ジミ ヘンドリックス ワイト島 マイルス デイヴィス




朝起きて洗面所で顔を洗おうとしたとたんに、ギターでイントロ~リフが頭の中で鳴りわたりました。

音楽好きの方ならきっと経験したことのあるアレであります。放っておくと一日中頭の中で音楽が鳴り続いたりします。私はこの現象を「奈良健康ランド症候群」と呼んでおります。この症状を治すには実際に頭の中で鳴っている音楽を聴くに限ります。

さてその鳴り響いた音楽の正体はといいますとジミ ヘンドリックスの「ジプシー アイズ」でありました。こいつを放置して一日中頭の中で「ジプシー アイズ」が鳴り響くのは困るので実際のアルバムを探そうとしました。


どうやら頭の中で響いている「ジプシー アイズ」はスタジオ録音らしく「エレクトリック レディランド」に収録されているものに違いありません。

ところがアルバムの棚をどこをどう探しても「エレクトリック レディランド」が無いので困ってしまいました。はて、誰かに貸した覚えも無いのですが。
お門違いのところになおしこんでしまって見つけられなくなっているのでしょうな。こうなるとちょっとやそっとでは探し出すのは不可能です。
えらいことです。



さて、私がジミ ヘンドリックスを聞きだしたのはそんなに昔のことではありません。30歳も過ぎたころになって突然ずっぽりと彼の音楽にはまり込んだのです。

私はロックも聴きますが所謂王道的な聴き方をしてきませんでした。愛聴するのはヨーロッパの一般にプログレと呼ばれるものを偏愛しておりました。

高校生のころはジミを聴いている友達を莫迦な輩だと思い込んでいました。ギターを歯で弾いたり、背中で弾いたり自慰行為のように弾くジミのギミックなところがどうにも馴染めませんでした。挙句の果てにギターを叩き壊すはアンプは蹴り倒すはステージに火をつけるは。

というわけでジミの音楽の本質というものは全く聴こえてはいませんでした。所詮青二才の高校生が考える音楽観であったわけです。全くお恥ずかしい。

マイルス・エレクトリック 〜 パフォーマンス・アット・ザ・アイル・オブ・ワイト[DVD]


それからずいぶんと時がたち伝説の「ワイト島のロックフェスティヴァル」をまとまってみる機会がありました。ご存知だとは思いますがこのフェスティバルにはマイルズが参加しておりまして、それ以前にも海賊版のビデオで何度かその姿を観てはいました。

どうにも私にはこのマイルズの音楽が中途半端なものに思えて、どう取り扱っていいやらわからずにうっちゃっていました。もうひとつぴんとこないなぁという感じです。

このまとまった「ワイト島のロックフェスティヴァル」のなかには今まで見る機会の無かったジミ ヘンドリックスの映像が含まれていました。

ブルー・ワイルド・エンジェル~ワイト島のジミ・ヘンドリックス [DVD]

このジミの演奏を聴いて私は天地がひっくり返るほどの衝撃を受けました。
そこでのジミは全く天才であり神様でありました。
遅ればせながら私はジミの音楽にようやく開眼したのでありました。

その翌日からジミの音楽を知った嬉しさから誰彼と無くひっ掴まえては、
「ジミは天才だ」と吹聴しまくりました。

    「そんなんあたりまえやがな」 と いわれました。

はい、私の音楽友達は当たり前のごとくジミの音楽を愛聴しており、その素晴らしさは既定の事実であったのでした。

ハズカシや。



この衝撃的な極私的ジミ ヘンドリックス再発見には大きなおまけがついてきました。ジミの良さを理解できた耳でマイルズのワイト島を聴いてみたところ、あら不思議やなマイルズの意図するところが何の苦もなく聴こえてきたのであります。

なんだかまるで手品の種明かしをされたような気分であります。

そこまで絶賛する気にはなりませんが、当時のマイルズの音楽観を楽しむには面白い演奏だと思います。


当のワイト島のジミヘンドリックスについてはあまり芳しい評判を聞かないのですが、一通り彼の演奏を耳にした今でも大好きな演奏です。

なんというかはったりのないジミ ヘンドリックスの音楽のありようがそのまま出ているようでとても好ましく感じます。


小さな声で言いますが、ワイト島のグループとしてはマイルズの演奏を聴くよりジミの演奏を聴いたほうが得るものが多いと思います。

マイルズの演奏にも改めて感じることはありまして
  ジャック ディジョネットやデイブ ホランドはベストプレイのひとつやな
  ゲイリー バーツにはこりゃトラウマ的な演奏なんとちゃうかな
  アイアートはなんともおもろいなぁ
  キースとチックはなにやっとんねんな
と突っ込みどころ満載であります。

これもまた観て損はない作品であります。



何ぞといっている間にも「エレクトリック レディランド」はどこへいったやら見つかりません。

こう書いている間に「ハタ!」と思いついたのでありますが
 youtube 検索すればジプシー アイズぐらい楽勝にでてくるでしょうなぁ。

早速行って奈良健康ランド症候群を退治しなくては。




この記事で紹介した作品です。
エレクトリックレディランド

2009年01月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:4

満載したかったみたい(BlogPet)

きょうsonnyと、満載したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2009年01月26日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

おまけっぽい満載(BlogPet)

silverは、sonnyでヨーロッパとか吹聴♪
それでsonnyとアルバム絶賛したかった。
だけど、ステージへ発見するつもりだった。
それでsonnyはギターは退治しなかった?
だけど、sonnyは、おまけっぽい満載♪

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2009年01月21日 blog pet トラックバック:0 コメント:0

茂山 千作さんの福の神 ちょこっと阪神ねた

butai.jpg

茂山 千作さんの演ずる福の神は絶品であるとかねがね聞いてはいましたが、いまだ実見する機会に恵まれていませんでした。

年頭の初笑いには三代目春団冶の落語を聴くか狂言を見ることがここしばらく続いています。一昨年は狂言へと出かけ去年は春団冶を聴いたのですが、今年は千作さんが福の神を演ずると知って大阪能楽会館へと参りました。

福の神という狂言はといいますと
 二人の男が毎年恒例で連れ合わせて福の神へとお酒を持ってお参りに行きます。
 二人が「福は内、福は内」と呼ばわりながら神社の前で祈念します。
 すると内より大笑しながら福の神が出でて二人の奉納したお酒を飲み干します。
 二人の男は福の神に「どうぞ私たちに福をお授けください」と福の神に願います。
 すると福の神は「幸せになるには元手がいる」と告げます。
 男たちは「その元手がないからこうしておまいりしているのです」と言います。
 すると福の神は「何も幸せになるにはお金ばばかりではない」と舞いながら男たちに諭します。
 最後に皆で呵呵大笑して終わりとなります。

たいていの場合神仏を演ずるには面をかけて演じるのが普通です。ですが、千作さんは面を使わずに直面で福の神を演じています。こんな芸当は千作さん以外の演者にはとても出来るものではありますまい。

いつものことですが千作さんが舞台に登場するだけでその場に居合わせたものがふーっとなごやかになり、華やかな雰囲気が満ち溢れます。
なるほど福の神の役が絶品であるというのは.当然であるなと思いました。

一昨年に観た時よりも千作さんは少しまた小さくなり、なにやら妖精であるかのようにも見えました。ちょっとした仕草をするだけで会場はどっとわくように笑いがおこります。
本当に役を演ずるというよりは千作さんが福の神そのものであるかのようにしか見えません。

観終わってとても幸せな気分で家路につきました。


今回「豆腐小僧」というお話で千之丞さんもとうの豆腐小僧を演じておられました。以前のブログで千之丞さんの演技には千作さんと異なりリアリスティックな部分があるようだと述べました。
今回の出し物では役がかなりコミカルなものであったせいもあるのでしょうが、その演技には稚気のようなものを感じました。

千之丞さんも今年86歳におなりになるわけで、老境の域での演技も垣間見えるのが当然ということでしょうか。

出来る限りまた千作さん千之丞さんお二人の狂言に足を運び芸の行き着くところを見届けたいなと感じました。



yuusyoumasu.jpg

狂言を観てそのまますぐ家に帰ってしまうかというと、リムスキーと二人連れということであれば呑み屋に寄らずにはいられません。はい。

既出のトラキチのお店に立ち寄ったのですがそこで見つけたのがこの写真の枡です。マスターの古くからのお知り合いであるお好み焼き屋さんが去年のタイガースの優勝を見越して作成した記念の枡であります。

きっとこのほかにも同様な品物が幾千万とうずもれているのでしょう。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。
涙なくしては見ることができませんな。

まさにまぼろしとなりましたなぁ。

多くは言いますまい。

今年こそタイガースが………
    懲りない阪神ファンであります。
                        合掌



続きを読む

2009年01月20日 古典 狂言 トラックバック:0 コメント:0