ジャズも純邦楽も好き JAZZ1000回問われた私への質問 7




ジャズが好きで聴いてきて気が付くと30年以上聴いていることになります。

そんな私が歌舞伎や文楽が好きで清元や常磐津浄瑠璃が好きだというと、他人様から結構不思議がられます。前にもプログレが好きだというと変な顔をされると記事を書きました。
がそれ以上に不思議に思われるようです。


一つには古典芸能自体に馴染みの無い方が多いので、純邦楽(今や純を付けないといけなくなりました)を聴くこと自体が珍しいというのが有るのでしょう。

他方には洋楽という範疇ではジャズもロックも同じカテゴリーに入るが、純邦楽はまったくジャズと縁もゆかりもないではないかと考えられるようです。


多分ご想像されたと思いますが、私が純邦楽を好んで聴く理由とジャズを聴く理由はまったく異なります。


永年聴いてきたジャズですのである程度自分の体の中にもそのエッセンスが染みている部分もあるとは思います。しかしながらジャズを聴いていてもこの音楽が自分自身の肉体感覚と同じだとは感じられるようにはなっていません。

私がジャズを聴いて感動しているさまはなんと言うかあくまでもエキゾチックな物に対する感動なのです。自分の体の中に流れているノリやグルーヴとはほとんど一致しません。

極端なたとえ話ですが日本人の私がロンドンのパブで一杯のエールを味わっている時の幸福感のような物だと思います。
うーん、なんだか余計に話がわからなくなるようなたとえ話ですね(笑)

ジャズを聴いたり演奏したりしている方の中には、ジャズに心酔するあまり自分自身がまるで黒人であるかのように振舞う人を見かけることがあります。

私はそんな具合に振舞うようなことはありませんし、出来もしません。私が生粋の日本人であると理解しているからです。喋るのは関西弁ですしリズムはアフタービートでは無く頭でのっています。

そう私にとってはジャズはあくまでもエキゾチックであるのです。


一方純邦楽とくに浄瑠璃を聴くさいの私には、それらの音やノリ.グルーヴといったものはまさに身体にしみこむように入ってきます。なんともいえない安心感と心地よさがあります。

純邦楽の中に流れている血はまさに私の体の中に流れている血と全く同じ物であると実感します。言い古されてしまった昨今の表現を使えばまさにDNAの中にあるということになるでしょう。

浄瑠璃や歌舞伎といった古典芸能は元来上方で発生しはぐくまれてきた物です。したがってその中で使われる音楽やせりふはすべて上方の言葉で構成されています。

最も筋書きそのものが江戸で作られた作品も多数あります。いわゆる義太夫物とかマル本と呼ばれるものは当然のごとくほぼ上方の言葉で綴られています。


音楽のグルーブやノリといった物はその根源はそれらを演奏する人々の言語や喋りに求められると思います。一度黒人達の喋りを注意深く聴けばそれらがジャズのノリに酷似していることは理解していただけると思います。


といったわけで私はジャズを愛し純邦楽を好んで聴いているのです。

これからもきっとずっと。

2007年06月30日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:0

EllaとYanofsky




エラ フィッツジェラルドへのトリビュート作品が、リンダ ロンシュタットやナタリー コールといった豪華なミュージシャンと名プロデューサーであるフィル ラモーンによって作成されヴァーヴより発売されています。

この作品で目玉となるトラックはおそらくスティービー ワンダーとエラによる「ユー アー ザ サンシャイン オブ マイ ライフ」のライブ録音ということになるんだと思います。


エラのような真に天才的なミュージシャンの歌に対してのトリビュート曲を録音するというのは、選ばれたミュージシャンは非常に名誉に感じられるものでしょう。が、それと共に偉大なるミュージシャンの持ち歌を歌うというのは大変なプレッシャーがあると思います。

このアルバム聴くリスナーの多くはエラの名録音についても熟知していることだと思います。エラの偉大なる遺産の曲に対して真っ向ジャズで挑戦するというのはなかなか大変です。なんといっても相手はジャズの女神より愛されたかのエラ フィッツジェラルドなんですから。

正面から力勝負を挑めばエラの過去の作品と比較されて分が悪くなるのは目に見えています。

かといってアレンジにこり変化球で勝負をすればエラの前で勝負を逃げたかのような印象をリスナーに与えてしまうでしょう。


本当は別に勝ち負けなどではなく楽曲がオリジナリティを持ちえているかどうかが問題なのですが。私がミュージシャンならちょっとしりごみしちゃいますねぇ。


そのへんのところを意識しながらこのアルバムを聴いたのですが、エラはやっぱり凄いミュージシャンだなぁと感じざるを得ませんでした。すみません、私は偏見の持ち主です。


そんな中でこのアルバムを聴いて、中の二つの曲に大きく興味を持ちました。

一つはダイアナ クラールが歌伴の第一人者であるハンク ジョーンズとデュオで吹き込んだトラックでした。すでに自身の個性をゆるぎない物として確立したダイアナ クラールも素晴しい物でした。


それ以上に目を見張ったのはハンク ジョーンズの絶妙なバランスの伴奏でした。歌の伴奏ではあるんですがまるでヴォーカリストがもう一人いるかのようにピアノでサポートをつけています。歌を熟知しているハンクならでの演奏です。

ご存知のとおり彼はソリストとしても一級の腕前の持ち主ですが、ソロを取る場面でもヴォーカリストを喰ってしまうような演奏はせずにそれでいてため息の出るような珠玉の唄を綴っていきます。

ちょっとニュアンスとして伝えにくいのですがエラの歌伴奏者としてパートナーを務めていたトミー フラナガンではなくハンクジョーンズであったことが良かったと思います。無論フラナガンを選ぶわけにはいかなかったでしょうがね。個人的にはこの一曲のためにアルバムを買っても後悔はしないと思います。


さて、もう一つの興味を持ったトラックですが、それは最後の「エアメイル スペシャル」です。

この最後の曲がかかった時にはちょっとばかり驚きました。ご存知の方も多いと思いますが「エアメイル スペシャル」というのはエラがその自在なスキャットを縦横無尽に操る得意曲でした。

その曲を聴きなれない歌声でちょっと舌足らずながらほとんど完コピで歌っていたのでした。「なんじゃいなこれは」というのが最初の感想でした。

このトラックのミュージシャンをCDのインナーで確認してみるとNikki Yanofskyという聞きなれない名前でした。スウイングジャーナルもろくに目を通さない私ですので、注目の新人なのかなぁと色々な本を当たったのですが見つけることが出来ません。


ネット上で見ても日本ではあまり着目されていないようでしたが英語のオフィシャルサイトを見つけました。

それによると彼女はカナダの歌い手でなんとまだ12歳の少女でした。カナダでは結構な有名人であちこちのジャズフェスティバルやテレビ番組にも出演している売れっ子であるようです。

インターナショナルなレコーディングとしてはこのアルバムが最初であるようですが、話題の欲しいジャーナリズムのことですから瞬く著名になることだと思います。


12歳の少女が歌っていたということであればこのトラックはその上で充分に楽しめると思います。サイトで紹介されているビデオクリップでは音程の不安定性が目に付いたり、歌いまわしに一貫性がなくつぎはぎのような歌唱といったあらも散見されます。

このアルバムではあどけなさも感じ取れるエラのしかも完コピ作品だということも彼女にとってはいい方向に作用しているようです。

必要以上に彼女の歌をもちあげようとは思いませんが、まだあまり紹介されいないようなのでとりあげてみました。


もう一度書いておきたいと思いますが私にはハンク ジョーンズの歌伴で満足した一枚でした。
そしてエラはやはり凄いミュージシャンです。




2007年06月19日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:3

って言ってたけど…(BlogPet)

sonnyは
必要以上に彼女の歌をもちあげようとは思いませんが、まだあまりEllaされいないようなのでとりあげてみました。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2007年06月13日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

アルバムからジャケットの無くなる日  いや無くなった日




先日アルバムジャケットについて記事にしましたが、たまたまジャケットに付いて面白い話を聞きました。

アップルのiTunesが展開しているpodcastの番組の中に坂本龍一のものがあるのですがそこで彼が語っていた話です。

彼の一番下の16歳の息子さんが「ジャケット買い」というのはどういうものかと坂本氏に質問したそうです。息子さんは音楽の曲を全てダウンロードによって購入しているために、実体を持ったアルバムを店頭で手にとって買ったことが無かったのです。

なんということか! レコードを知らない若者達がいるのは知っていましたが、CDすら知らない子供達があらわれるようになっていたのです。

一年ほど前に初めてダウンロードで音楽をおっかなびっくりに購入した私には想像だにしなかったことでした。

どうやら坂本氏もこのことには驚いたようで四苦八苦しながらジャケット買いをした経験を子供に伝えたようです。


ダウンロードで楽曲を購入するということは、お目当てだけの曲目を購入することになるのでアルバムという概念すら崩壊してしまっているように思います。

CDの時代になってレコードのA面B面という概念はすでになくなってしまい、アルバムの何曲目という言い方に取って代わられています。それでもまだアルバムという概念はそこに存在しています。

片面3分間しか録音できなかったSPレコードが片面30分ほどのLPに録音媒体が取って代わったときに、ジャケットや作品の内容は必然的に変容しました。

同じ様にLPレコードからCDに録音の媒体が変遷したときにもジャケットやその作品内容は好むと好まざると変化しました。

CDからダウンロードへと音楽の提供形態が変化した結果、今度はジャケットや音楽媒体の実態すら変容しまたは消滅してしまったようです。このことは今までの音楽作品の変化とは次元が違ってしまったように感じます。

現在のところダウンロードという作品の販売形態はポップスを中心として広まってきているようです。この形態がジャズの作品にもすぐさま広まるかどうかは疑問ではあります。

只それでもジャズの作品にもなんらかの影響があるのは間違いのないことのように感じます。


今はまだ作品の一つ一つのダウンロードに対して購入という形で楽曲が販売されています。そのうちに一定の金額を支払うことによって作品を制限なくダウンロードできるようなシステムも提供されるようになると思います。

そうなれば莫大な費用と時間を費やして何千枚ものレコードやCDを購入し自宅に保管する必要など全くなくなることでしょう。

そんな日が来るのがとても楽しみなような気もしますが、本当にそれがいいことなのかといぶかっている気持ちの自分もいます。


もうすでに若くは無い年齢の私はこの変化にどのように対応して行くのでありましょうか。

他人事のように面白がっている私でした。

2007年06月12日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:10