鉄板のロリンズ




さて今回ももう少しロリンズのコンサートのお話を。

良くお話しするのですが、ロリンズと言う人はコンサートの出来不出来の差が非常に激しい人です。これに関しては彼が本来の意味であるアドリブをとるミュージシャンであると言うことに起因していると思います。

この度のコンサートにあたっても「今回のロリンズは当たりかなぁ、はずれかなぁ……」なんて考えながら足を運びました。

結果を言いますと今回のフェスティヴァルでの公演は非常に平均点の高い水準のそろったコンサートでした。
全ての演奏において破綻らしい破綻も無く、非常に安定した演奏振りでした。
しかも前の記事において書いたとおり若々しくはつらつとした音を聴かせてくれました。

こういった出来のいいカッチリとしたコンサートと言うのはロリンズにしては珍しいように思います。


そう言いながらも今回のコンサートに一抹の不満を感じている私がいます。

ロリンズがまさに神懸かるとしか言いようのない凄まじいまでの演奏を何度か経験しているためです。今回の公演ではそこまでの凄まじい演奏は聴けずじまいでした。

ミューズの化身であるかのような神が降りてきたさまでテナーを吹き鳴らすロリンズ。

ひとたびでもこの有様を経験した者は、ジャズの何であるかなどというものはわからずともとてつもない演奏の前に感動をおぼえることになります。
うちの良き相方のリムスキーですが、彼女はまさに神が降りてきた状態のロリンズの姿を初めての生ジャズで経験しました。

その後遺症かある程度のジャズコンサートではなんだか物足りなさを感じてしまうようになりました。

 げに恐ろしき神懸かりのソニー ロリンズ



前回のコンサートのロリンズは今回ほど体調は万全ではなかったと感じました。
体の衰えもはっきりとみてとれましたし、サイドメンもロリンズの演奏がスムースに運ぶことに細心の気遣いをみせていました。

そもそも自身で最後の来日コンサートになると明言していたのは、自信の体力に限界を感じ始めていたからに他ならないと思います。

その最後になるはずのコンサートでロリンズは最高の演奏を繰り広げてくれました。

シチュエーションとしても特別であるコンサートとして二度とないお膳立てが出来上がっていました。

 最後の力を振り絞って最高の演奏を繰り広げようと決意して臨んだロリンズ
 今までの活動に感謝の意をもちながら最後となる貴重な演奏にじっと耳を傾けるファン達

まさに一期一会といえるたった一度の特別なコンサート。
とくに大阪のコンサートが素晴しいもようであったのはブログにも書いたとおりです。


今回とても若返ったソニー ロリンズをみたことで大きな欲が出ました。

 また神懸かったロリンズに会いたいもんだ


次回の来日が今から楽しみです。

2008年05月28日 実演鑑賞 トラックバック:0 コメント:2

ロリンズ2008公演のドラマー Kobie Watkins コービー ワトキンス




さて、前回に引き続いて2008ロリンズ大阪公演についてのお話です。

今回のコンサートでのメンバーですが、ドラムズを除いては前回同様おなじみのメンバー
 クリフトン アンダーソン(tb)
 ボビー ブルーム(g)
 キマチ ディニズル(per)
 ボブ クランショー(b)
でした。

プログラムも何も確認せずに会場に向かったのでこれらのメンバーはステージに登場したとたんにわかったのですが、ドラムセットにはなんだか見慣れないミュージシャンが座っていました。

ロリンズのメンバー選びは結構大雑把なところもあるのですが、ドラマーに関しては常に力量のあるミュージシャンを使っていることで定評があります。

低い位置に大き目のシンバルを置いてなかなかしなやかなシンバルレガートを聴かせてくれます。大きなシンバルを使用している割には重量感があったり低い音のレガートではなく、おそらく小さめのチップがついたスティックをつかっているのかカッチリとした音を響かせています。

このあたりにもオーソドックスなジャズを演奏していても個性を打ち出そうとする姿勢があらわれているようで好感が持てます。


ロリンズとのバースでの掛け合いではっきりとわかったのですが、そのソロは非常にメロディックで譜面割でソロを取るのではなくテーマをしっかりと感じさせるものでした。

前回は予想もしなかったスティーブ ジョーダンを連れて来て私を驚かせてくれたロリンズでした、今回もなかなか素敵なドラマーを帯同し聴かせてくれました。



翌日になってから今回の来日メンバーを調べてみたのですがかのドラマーの名前はKobie Watkinsでした。

 「コービーってまさか神戸ビーフが好きなんやないやろなぁ……」
どこかで聞き覚えがある名前だなぁとごそごそと手持ちのアルバムを確認するとボビー ブルームのリーダー作の2枚に彼の名前を発見しました。

どうやらボビー ブルームの人脈でロリンズの演奏に加わるようになったのでしょう。


彼のことをちょっと調べてみますと近年はアメリカでもっとも注目されている男性ヴォーカルであろうカート エリングと共に共演し、レコーディングも残しています。

なるほど歌伴を良くするミュージシャンであればこそあんなにメロディックなドラムソロがとれるんだと納得しました。


ロリンズと共演するドラマーは間違いなく売れっ子になるのでコービー ワトキンスの名前はジャズ好きならば覚えておいて損は無いと思います。



ロリンズのドラマーとしては存命のミュージシャンではアル フォスターが一番のお気に入りなのですが、お薬の問題で来日はかないそうにも有りません。
とても残念です。

ロリンズとアルのステージをきいてみたいものですなぁ。



さて、話は変わりますが

私がフェスティヴァルホールへ足を運ぶのはかなり久しぶりのことでした。調べればいいのですが、多分MJQかウィントン マルサリス以来ではないのでしょうか。


実を申しますと私はフェスティヴァルホールでのジャズのコンサートが好きではありません。

クラシックのコンサートを目的としたホールであるため残響が多く全くジャズには不向きなホールであると言えます。

キースジャレットやMJQといったPAを全く使用しない演奏はともかく、そうではない通常のジャズの演奏はあまり芳しい結果を生みません。


フェスティヴァル ホールが今年限りで建て替えられるといった理由からもこの会場が選定されたのだとは思います。

しかしながら音楽を聴くといった目的から考えると今回の企画者のジャズに対する理解はどうなのかなと疑問に感じます。


今回のコンサートでもやはりと言うかボブ クランショーのベースの音は全く聴き取りにくく、ジャズを聴くためにはかなり問題のある音といわざるおえませんでした。

私が聴いたのは一階の中央前よりだったのですが、2階の奥で聴いていたお客さんはある程度ベースの音を聴き取ることができたとうかがいました。

聴いた席によっても差はありますが、もう少しジャズの音について気を遣ってはもらえないものかと思います。


エレキベースを弾くということで何かとあまり良くない評をされるボブ クランショーですが、今回のことも彼にはとても不幸なことだったと感じます。

彼についての良くない評判を聴くたびに悲しく思うのですが、ロリンズがなぜ彼のベースを半世紀も使い続けているのか少し考えてみてはもらえないでしょうか。

私はボブ クランショウの入ったロリンズの演奏が好きです。




 なんて言いながら次回もこの項つづきます(多分)。


2008年05月21日 実演鑑賞 トラックバック:0 コメント:4

sonny rollins 2008 大阪 フェスティバルホール

フェステ


ソニーロリンズ来日コンサート2008の大阪公演をフェスティヴァルホールにて聴いてまいりました。

色々とあったりなかったりですっかりブログの更新をしていなかったのでどうも筆のはしりが悪いようでして、書きたいことはたくさんあるのですがボツボツと何回かに分けて書きたいと思います。

当然のことながら現在残されている真のジャズジャイアンツとしての注目度は高く、音楽系のブログを運営なさっておられるサイトの多くで当コンサートの感想や様子をうかがうことができます。

横着をして申し訳ないのですが様々なデータ的なことはひとまず他の優秀なブロガーの方にお任せするとして、今回のロリンズから一番強く感じたことを書きたいと思います。


簡潔に言うとこれにつきると思います。
「ロリンズはとても若返った」

80年ぐらいの頃からロリンズのコンサートは出来る限り聞いてきましたので十数回ほどにはなると思います。

ロリンズと言う人は本当にコンサートの出来に波のある人でして、来日の度に良かったり悪かったりします。
もっと言うと一公演の間でも一部と二部でガラッと演奏が変わることもあれば、コンサート中で1曲だけが良いと言うことがあったりもします。


それはそれとして30年近く彼のコンサートに接していると、当然のことながら彼の老いというものを感じないわけにはいきません。
ただ、彼のコンサートをご覧になった方ならば誰もが理解してもらえることですが、70歳のロリンズのコンサートであっても50歳ぐらいには感じられる演奏ではあります。
ですが長いスパンで聴いていれば歳をとるという傾向は感じとれます。


ステージに登場したロリンズの姿は年々年老いてきてあんなに大きく見えた立ち姿が、腰も曲がり気味で50代のロリンズからは一回りも二回りも小さくなったように見えました。

ところがいざサックスを吹き始めた音を聴いて驚きました。その音色の力強さやフレージングにとても若々しさをすぐに感じたからです。
記憶をたどってみると今から十数年前ほどのコンサートでの演奏を思いおこさせるものでした。

ステージングなどもかつてのロリンズのコンサートでの流れとなんら変わらないように感じました。

これには本当に驚きました。演奏の出来不出来は別として誰もがその老いという流れからは逃れられないと思っていました。

ある程度の年齢まで若い頃とほぼ変わらない演奏をするミュージシャンはいくらか存在します。しかしながら一旦肉体的な老いが見え始めてから、その後その流れを逆行して10年ぐらい若返ってしまうようなことがあるとは……


ここでもう一つ誤解の無いように申し添えます。肉体的に老いを感じ取れるようになったからといって、その演奏の内容が悪くなってしまうとはいえません。

年齢を重ねることによって得ることもとても大きく、数多くのミュージシャンが老齢期にまさに円熟した演奏を繰り広げるようになっています。これはまた枯れた演奏と呼ばれるものとはちょっと違った話であります。


今回私がロリンズから感じたのは演奏上での肉体的な若々しさに付いて言っているわけです。

細かく指摘していけば昔のように延々と循環ブレスでロングトーンを聴かせるとか、終曲かと思わせて延々10分近くもカデンッアを吹くと言うようなことはありませんでした。

ですがその音色の力強さは間違いなく10数年は若返ったロリンズのものでした。


なんだか狐につままれたような気分のわたくしめでございました。



      この項まだまだつづくと思います、次回へ。




前回のコンサートは最後になるはずの来日公演でした。


2008年05月19日 実演鑑賞 トラックバック:0 コメント:4

sonnyもほしいかな(BlogPet)

silverはジョンソンがほしいな。
sonnyもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2008年05月04日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

中心(BlogPet)

silverが中心を持ち運びされたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2008年05月03日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

おっとこれはこれは

あれあれ
一月もほうっておいたらこんな広告がのるんですなぁ。
さぼりすぎましたか。

2008年05月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0