ECMのジェイソン モランとは悩ましいことです

Rabo de Nube

ECMからまさかジェイソン モランの録音が出ているとは思いませんでした。

常連さんのOさんからSJ誌の新譜情報に出ているよといわれて、ありゃありゃとなりました。
「マスターまたSJ読んでないんやろ」
自慢じゃ有りませんが私SJ誌など、読めば読むほどジャズがわからなくなると公言してはばかりません。
もう購読をやめようと思うのですがご近所の本屋さんに長年取り置いてもらっているので、いまさら止めるとも言えない小心さゆえにだらだらと惰性で買っているというのが真相です。

ですが大好きなジェイソン モランの新譜情報を見落とすとはどうにも情けない話です。


そのくだんのアルバムと言うのが冒頭のチャールス ロイド名義のアルバムであります。ジェイソン モランを現代のピアニストの重要アーティストと触れまわっている私としてはすぐさま購入しようと思いましたが………     おっと固まってしまいました。

困ったことにこのアルバムはECMからのリリースです。

ここで私がそのアルバムの購入をためらったわけにピーンと来た方とはお友達になれそうです。来店いただければ水割りの一杯ぐらいご馳走いたします(笑)。


ECMというのはドイツでマンフレッド アイヒャーによって設立されたレーベルですが、そのアルバムの録音はかなりユニークな音作りがなされています。キース ジャレットのソロピアノなどをお持ちの方はその独特な音がわかっていただけると思います。

エコーがかけられ独特の静謐感とスピーカーの後ろに広がる音場が特調的です。エコーがかけられていても中域を強調しスピーカーの前へとせり出してくる音作りが特徴のブルーノートの録音とはまさに正反対です(ただし私はブルーノートの音を手放しで賞賛するつもりは有りません)。


アメリカの録音でジャズを聴きなれてきた私にとってはこのECMの独特の音作りというのがどうにも馴染めません。
ソロピアノの録音などでは何とか我慢できるのですがラッパやサックスの音などはどうにもいただけません。

かつてジョージ アダムズの作品がECMから出されていたことがあります。
ジョージ アダムズと言えば重量級のテナー奏者としてつとに有名ですがECMの録音では、彼のガッツのある音が見事に骨抜きにされてしまってどうにも聞くに堪えませんでっした。

その昔ヨーロッパ盤というのはアメリカ盤に比べてかなりの割高な値段であったため、この失望は更に増幅される物となりました。

演奏そのものには聴き所もあるアルバムなので何とかならないかと思い日本プレスのレコードも買ってみたのですが、やはり強固なECMの音作りは変わりませんでした。それならばもしやと思いアメリカのプレスの物も買ってみたのですが、やっぱりダメでした。

「だいたいなんでECMがジョージ アダムズのリーダー作など制作するんだ。カラーやないやろ」なんて八つ当たりに近い怒りまでわいてくる始末です。


さて、冒頭のチャールス ロイドのアルバムですがどうやらライブ録音のようです。ごくまれにECMの録音でもライブの物はそれ程その音作りが強調されていない場合も有るのですが……。

ピアノとはいえジェイソン モランは重量級のピアノですし、ガッツの感じられない録音ならば、きっとジョージ アダムズの轍を踏むことになるでしょうなぁ。


買おうか止めようか考え中です。






2008年03月31日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:4

ECMのジェイソン モランとは悩ましいことです(BlogPet)

sonnyの「ECMのジェイソン モランとは悩ましいことです」のまねしてかいてみるね

ECMからまさかジェイソンをやめようかと惰性で私としては重量級のOさんから出されても買っているとなりました。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2008年03月30日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

珍説 「クールジャズ」の誕生

クールの誕生

先日ぼんやりとテレビを眺めていたらいきなりマイルズのラッパで"Someday My Prince Will Come"が耳に入ってきました。

  デアゴスティーニ・ジャパンは「隔週刊クール・ジャズ・コレクション」を2008年2月26日から発売

もうご存知だと思いますが、デアゴスティーニというのはあるテーマについて付録をつけながらシリーズで隔週刊で雑誌を発行していくというご商売をしておられます。

どうやら今回はジャズについてCDを付録に付けながら雑誌を売ってお金儲けをしようとのたくらみのようであります。ねらいはもちろん有閑年金富裕層の団塊の世代そしてあわよくばジャズに憧れのある入門者をとりこもうとのことでありましょう。


別に他人様がどんな具合にお金をもうけようと私の知ったこっちゃぁ有りません。
でもこの雑誌のタイトルには異議ありです。

クールジャズコレクションと銘打っての創刊なのですが、ジャズを少しお聴きになった方ならご存知でしょうが「クールジャズ」という言葉はあるジャズのジャンルあるいはカテゴリーを指して慣用的に使われている言葉です。

大まかに言えばアフロアメリカンを中心とした熱気溢れる演奏に対して、白人達によって演奏されるアレンジメントをも重視したスマートな演奏を「クールジャズ」と呼んでいます。広い意味ではいわゆるウェストコーストのジャズについてもそう呼ばれる場合があります。

普通テレビのCMに使われたマイルズの"Someday My Prince Will Come"を「クールジャズ」と呼ぶことはまずありえません。

かのテレビCMではその後にコルトレーンの"Say It"が流れるのですが、これまた「クールジャズ」と呼ばれることは無い物です。


ちょっとばかり調べてみると雑誌に取り上げられるミュージシャンにはオスカー ピーターソンにソニー ロリンズの名前も有るではありませんか。
この両名ほど「クールジャズ」と言う言葉に似つかわしくない人も無いのではと誰もが思うはず。


多分この雑誌のネーミングに当たった方はジャズでの用語としてのクールジャズという言葉をご存じなかったのでしょう。

そしてこれまた多分聞きかじりでマイルズのアルバムに「クールの誕生」というものが有ることを知っていたのでしょう。

とてもかっこいいジャズという意味でクールと言う言葉を使って表現しようとしたのでしょうが、充分にジャズに対して知見のある方ならばこんな誤謬を招くような誌名にはしなかったはず。


紙面の紹介を見てみると著名なジャズ評論家やジャズ愛好家の記事が掲載されているようです。そんなお偉方はこんなけったいな名前の雑誌に違和感を持ちはしなかったのでしょうか。


とりあげられている曲名はやはりと言うか50年60年のオールドタイムな名曲ばかり。早くに死んでしまったミュージシャンはともかく、ロリンズなんかはまだ現役なんですけど。

クールジャズなんて誌名よりは「レガシージャズ」もしくは「懐メロジャズが」妥当なネーミングだと思います。「ジャズ古典こてん」なんてのもありですな。


この雑誌のせいでジャズを聴いてみようという真面目な方々が「クールジャズ」と言う言葉に先々惑わされるのは間違いないことだと思います。そして私も「クールジャズ」と言う言葉に注意してお話をうかがわなくてはならなくなることでしょう。

うーん ”Re-Birth of the cool"ですなぁ。



ちなみにマイルズの"Birth of the cool"と言う名前はマイルズの命名による物ではありません。初出はSPで後年アルバム化するときに商売上の都合によりつけられたものです。
当たり前ですが「クール ジャズ」がマイルズによって作られたわけでもなく、このアルバムがその第一号というわけでもありません。

そこんとこよろしく。






2008年03月10日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:6

珍説 「クールジャズ」の誕生(BlogPet)

sonnyの「珍説 「クールジャズ」の誕生」のまねしてかいてみるね

先日ぼんやりと雑誌をとりこもうというわけで後年アルバムがありませんとこよろしく!!
この雑誌のはと著名なの世代そしてこれまた多分聞きかじりでの紹介をうかがわなく、白人達によって演奏されることでのオールドタイムな演奏を眺めてお金儲けを中心と雑誌のクールジャズなんてのラッパで後年アルバムに死んで雑誌になった方はまだ現役なジャズをもなくてみるとのジャンルあるいはカテゴリーをしようが「クールの誕生」という言葉に商売上のテレビのテレビを知ったミュージシャンはならご存知でしょうというわけでマイルズので後年アルバムが掲載されることでしょうか50年2月26日から発売もうご存知でしょうか50年2月26日から発売もうご存知だと私のテレビCMに入ってお聴きにソニーロリンズなんかはやはりと呼んでも重視したこっち有りませんとこよろしく?
多分この両名よりはまずあります!!
ちなみにマイルズによって演奏されていくというご商売上の用語としての"Birthofthecool"をうかがわなくておられてお話を知ってみると思います。
とりあげられています。
クールジャズコレクションと銘打っておられます。
「隔週刊クール・ジャズ・コレクション」を少しお聴きに取り上げられるミュージシャンはまずありましょうと思いますが有るで後年アルバム化するときに入っています。
かのアルバムが掲載されますが思うはず。
とてもかっこいいジャズ評論家やジャズに対して知見のジャズという意味でしまったマイルズによって演奏をつけながら雑誌を知ったはず!!
デアゴスティーニ・ジャパンはありませんですけど。
ちょっとばかり調べていくというわけでマイルズによって作られて慣用的に先々惑わされるアレンジメントを聴いてみようとしてみると言う名前の雑誌をもなくている言葉を見てきましたマイルズによって演奏に対して知見の世代そしてあわよくばジャズをも無いのある方はSPでしまった方ならばこんな誤謬を付録に言えばアフロアメリカンをとりこもう♪
「クールの誕生」という真面目な演奏に対して、これまた多分聞きかじりでありますがありですけど!!
「クールジャズ」というご商売を招くようですがマイルズの知ったミュージシャンはともかく、これまた「ジャズ古典こてん」なんてのようなん!
ちょっとばかり。
普通テレビの知って表現しよう!!
でもこのアルバムがその第一号という真面目な方々が、デアゴスティーニというのネーミングだと銘打っていくというわけでジャズを知った!!
そこんですけど♪
でもこの雑誌に違和感を少しお金儲けを聴いては「隔週刊クール・ジャズ・コレクション」を2008年2月26日から発売もうご存知でしょう!
ねらいはならばこんな誤謬を招くような方々がマイルズによって演奏に対して知見のネーミングに違和感をご存じなかったミュージシャンに憧れのジャズ愛好家やジャズでジャズでの紹介を「懐メロジャズが」妥当なんとこよろしく♪
当たり前ですがマイルズによって作られて慣用的にコルトレーンの記事が思うはず!!
広い意味で"とテレビの都合によりつけられたミュージシャンは異議ありましょうと呼ぶことをとりこもう?
ねらいはしたわけで雑誌をうかがわなくてきましたわけでしまったマイルズによって作られてきましたものがありえません?
どうやら今回は無い物ですけど。
「隔週刊クール・ジャズ・コレクション」を中心と呼んでクールと銘打って慣用的に商売上の命名による物で"SomedayMyPrinceWillCome"を見ていくというわけでありましょうと呼ばれることでしょうとしてお話をご存じなかったマイルズのクールジャズなんて誌名よりはと呼ぶことでもありましょうとのせいで隔週刊では無い物ですけど?
多分聞きかじりではあるジャズについて付録を使ってみようとのたくらみのネーミングだと私も「クールジャズ」が掲載されるアレンジメントを知った。
広い意味ではやはりと言う言葉に違和感を聴いてお金儲けをとりこもうと言う言葉を売ってはしていた♪
「クールジャズ」と呼ばれることを中心と呼んでありませんですなぁ。
クールジャズコレクションと私のアルバムに言えばこんなけったいなの創刊な名曲ばかり調べてお話を招くようですなジャズという真面目なジャズに対して知見のオールドタイムな演奏を少しお金儲けをもなくてお話をした熱気溢れる演奏を聴いてお聴きに付けながら雑誌をご存じなかったマイルズによって演奏を2008年2月26日から発売もうご存知だと著名なんとこよろしく。
普通テレビの世代そしてあわよくばジャズについてCDをとりこもうというわけでいたこっち有りませんとこよろしく?
どうやら今回はまだ現役な方々が、デアゴスティーニという意味でいます?

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2008年03月08日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

ブルーズ=私小説説

ダスト・マイ・ブルーム~ザ・ヴェリー・ベスト

前回の記事でふれたとおり現在何の因果かブルーズ漬けの毎日を送っています。

ブルーズにとって歌詞が中心に据えられていることは何となく気付いてはいました。
少しばかり立ち入って調べていくうちにそれは間違いの無いことなのだとわかりました。

ただ歌詞の内容というものがふだん耳にしている歌謡曲やポップスのそれとはかなり様相が違う物なのに戸惑いを感じています。


ロバート ジョンソンの詩にはしばしば人物名などの固有名詞が登場します。
前回にふれた「クロス ロード ブルーズ」を例にとりますと

 "Have mercy now save poor Bob if you please"
 「神様どうぞこのかわいそうなボブを助けてください」
と助けを乞うているボブ(ロバートの愛称)とはロバート ジョンソン自身のことです。

 "tell my friend Willie Brown"
「友達のウィリー ブラウンに伝えておくれ」
ここに歌われているウィリー ブラウンと言う人物も架空の人物ではなく、実際にロバートの友達であった実在のブルーズ メンであるウィリーのことです。


一般的に耳にするポップスでは、歌詞の中に登場する人物はモデルにあたる人がいるにしても詩のなかでは想像された架空の人物です。

実際に友達を想定して歌ったにしても「ウィリー ブラウン」は歌詞の中では仮に作られた人物として登場するのが普通です。

しかしながらロバート ジョンソンがここで歌う「ウィリー ブラウン」は歌詞の中で一般化された友達ではなく、ロバート ジョンソンが実生活の中で付き合っている生身の「ウィリー ブラウン」のことに違いありません。


歌詞の中で歌われる情景やストーリと言う物は聴き手に感情移入を促したり、その詩を個人の物から不特定多数の人の物へと一般化するためにフィクションの形をとるのが普通です。

ですがロバート ジョンソンがブルーズで歌う詩は彼の人生そのものであるわけです。


したがって、彼のブルーズは本来ロバート自身にしか歌い得るものではなく、他人が歌うことは全く想定されていないものだと言えます。


私はロバート ジョンソンのブルーズを歌いたいというミュージシャンのためにその監修を請け負っているわけですが、ここにきてハタと行き詰まりました。

 「他人がロバート ジョンソンのブルーズを歌うことに何の意味があるというのだ」



「クロス ロード ブルーズ」がいく人ものミュージシャンによって歌われていることは良く知っています。ためしにエリック クラプトンの歌っている「クロス ロード ブルーズ」を調べてみました。

 "save poor Bob if you please"のくだりは
 "Save me if you please."
ボブと言う固有名詞が私と置き換えられていました。

"tell my friend Willie Brown"はと言うとそのままウィリー ブラウンのまま歌っていました。

おいおいエリック、あんたウィリーの友達じゃないだろう
 なんて突っ込みの一つも入れたくなる私は大阪人


さて、どういう具合に彼の人生の詩であるブルーズを他人が歌うべきか。
 役者のようにロバートになりきって歌うか
 あたかもロバート自身がフィクションのように歌うか
 クラプトンのようにあいまいな態度で歌ってしまうか



だいたいブルーズなんて黄色い21世紀の人間が歌うなんてどだい無理なんじゃぁ……

困っているわたくしめでございます。


     おそまつさま。






私は結構エルモア ジェイムズの歌声が好きなんですけど、そういや彼の代表作になっている「ダスト マイ ブルーム」ってロバートの歌でしたなぁ。





2008年03月04日 ブルーズ トラックバック:0 コメント:6