「大阪の京橋でジャズ喫茶ってどうしてですか?」

ジャズ喫茶を始めたころに「どうしてまた大阪の京橋でジャズ喫茶を?」と何度となく尋ねられました。

 どうしてこうしてもあるかいな……
  新宿やろうが梅田やろうがいまさらジャズ喫茶なんてどこでやろうがいっしょだろうに
なんて思いながらどう答えれば他人様が納得のいくように伝えられるかと頭を悩ませました。

今頃になって昨日またぞろそんな問いかけをされたので、少しばかり考えましたがやはり満足のいく答えを思いつきませんでした。

 なんて思っていると脈絡もなく(実はきっと脈絡はあるはず)、ジャズ喫茶”SONNY!"が健在であった頃においでになったあるお客さんのことを思い出しました。

セルフレスネス・フィーチャリング・マイ・フェイヴァリット・シングス

そのお方はお店においでになるとこうおっしゃられました。
「コルトレーンを聴けるようになりたいんですが、どうすればいいでしょうか」

これはまた私にとっては厄介な質問です。
 私はジャズを聴きたいと思ってジャズを聴き始めたわけではなく
 このジャズを聴かなくてはならないと思いジャズを聴いているわけでもないからです。

そのような事情をそのお客さんに語り、私にはその手助けをすることは出来ないと言おうとしたのですが少しばかり気になることがありました。


そのお方は男性で年のころは30歳手前といったところでしょうか。
私に質問をされたときの表情にどこか思いつめたような感じを受けました。

ただ事ではないなという気がしましたので、どうしてコルトレーンを聴けるようになりたいのかお尋ねしました。そのお答えを整理すると。

そのお客さんの名前をかりにAさんとお呼びします。

Aさんには婚約を交わした恋人がいました。
ところがその恋人が結婚式を挙げる直前になって交通事故にあい、この世を去ってしまわれました。
その彼女が大のコルトレーン好きであったということです。

つまりはAさんは彼女を失った心の空洞を埋めるためか、あるいは彼女の生きてきた意味の一端を理解しようとしたためか… といったところでコルトレーンを聴けるようになりたいと思ったのでした。


今現在の私であれば、また違った答えを出来ると思うのですが、若かったわたしには彼の期待にこたえるようなことは出来ないことでした。

その理由は先に述べたとおりのことがまずあります。


そしてもうひとつの理由というのは
 
「感情をシャンパンに交えることはその味をだいなしにしてしまう」と書いたのはヘミングウェイだったと思いますが、その頃の私にはジャズに対してそういった音楽至上主義のようなところがありました。

Aさんのような想いを持ってコルトレーンの音楽を理解しようとするのは、あまりにも悲しすぎると感じました。
 彼女にも
 コルトレーンにも
 なによりAさんのためにも

このような状況でコルトレーンの音楽のすばらしさを、Aさんにお伝えするのはとても無理であると思ったわけです。

今となってはどういう具合にそういったことをAさんにお伝えしたのかわすれましたが、どうにかこうにかお話してAさんにはおひきとり願いました。


 今現在のわたしならばAさんに対して何らかの手助けをしてあげられるだろうか?

  やっぱり無理かも知れませんねぇ。



どうして急にこんなことを思い出したんだかしら?


どうして大阪の京橋でジャズ喫茶なんか始めたんだか?


2009年03月26日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:0

BLUENOTEからのアンケート

The Complete Atomic Basie
 
アメリカのブルーノートからジャズに関してのアンケートがメールで届きました。もしかしたらごらんの皆さんにも届いたかもしれません。

英語が苦手な私は30分ばかりも苦闘しながらアンケートを処理しました。内容はどうしてジャズを聴くようになったのかとか最初に買ったアルバムは何であったかといったような設問でした。


そのような問いの中に興味を惹かれるものがありました。
それは
 The greatest jazz album of all time is:
というものでした。

この設問自体は別にどうといったものでもないのですが、面白いなと感じたのはそこにあげられていた選択枝としてのアルバムたちでした。

 John Coltrane, Blue Train          3463,1018
Horace Silver, Song for My Father    26878,5379
Chet Baker, My Funny Valentine     
Cannonball Adderley, Somethin' Else    2265,496
Diana Krall, When I Look in Your Eyes   5453,2151
Herbie Hancock, River             1964,673
Thelonious Monk, Monk's Dream       153817,11943
Stan Getz & Joao Gilberto, Getz-Gilberto  3729,681
Dave Brubeck, Time Out             1479,195
John Coltrane, A Love Supreme       10521,404
Count Basie, The Atomic Count Basie   52978,11196
Miles Davis, Kind of Blue            513,37
Other

ご覧になってちょっと面白いなと感じられたのではないでしょうか。

コルトレーンの「ブルー トレイン」はさもありなんという感じですね。当然のことながらブルーノートからのアンケートですし。

ブルーノートつながりでホレス シルバーの「ソング フォー マイ ファーザー」というのも妥当かもしれません。

チェット ベイカーの「マイ ファニー ヴァレンタイン」というのはアルバム名ではなくて曲目だと思いますが、選択は不思議とは思いません。

マイルズ…ではなかったキャノンボールの「サムシン エルス」は当然でしょうな。

ゲッツ ジルベルトもなんとなく理解できます。

ブルーベックの「タイム アウト」はなんといっても”テイク ファイブ”の大ヒットがありますから納得です。

コルトレーンの「ア ラブ シュープリーム」はこれもなるほどです。ただ、ここに挙げた12枚のアルバムの中にコルトレーンが二枚も入っているのには少し驚きです。

マイルズの「カインド オブ ブルー」は通算売り上げ枚数ジャズ第一位を誇る名盤ですから当然の選択です。


さてちょっと「へー」と思ったのはそれ以外のアルバムでして

ダイアナ クラールの「ホエン アイ ルック イン ユア アイズ」。まず綺羅星のごとき名盤の中に一枚加えられたヴォーカルがダイアナ クラールであったことに感心しました。そうエラでもなくサラでもなくカーメンでもなくダイアナ クラールであります。

ジャズを最近聴き始めたような若い方へのはからいであったのでしょうか。グラミー賞を受賞したことでもあり、ダイアナの人気は私が思っている以上にアメリカでは大きいものがあるのかもしれません。

 
ハービー ハンコックの「リヴァー」は彼の最近作です。日本人がハンコックの代表作を選んだとすればブルーノートの「処女航海」あたりになるのではないでしょうか。ブルーノート自身が選択したのがヴァーヴの作品だったことにも「ほう」と思いました。

ジャズを過去のものだとする基調が支配的な日本ではこの選択は無かったであろうと感じます。

この作品もまたグラミー賞を受賞しています。
ひょっとしたらこの選択は深い考えがあるのではなくて、グラミーを受賞しているからといった単純な理由であるかもしれません(笑)。


セロニアス モンクの「モンクス ドリーム」というのもハテナですねぇ。日本人の感覚ではリヴァーサイドの「ブリリアント コーナーズ」ぐらいが挙がるんじゃないでしょうか。


カウント ベーシーの「ザ アトミック カウント ベイシー」もちょっと不思議な感じがします。まずビッグ バンドで両巨頭である他方のエリントンが選ばれたのではなくベイシーが選択されていること。
アカデミックなものを上に見る傾向からして日本ではエリントンが選択されるような気がします。

ベイシーの代表作としては日本では「エイプリル イン パリ」か「ベイシー イン ロンドン」が選ばれることでしょう。ジャケットの図柄が非核三原則をつらぬく日本では受け入れられないということでもないでしょうが(笑)。

あそうか、今はルーレットってブルーノート傘下でしたなぁ。



てなわけで、アメリカ人と日本人の感覚に結構なズレがあるのではないかと考えて日米アマゾンのベストセラー順位を調べてみました。上記リストのアルバムタイトルの後に記した数字がそれです。日本の順位、アメリカの順位の順番です。

コメントしたとおりチェットの「マイ ファニー ヴァレンタイン」はアルバムではないので数字はありません。

上に述べたような感想を解き明かしてくれるような数字はでてきませんでした。


それは別として大きく驚いたことがあります。かねがね私が主張している「日本はジャズの理解が深く世界に誇るジャズ愛好国なのだ」と語られることへの疑念が裏付けられています。

一目瞭然。すべての作品でアメリカの順位のほうが日本の順位よりも高いのです。これは何よりアメリカのほうが日本よりジャズが愛好されている証拠ではないでしょうか。
 
これでも日本は世界一ジャズを愛する国だなんてジャズジャーナリズムは語り続けるつもりでしょうか。    ……語り続けるに決まってますな(苦笑)。


ベストセラー順位を見ていてやはり目を惹くのは「カインド オブ ブルー」の数字37位!

ジャズ部門だけではなくすべてのジャンルの中での順位であります。これはすごい数字ですなぁ。日本でも513位と健闘しています。

でも「カインド オブ ブルー」よりも上位にあるジャズアルバムが一つありました。

なんとこれまた驚く無かれ
ダイアナ クラールの「クワイエット ナイツ」!
ダイアナ恐るべし。旦那と併せてドンだけ稼いでいることでありましょう。

山下 達郎夫妻もびっくりですな。



さておき、ざっと普通に考えてチャーリー パーカーやバド パウエルあたりが挙がっていないのも不思議ですなぁ。

なーんにも考えていない米ブルーノートの新入社員がリストをつくっていたのかもしれませんな(笑)。


で私が The greatest jazz album of all time is: に対して何を挙げたかというのは内緒です。

またお店ででも直接きいてください。
やっぱり内緒かもしれませんが

こんなリストひとつであれこれと考えていた暇人のSonnyでありました。


2009年03月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:8