ジャズがわかるということをわかって欲しいのですが




「ジャズのことは良くわからないのですが」と前置きして、ジャズのお話をされる方が良くいらっしゃいます。

多分、私がジャズ喫茶なんぞをやっていたので、ちょっとしたエクスキューズをするということなのだと思います。

「ジャズをわかる」とは一体なんだろう

この問いは私のずーっと抱えている問題です。「ジャズをわかる」とはどんなにジャズの歴史やジャズメンのプロフィールを頭の中に詰め込んでみたところで解決する問題ではありません。


「ジャズなんて楽しめばいいのであって、わかるひつようなんかないんだ」という態度もひとつのジャズに対する接し方ではあると思います。


「わかるわからないなんてことはただのたわごとで、好き嫌いしかないよ」と言い切る方もいらっしゃいます。

それもジャズに対するひとつのスタンスではあります。そう考えていらっしゃるご本人の説を変えてみようとは思いません。
しかし、好き嫌いの判断とは別の、わかるわからないという思いが私自身の中に存在することは確かです。



どうしたら「ジャズをわかる」ということを人に伝えることが出来るのだろう。

あるいは「ジャズをわかる」ということを実感できるための実践的な方法は無いのだろうか。


ずーっとずーっとこの問いは私の中にあり、いまだに解決せずに私の頭の中に引っかかったまま在り続けています。


現在のところ、
「ジャズを楽しみながら聞き続けてください。そのうちにわかるということがわかるようになるかもしれません。気長にいきましょう」
と言う手段しかその問いに対する解決方法を指し示すことが出来ません。


なんとかならないものか

無い頭をふりしぼって考えてはいます。でもそうやすやすとは解決しそうな気はしません。


「悟り」とか「啓示」のような宗教的な経験のごとくに急に「ジャズをわかる」と言う境地になると説く方がいます。乗れなかなった自転車に乗れるようになるようなものでしょうか。

私としてはこの説にも加担するわけにはいきません。確かにそういう人もいるのかもしれませんが。

私の場合には「ジャズをわかる」ということは何層にも階層になっていて、ひとつの段階にあってもまたその先があるような風にジャズを理解してきたと思います。

また階層というものとは別の、さまざまな次元や観点からの「ジャズをわかる」ということが絡み合っていると実感しています。

自転車に乗れるようになればもう一生乗ることが出来るという具合に、「ジャズをわかる」ようになればもうそれ以降はオールOKと言う具合にいくとは思いません。

もっと多元的で重層的なものが必要であると感じています。私自身としてはもう何度と無く「ジャズをわかる」という感触を重ねてきて今現在の自分があると思っています。

自転車に乗れても自動車に乗れるわけでもないし、逆上がりが出来るわけでもないといった感じです。



何とか人に「ジャズをわかる」ということをわかってもらえないかな



間違いなく「ジャズをわかる」ということについて言えることもあります。

「ジャズをわかる」ということと「ジャズについて知っている」ということは全く違うと言うことです。

知識は知恵でもなく体験でもないと言うことです。

どんなにジャズの本を読んだところで、ジャズをわかるようにはなりません。

ジャズをわかったように思い込むことは出来るかもしれません。

「ジャズをわかる」ということはジャズを聴くということを通してしか得られないものだと断言していいと思います。


でも、難行苦行のようにジャズを聴いても長い道のりを進むことはできません。あくまでも楽しみながらゆっくり続けるのが結局のところ近道なのだと思います。

「ジャズをわかる」ということを本を読んで知識を得ることでショートカットしようとしてもそれは徒労にしか過ぎません。得られるのはただの思い過ごしだけです。

知ることとわかることは別の物です。



とはいってもどうしたものか

ずーっとこのあたりをぐるぐるとさまよっています。



何とかしたいなぁと思ってメルマガもはじめました。

長ーい目でみてお付き合いください。

何とか答えをだしたいなと





自分の気に入るジャズを、実際にジャズを聴くことにより見つけることから始めてください。


これが現在のところの私の持ちあわせているところの答えです。



そのための有効な手段を無料レポートで作成しました。インターネットラジオ(写真のアキュレディオではありません)を使って家庭をジャズ喫茶にしようと言う試みです。

メルマガをお読みの方にはすでにお伝えしたとおりです。

興味のある方はぜひご覧下さい。「ジャズをわかる」ということの一歩目にはなると思います。
「無料で楽しむ、簡単お茶の間ジャズ喫茶」


2007年03月23日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:12

気長にいきましょう(BlogPet)

ほんとうは、sonnyは
気長にいきましょう」
と言う手段しかその問いに対する解決ジャズを指し示すことが出来ません。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2007年03月20日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

ドロ酔いコンビ広島の旅 その3

20070313203148.jpg


やっぱり前回から続いてしまいました。

ふだんの旅では観光地をめぐるということは全くと言っていいほどしないのですが、今回は宮島まで足を伸ばしました。たぶんこの機会を逃すと宮島へ行くことはないのではないかなと考えたからでもありました。

宮島へは宮島口駅からフェリーに乗って行くのですが、ありがたいことに青春18切符で乗船することが出来ます。それを知らずに乗車券を買ってしまったグループがあったようで、往復乗車券を買ってしまったことを相当悔しがっていました。

その船上から撮った写真が上記の物です。私は二日酔いで体調が30点ほどしかなく船中でくたばっていましたのでこの撮影はリムスキー嬢がとりました。いやぁまさにえはがきのようですなぁ。

宮島に降り立って対岸と明らかに空気が違うのが感じられました。なにやらきらきらピカピカと輝いています。お天気に恵まれたせいもあるのですが。

ここには奈良の春日大社と同様に鹿が神の使いのようにいるのですが、奈良のそれとは異なり鷹揚に構えているようです。数年前にリムスキーは春日大社の鹿にせんべいをあげようとして襲われた経験があります。いまだにそれを根に持っているようで鹿には近づこうとしません。


もう少し厳島神社について何か書こうと思ったのですが、なにせ二日酔いで30点の体調だったのであまり良く覚えていません(苦笑)。何よりも神社に対して何か一文をものしようという、なかみが私には無いことに気が付きました


ここは大きくはしょりまして


広島へと取って返して昨日の「やよ福」に程近い「源蔵酒場」へと向かいました。

20070313203358.jpg


居酒屋と言うしつらえというよりは大衆食堂といった感じのお店でした。ちょうどお昼時でしたが、お客さんの大半は居酒屋使いでした。

写真に写っているお造りの盛り合わせでも分かると思いますが、このお店のお魚の鮮度は抜群でした。今回の旅程中の居酒屋で文句なくナンバーワンでした。このほかにもアナゴの煮付けと鯖煮付けなども戴いたのですが、文句のつけようの無いお魚でした。

味付けに関しては大阪人の私には少し濃い目ではあったのですが、おさかなそのものの鮮度及び味は素晴しい物でした。こんなお店のある広島の人がまたもや羨ましいです。

大阪でこのレベルのお魚をいただこうとすると支払い金額の桁が違ってくると思います。不覚にも知らなかったのですが広島と言うのはアナゴが名産と言うことです。いやぁ、肉厚のしっかりと肉の味がするアナゴはおいしゅうございました。


ところでこのお店のお運びのおばさんが傑作な方でした。頭で考えたことがすべて口に出てしまうといった感じでした。

たとえばお勘定と言うお客さんが二組重なると、「みんなお勘定お勘定て、帰るときは一時や」とか

込んでいて合い席となっていたお客さんが他の席が空いたので変わりたいと言うと「もうそこで落ちついとるんやから、替わらんでもええのに」なぞと口走ってしまうのです。実際には広島弁でしたが。

これではお客さんとトラブルになるのではと思えるのですが、なかなか愛嬌のあるおばさんでちょっと憎めないいいキャラクターをしていらっしゃいました。私達はそのおばさんの口から垂れ流している言葉に二人でうけまくっていました。

そこへ、明らかにその筋の方と分かる二人連れのお客さんがいらしたのですがおばさんの態度が一変。いそいそとキープボトルとセットを運ぶは、ちゃっちゃと注文はとるはやれば出来るジャンと言いたくなる働きぶり。

極め付けだったのは最初その二人組は入り口付近の席に座っていたのですが。店の真ん中の方にいい席が空いたとたんに
 「せき替わられますか」
と声をかけ、いそいそとテーブルに載っていた料理やコップを移動させたのです。

ううーん、おばちゃん恐るべし。もしくは広島のその筋の人恐るべしかも。


もっと源蔵本店で飲んでいたかったのですが何せ普通電車しか乗れない18切符の旅。大阪まで帰るのに6時間はかかるので切り上げて帰路に着きました。

この後姫路でまた呑むことになるのですが皆様を退屈させそうなので割愛させていただきます。大体この一連の記事は私の備忘録のためなのでお読み戴いた方はどうもご退屈様でした。


本日、青春18切符のあまり券一回分をチケットやさんで買い取ってもらうと1700円になりました。

ということで(7680-1700)/4=1495円が一日あたりの交通費でした。正確には路面電車に乗りましたのでもう300円加算です。


以上でドロ酔いコンビ広島の旅は終了です。



続きを読む

2007年03月19日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:2

ドロ酔いコンビ広島の旅 その2

20070313203441.jpg


前回よりの続き

やっとこさ、三原駅に着きましてホームへと上がりますと今回の最大の目的、マリンビュー瀬戸内号がすでに到着していました。この列車あくまでも臨時列車でして、いつまで運行されるかは分からないようです。

さてと乗り込みますと中はこんな風になっています。


20070313203501.jpg



ちょっと、欧風な感じの客車でしょ。

私実は少しばかり鉄チャンの気味がございまして、列車に乗るとみょうにわくわくします。この瀬戸内マリンビューの存在を知ってから一度乗ってみたいなぁと考えていたのですが、やっと実現しました。

三原から広島まで山陽本線なら一時間と少しで着くものを、わざわざ3時間ほどかけて海岸線を走ろうと言うのですから酔狂なものです。

車中にはマリンガールとでも言うのでしょうか、地方のミスコン優勝者のようなアテンダントが乗車しています。車内では昔新幹線にあったビュッフェのような物がしつらえてあって缶ビールやウィスキーちょっとしたおつまみなどが買えます。


20070316022915.jpg


もちろん、私達はちょっとしたミニバーが開けそうな用意とワインを一瓶、ハモンセラノーにチーズ等を持ち込んでいますので購入することはありません。後ろのテーブルの中年夫婦が目を丸くしてジンリッキーを飲む私達を見ていました(笑)

こんな豪勢なしつらえの列車をたった500円の指定券を買うだけで利用できるのだから、もっとたくさんの人が乗車しているかと思いきや私達の他はたったの3人しか乗車していません。

隣の車両には通学の高校生達や地元の人でそこそこの乗車率です。日常生活のすぐ隣でのうのうとワインなどを喰らっているパッセンジャーがいるというのも、なんだか面白い物です。

睡眠不足がたたって私は広島まで半分ぐらいの時間はベンチソファーにのうのうとごろ寝していました。

目を覚ますとじきに広島に到着しました。


20070316025624.jpg


広島の駅前には昭和のまま取り残されたような一角がございまして、そこへやよ福と言うお酒の宣伝酒場があります。リムスキーとそこへ繰り込みぬる燗をなめていますと、そこへなんと大阪の店においでになるお客さんがふらっと入ってきたではありませんか。

このHさん、立ち呑みのブログをいくつか開設しておられてその筋ではちょっと名の知れたお方です。しかし蛇のみちゃヘビってことですかね。こんなに驚いたのはハワイで中学の同級生にあって以来でした。

ホテルのチェックインの時間がありますのでHさんに別れを告げ、ホテルへと向かいました。ホテルは広島の繁華街の真ん中にありました。部屋で一休みしようかと思いましたが、短い夜の時間がもったいないので近所の石松と言う居酒屋さんへと向かいました。

このお店熱烈なカープファンの集うお店として有名でして、関西弁でしゃべっている私達はすぐに阪神ファンだと推察されていじめにあったのでした(笑)。しかし、お店のマスターのカープに対する愛は熱烈な物でした。今年は広島が健闘することを祈っています。

さて、ここ広島ではサテンドールと言うジャズ屋さんがありまして、そこへ行くのがこのたびの目的のひとつでした。

結論から言いますととてもいいお店でした。鳴っていたJBLモニターの音は納得のいく音でしたし、マスターのジャズに対する摂し方も大変好ましい物でした。おすすめの若手のサックス奏者をおうかがいすると「クリス ポッター」とおっしゃられました。

不満があるとすれば、夜からしか店が開かないことぐらい。広島のジャズファンはこんなにいいお店があってとっても羨ましく思います。

このお店でもハイボールを3杯ほどいただきまして、かなり酔っ払いましたのでおいとま致しました。マスター本当にありがとうございました。



恥を忍んで言いますが、我々二人酔っ払って不案内な広島の地理が分からず、ホテルに電話をすると暖かいことに迎えに来ていただきました。いい大人が迷子になって格好の悪い話でした。

                 まだ続くかもしれません。


サテンドールマスターの推薦盤です
グラティテュード








2007年03月16日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:4

ドロ酔いコンビ広島の旅




久しぶりに秘書のリムスキーと酔っ払いの旅へと出かけました。今回の目的は瀬戸内マリンビューと言う呉線を走る列車に乗る旅です。もちろんそんな目的はお題目でございまして、力の限りうまい物と地酒を楽しもうと言うのが主眼であります。

ご存知のことかと思いますが、JRが「青春18切符」というのを年に三回売り出しております。この切符5枚綴りになっておりまして一枚で丸一日の間JRの普通及び快速に乗り放題になるのであります。

しかも今回の春の18切符は20周年大特価でございまして、なんと8000円での販売でした。つまり一日あたり1600円でJR全線が乗り放題と言うJRの大出血大サービスでありました。ちなみに念のために申し添えますと18切符とは言いましても年齢制限はございません。私のような立派な中年でOKでして、相方のリムスキー嬢とて18歳の倍は生きていようかということでも……

もうかれこれ5年振りの青春18切符での旅行であります。この切符なんと言ってもどこでも気が向いたら乗り降り自由なところが素敵でして、気が向いたところで、降りて酒をかっ食らおうと言う算段でございます。

まずは大阪駅から新快速に乗り山陽本線を西へ。列車かゴトンと動くまで我慢して、百先生に敬意を表して車中でビールをゴクリ。

西明石で降りては見たものの、朝の九時前では入るべき店も見当たらずに結局は駅に戻って姫路まで。


20070313203035.jpg


先ずは、明石鯛と明石の蛸をばということで、鯛の御頭の吸い物と芋蛸煮で一杯。赤穂の銘酒「龍力」本醸造をぬる燗で。

先を急がねばいかぬゆえ、駅にとって返してまたもや西へ。相生で新快速とは別れを告げ普通列車で岡山までは車中でおやすみタイム。

岡山で降りようかとも思ったのですが、まあ岡山では何度も降りていますのでそのまま福山へ。福山へ降りてみるとなんとも昼酒OKダメ人間歓迎ないい雰囲気。


20070313203125.jpg


駅前の商店街に食堂「稲田屋」を発見。牛丼と関東煮と言うメニューがメインらしいのですが、お客さん食べているのを横目に見て関東煮を二本とビールを注文。

ちなみに関西で関東煮と言えば串に刺さないおでんのことを言いますが、ここ福山では「かんとに」と発音され牛のもつを甘辛く煮込んだものでした。

これがこの稲田屋独特な物かここではポピュラーな物かは分かりませんが、見る間に50本60本とお客さんが買って帰られます。正直に言いますとまずくはありませんが、それほどおいしいと言うほどの物でもないようですが…  なぜ?


ビール一本で切り上げて、来しなに見つけた駅前の自由軒へ。

20070313203418.jpg


ここでは正真正銘の関東煮の大根とおとうふを注文。おっと驚いたことに高松ではポピュラーな味噌だれがかかっているではありませんか。ここでもぬる燗(銘柄は失念)で一杯。

カウンターの上を見ると「かき醤油」と言う見慣れぬものが。しげしげと手にとって眺めていると隣のおじさんが懇切丁寧にかき醤油について説明してくれました。醤油にかきエキスや様々なだしを加えたものらしく、かけ醤油としてもそのままお湯で割ってお吸い物にもなるとのこと。

大阪でも百貨店で買えると教えてもらい、よく知っているなぁと伺うとなんとそのかき醤油を作っているアサムラサキという会社の社長さんでした。

そりゃあ、よく知ってるはずだわ。「わたいらそこのもんですねん」てか。あぁこのねたは関西人にしかわかりませんなぁ。

ここでもゆっくりしているわけにもいかず、駅に戻って一路マリンビューの待つ三原へと向かいました。三原へ着けば、マリンビューの出発まで小一時間あるのでそのへんをぶらぶら。


20070313203231.jpg

 
おっと、マルエス食堂発見。見過ごすわけもいかず(おいおい見過ごせよ)定食で一杯。見てくださいこの定食。小いわしのお造りにさばの煮付け、野菜と魚のてんぷらに冷奴。このボリュームで530円。

お酒は知る人ぞ知る広島の酒「亀齢」。ぬる燗一本で済ますはずが、因果においしくてもう一本。


おいおいこんなんでいつになったら広島に着くんやぁ~


 と言うわけでまだまだ続きます。

2007年03月13日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:2

ジャズ批評のディスク大賞ですが……




ジャズ批評で今年からディスク大賞を設けるというので、他のジャズ誌のような提灯持ちの受賞ではあるまいと期待していました。

「ジャズ批評誌の二つの大賞は世界中のジャズが対象です。『時』を得たものであり、画期的な発案ではないでしょうか」との自画自賛による賞ですが、ふたを開けると受賞作には日本盤が勢ぞろい。中には輸入盤も無くはありませんが。


現在、日本国内盤で発売されるジャズの新譜アルバムはざっと15パーセント以下であるように思えます。ひょっとすると一割を切っているかもしれないとの実感を持っています。

前にも少し触れたのですが、日本盤で発売されないことにはどんなに素晴らしいアルバムでもないに等しい扱いをジャズジャーナリズムの間では行っています。あの大ブルーノートの制作でもこれは同じで、米国ジャズ各誌でどんなに扱いが大きくても国内発売がなければ無視です。

この様な状況では日本のジャズジャーナリズムと言うのは単なる提灯記事であると断ぜられても仕方がないと思います。

大賞の選考に当たった方はそれなりのお方であったのでしょうが、輸入盤はお買いにならないのか、どこかへ気をつかわねばならない事情がおありか。

また設けられた賞の内容がジャズオーディオディスク大賞及びジャズジャケットディスク大賞ということで、アルバムの内容如何は問われないと言うなんともジャズ批評と言う名前が泣こうかと言う賞であります。

ジャズのアルバムの中身なんか知ったこっちゃ無いと言うのか、はたまた内容を批評する力はございませんとの開き直りか。

年間のベストアルバムは色々な人のアンケートで答えてもらいジャズ批評誌は関知しませんとの態度も気に入りませんなぁ。おまけに私の原稿は誤植されていました。

以前ブラインドフォールドの記事を書いたときにご登場願ったO氏と共に、選定されているアルバムについてああだこうだとあげつらっていたのですが、ちょっとブログでは掲載できる内容ではありません。知人の実名も飛び出し「ピーッ」ばかりが入って読めない記事なってしまいます。

また機会があればメルマガででも取り上げようかと思います。


私事でございますが、先日わたくしめ誕生日を迎え馬齢を重ねました。ブログ上でも記しましたとおり、ちあきなおみがちょっとしたマイブームでございます。

コロンビアからちあきなおみの「ちあきなおみ、コレクション、ねぇ、あんた」と銘打たれた、6枚組みCDが発売されていたのですが、一万三千六百円との値段の前に買うのを躊躇し、ショーウィンドウの金色に輝くトランペットを前にした雨にぬれる黒人の少年のようなSonnyでございました。

そのようなわたくしめに最愛たるリムスキー嬢がポンッとばかりに、ちあきなおみの全集を誕生日のプレゼントとしてくれたのでありました。ありがたや、ありがたや、リムスキー観音様。

以来わたくしはちあきなおみ三昧であります。つづけてCDを聴いてもまったく飽きませぬ。ひょっとしたらわたくしの最大の鬼門であった演歌を克服できるのではないかなとの期待も持っております。

やっぱりちあきなおみはいい、いいですなぁ。まだまだ続くマイブームでございました。



この記事で紹介したアルバムです
これくしょん~ねぇあんた~


2007年03月03日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:0 コメント:12

おまけに私の原稿は誤植されていたのですが(BlogPet)

コロンビアで日本などをフォールしなかったよ


大賞の選考に当たった方はそれなりのお方でありました
ありがたや、ありがたや、ありがたや、リムスキー観音様な状況ではどんなに素晴らしいアルバムでも無くはありませんとの値段の新譜アルバムは色々な人のアンケートで答えてもらいジャズ批評と言うのか、いいですなぁ
おまけに私の原稿は誤植されていたのですが、名前など開き直りか


また機会があればメルマガででも取り上げようかと思いますが、ありがたや、リムスキー観音様


以来わたくしはちあきなおみの全集を誕生日をフォールしなかった方はそれなりのお方であった演歌を克服できるのでは日本で、他のようなわたくしめ誕生日のプレゼントとしてくれたの実名も無くはありませんとの開き直りか
以前は日本盤が勢ぞろい
中には日本盤が勢ぞろい
と、sonnyは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2007年03月01日 blog pet トラックバック:0 コメント:0