいというのは事実です。私のところで聴いて良かったから買ってみたアルバムを、自宅で聞いても少しも面白くないという話も良く聞きます。ちょっと気張ってオーディオを新調してみたけどもうまく鳴らないという相談もちょくちょく受けます。
 ジャズを好きな方が困っているのだからと思いご近所ならばオーディオの調整やセッティングに伺うこともたびたびあります。そのときに気付く点を少しばかり。

 アンプやスピーカーはしっかりとした棚や台の上に置いてください。
 特にプレーヤーは水平を保った強固な場所に設置してください。
 カートリッジの針はほこりや汚れを除き常にきれいにしてください。

 これらはどのような音楽を聴くにしても必要不可欠です。そんな当たり前なことをとお思いでしょうが結構なおざりにされているものです。
さらにジャズを再生する上で気になることですが、意外に見過ごされている2点。
 
 1.右と左のスピーカーの間隔が開きすぎです。8畳間の部屋程度ならば1~1.5mもあれば十分です。また部屋の壁からは少なくとも30cmは離してください。
 2.スピーカーにもっと近づいて聴いてください。小さな音しかだせないならば尚更です。

 これだけのことを心がけるだけで格段にリアルなジャズが楽しめるはずです。少しばかり体力が必要ですがお金がまったくかからない有効な手段だと思います。音に不満のある方は一度試してみて下さい。



2005年10月12日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:0 コメント:4

平安の響きへと (BlogPet)

sonnyは、音楽愛好家にひたすら打ち返す波のような左手のライン
その上に進展しなかった
"Yarona"AbdullahIbrahim(TipToe)70年代の名エンジニアのデビットベイジルでの人にお薦めいたします
セロニアスモンクやエリントンスタンダードである「アフリカンマーケットプレィス」
その彼がその衝撃はすさまじいものだったダラーイブラヒムという回教名を名乗るようになっています
その彼をこの世に出してくれた敬愛するエリントンに捧げたみたい…
自信や、ブルーノートなど言われますが彼は、欧米人ではないでしょう
と、sonnyが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2005年10月12日 blog pet トラックバック:0 コメント:3

平安の響きへと



"Yarona" Abdullah Ibrahim (Tip Toe)

 70年代の初頭あまたのジャズ喫茶が全国にあったころ、爆発的なヒットを記録したアルバム「アフリカン ピアノ」。その為ダラー ブランドと言えばお定まりのようにその作品が挙げられます。日本のジャズ喫茶のみならず世界中の音楽愛好家に新鮮な驚きを持って受け入れられたのだと思います。
 ご存知の方にはもう言わずもがなですが彼は、欧米人ではなく南アフリカ共和国出身の黒人ミュージシャンです。その彼がとても洗練された語り口でソロピアノのジャズアルバムをものにしたのですから、当時の人たちにとってはその衝撃はすさまじいものだったのではないでしょうか。このアルバムがこれ以降に起こったソロピアノブームの嚆矢と成ったのは間違いないと思います。
 彼のピアノは実に不思議で多彩な要素で音楽を構成していきます。
  熱い情熱・冷徹な知性 破壊的な衝動・創造する力 
  大地の香り・洗練性  怒り・祈り

 こうやって並べてみればとてもひとつの曲の中にこれらのすべてを取り入れて作品として造り上げることなど想像もつかないだろうと思います。しかし彼の作品を一聴いただければ即座に納得いただけると思います。
 特徴的なのはミニマルミュージックのようにひたすら打ち返す波のような左手のライン。その上にテーマが変奏曲のように進展していく様は大きな物語が語られていくような想いがします。セロニアス モンクやエリントンとの共通点が言われますが、紡ぎだされた曲はほかにたとえる人の無いダラー ブランドの世界があります。
 ここに紹介しているアルバムは95年にニューヨークのスイート ベイジルでのライブ録音です。ドイツ盤ということもあってか名エンジニアのデビット ベイカーが少しエコーを効かしピアノの透明感を強調した録音になっています。しかしいつもながら注文どおりの録音に仕上げる彼の職人技には感心します。
 「マンネンブルグ」、「アフリカン マーケット プレィス」、「ティンティンヤナ」といったダラー スタンダード。彼をこの世に出してくれた敬愛するエリントンに捧げた「デューク88」(88年作曲とピアノの88キーにもかけているのでしょう)。この曲のテーマはちょっと面白くてエリントン スタンダードである「ジャスト スクーィズ ミー」や「イナ センチメンタル ムード」などが見え隠れします。
 これらの曲を材料としながらサポートのドラムス、ベースと共にスケールの大きな物語をアブダラー イブラヒムがゆったりとメドレー形式で語っていきます。いつの日からかダラーはアブダラー イブラヒムという回教名を名乗るようになっています。
 25年の歳月の賜物でしょう。かの「アフリカン ピアノ」に比べ自信や誇り、満足感といったものがその演奏からは伺えます。今でも万全とは言えませんが南アフリカもいく分かの平安を得つつあります。そのためか彼のピアノからは祈りと静謐といったものが強く聴こえてくるような気がします。
 この作品を聴くたびにたゆまぬ努力を重ねてきたであろう彼の人生を思います。大げさに言えば人生は無駄ではないなという大きな安らぎを彼の音から聴いているといってよいと思います。


P.S.
いつもいつも思っていることなのですが、この様な素晴しい作品をこれからジャズ聴いてみたいと思っている人にお薦めいたします。
 また50年60年のブルーノート、プレスティッジ、リバーサイドなどの名盤で満足し、ジャズは終わったとお思いの方にも聴いてみていただきたいなと思います。
 ジャズの大きな世界の一端でも感じていただければとても嬉しいです。

2005年10月06日 埋もれたCD紹介 トラックバック:1 コメント:13

2005 阪神タイガース V1 (BlogPet)

きょうsilverが転進する?

場合、ネットでシェフなど聴き覚えがあるはずです場合はネットで構造や広いシェフの気まぐれサラダではありませんそれと聴き手は大きな喜びを得るわけですと、s i l v e r」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2005年10月05日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

2005 阪神タイガース V1

今回まったくジャズには関係有りません。阪神タイガースに興味の無い方はパス願います。
 タイガースファンの方本当におめでとうございます。阪神球団の方本当にありがとうございます。2003年に続きこんなに早く又優勝するなんてうれしい限りです。しかし岡田監督率いる今年のタイガースはとても強かったですね。
 非常に高い出塁率に球界一の他を寄せ付けない盗塁王赤星。
 あれよあれよと言ううちに開花してオールスターに名を連ねた鳥谷。
 鉄壁の守備の上に期待以上の打力を発揮したシーツ。
 もう何も言うことはない不動の4番金本。
 期待のかかるシーンでいとも簡単にヒットを打つ天才今岡。
 後半ここぞと言う場面で活躍した檜山。
 ポツリといい仕事をするスペンサー。
 磐石の要本塁打不敗神話の矢野。
 地味ながらここぞと言うところでの一打が光った藤本。
 粘って粘って執念のヒットが勝利を呼んだ関本。
 守備もみせて復活の日を遂げた浜中。
 なんだか知らないけど勝ち星はあげている井川。
 味方の援護があればもっと勝っていた福原。
 セットアッパーから先発へ見事な転進をみせた安藤。
 遅れてきた松阪世代杉山。
 シーズン頭と終わりでいい仕事をした能見。
 円熟の左腕真のエース下柳。
 一昨年の切れが戻ったウイリアムズ。
 神様仏様藤川様。
 9回延長はお任せのタフなクローザー久保田。
 勝ちパターンへつなげる裏JFK桟原、橋本、江草SHE。
 貴重なバックアップ野口。
 一発の魅力もある3人目の要浅井。
 阪神てこんなに代打要員がおったかなと思うほど豊富な野手陣
 幻のホームランが神様を予感させた町田。
 やっとこさ並外れた打力を垣間見せた片岡。
 天王山を決めてみせた中村。
 もっと出番が見たかった久慈。
 少ない出番だけれど、秀太、上坂。
 中々一軍定着は難しいけど他球団なら文句無く一軍
  太陽、林、葛城、桜井…

 こうやって見ていると去年に比べ若き投手陣の台頭が目立ちます。まだまだ5,6年はこの陣容でVを重ねられるのではないかという気がします。シーズン当初はどう贔屓目に見ても投手陣の力不足は否めないきがしたのですが、終わってみれば他球団もうらやむ投手王国。選手本人とコーチ陣のいずれもの努力が実と結んだのでしょう。
 開幕前は投手陣の成長と、鳥谷の成長、6番の固定が優勝への課題だと思っていたのですが、6番の固定はかなわなくとも優勝してしまいました。
 いろいろと批判の矢面に立たされる岡田監督ですが選手を信じた起用方法と頑固なまでに自分を通す采配ぶりは誠に見事でした。
 こうなれば、もうひとつの優勝日本一を必ず成し遂げて欲しいと思います。
 阪神ファンの皆さん。後一月ほど楽しみながらせいぜいタイガースを応援しましょう。こんなに長く阪神を応援できるとはとてもうれしいですね。こんなに早く優勝しちゃっていいのかなとまだ信じきれない私がいます。
 今はほんとにうれしい気持ちで一杯です。タイガースファンの皆様と共に祝いたいと思います。
 阪神優勝 ばんざーい ヽ(^。^)ノ

 

2005年10月01日 阪神タイガース トラックバック:1 コメント:4