チャーリー パーカーだってクリスマス

Complete Savoy Live Performances: Sept. 29, 1947-Oct. 25, 1950

"Complete Savoy Live Performances: Sept. 29, 1947-Oct. 25, 1950"
     Charlie parker
  「コンプリート サヴォイ ライヴ パフォーマンス」
       チャーリー パーカー


12月も早くも10日を過ぎ街を歩けばそこらじゅうからジングルベルが聞こえる季節を迎えました。どうもジングルベルを聞くといやおう無く年の瀬を感じてわけも無く気がせきます。

この時期になると、今しかかけることが出来ないクリスマス企画物のアルバムを聴いておこうという気になります。去年も確かこんな記事を書きました。

ジャズミュージシャンのうち特にヴォーカリストの間ではクリスマスのソングブックを出すということは、ひとかどのミュージシャンとして成功を収めたという勲章にもなるようです。
 ナット キング コール
 エラ フィッツジェラルド
 フランク シナトラ
最近ですとダイアナ クラールなんかもこれら大御所の仲間入りを果たしていますね。

インスト物のクリスマスソングブックという物もヴォーカルほどではないにしても数多く制作されています。この時期にターンテーブルの上に好んで載せるのは
 ボビー ティモンズ
 ラムゼイ ルイス
 デューク ピアソン
 サイラス チェスナット
そしてグローヴァー ワシントン ジュニアの物といったところです。


クリスマスソング集という形のものではないのですが少し珍しい物としてチャーリー パーカーが「ホワイト クリスマス」を演奏した物が残されています。1948年にロイヤルルーストのクリスマスセッションとしてラジオで放送されたライブ録音です。

演奏の前にMCのシンフォニー シッドのアナウンスメントにかぶせて「ジングル ベル」の演奏まで聴けるのが嬉しいです。

メンツを紹介しておきますと
  チャーリー パーカー  as
  ケニー ドーハム    tp
  アル ヘイグ       p
  トミー ポッター     b
  マックス ローチ    ds
という今から考えると誠に豪華な顔ぶれになっています。

キッチリとしたビバップの演奏ですがとても小粋な「ホワイト クリスマス」に仕上がっていて楽しめます。
クリスマスセッションというと緊張感の漂うあのアルバムが有名ですけれども,こちらも捨てたもんじゃぁありません。


私はこの音源をサヴォイの権利を許諾したヨーロッパRCAのアナログ盤で持っています。その他にも放送音源ということで海賊盤やらなにやら数多くの形態で販売されていましたが、現在は冒頭に上げたようにコンプリートにまとめられた物で手に入るようです。

調べているうちに見つけたのですがイタリア盤ではまだアナログでも手に入るようです。どうしてもお皿のほうがいいなという人はこちらで。
Live Performances [12 inch Analog]

パーカーというだけで敬して遠ざける方もいらっしゃるようですが、こんな気軽なパーカーの演奏をお聴きになってみてはいかがでしょうか。






2007年12月11日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:2

販売(BlogPet)

きのうsilverが、sonnyで販売しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2007年12月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

国立文楽劇場幕見席について




文楽の記事ばかり書いているとジャズを目当てにブログを訪問していただく方たちにしかられそうですがちょっとご辛抱ください。

文楽を観劇する際に幕見席を使うことが多いのですが、一般的に幕見席の存在は良く知られていないようです。その為に実際に幕見席を使用したいと思っていても良くわからずに困っていらっしゃる方が多数おられるようです。

なぜこんなことを言うかといいますと少なくないアクセス数が”幕見席”という検索でこのブログにあるからです。その上この間は実際に店舗で幕見席のことをお尋ねになった方もいらっしゃいました。


幕見席というのはそれほどチケットの数があるわけではないので劇場の方でもそれほど積極的に宣伝していないのだと思います。

ですが、何日も前から予定を立てて文楽を見に行くのが難しいものにとっては、当日に気軽に観劇できるのはとてもありがたいものです。そこで少しは役立つかと思い前回の公演の幕見席の案内をアップしておきました。クリックしていただくと大きくなります。

これで実際の幕見席の購入の仕方や大体の値段などは理解していただけると思います。

幕見席は必ず発売されるわけでもないので(貸しきり公演とか)遠方よりこられる方は事前に劇場へ問い合わせてからお出かけになるほうがいいと思います。

また先着順の販売ですので出来れば販売時間の午前10時までには足を運ばれた方がよいと思います。

また複数の幕をごらんになる場合には幕見席よりも二等席の方が安い場合が多いので、お気をつけ下さい。まぁ、窓口の方がそういうことは適切に案内していただけるとは思います。


こういう要領の販売方法ですから、本来的にはちょっと時間があるから文楽でも見ようかというためのものだと思います。

大阪に住んでいるおかげで気楽に文楽でも観るかと、早起きした日に思えるのがありがたいです。


せっかくの素晴しい無形文化遺産の文楽が気軽にたくさんの方に楽しんでいただければ嬉しいなと思います。





2007年12月06日 古典 文楽 トラックバック:0 コメント:0