N.Y. 一押しジャズクラブの息吹を無料で Smalls

Dances with Bulls

Smallsというジャズクラブをご存知でしょうか。
ニューヨークでいま最も元気のあるジャズクラブだと思います。
ちなみに今週のプログラムを見てみても
 Peter Bernstein Solo Guitar
 The Grant Stewart Quartet
 Jeremy Pelt & WIReD
なんていう興味深いグループがごろごろしていて生唾ものです。

もしN.Y.を訪れる機会があるとすればまず一番に行ってみたいジャズクラブです。

さてこのスモールズですがレコードも出していまして、以前紹介したギル コギンズのアルバムなんかがそうです。
そういえば最近スモールズレコードからの新譜の情報を見ないなぁと思って、ネット上で検索しているうちに大発見をしました。

スモールズレコードのHPは見てもなかなかジャズクラブのHPを見ることはないのですが、ちょっと気になって覗いてみました。


するとこんなページが!!
なんとスモールズで公演されたプログラムが自由にストリーミングで聴けるように、アーカイブとして公開されているではないですか。
 Jesse Davis
 Antonio Hart
 Vincent Herring
 Bruce Williams
 Lee Konitz
 J.D. Allen
 Craig Handy
 Chris Potter
 Ira Sullivan
 Avishai Cohen
 Jim Rotondi
 Jack Walrath 
 John Bunch
 Cyrus Chestnut
 Toru Dodo
 Junko Onishi
 Santi DeBriano
 Kiyoshi Kitagawa
 Steve Novosel
               etc.etc. by Kumiko Ooba

とても全部は紹介できないのですがきっと数百以上のセットがアップロードされています。
ごらんのとおり新旧白黒黄色聴きごたえのある実力者が勢ぞろいしています。
音質的にもCD並みとはいかないもののうちのパラゴンにつないでも充分に鑑賞にたるものです。

このHPに気がついてからというもの暇さえあればさまざまなセットを聴いて、現在のN.Y.のジャズクラブの雰囲気に浸っています。

しばらくスモールズ レコードからのリリースが無いようですが、当分の間はこのアーカイヴがあれば充分楽しめます。

いやー、スモールズそして出演のジャズメン 「男前!太っ腹!」

最近一番うれしい出来事でした。



P.S.
いままさに旬の話題である大西順子のカムバックですが、つい先々月の公演の様子が丸ごとアップロードされています。他にも掘り出し物がザックザックです。





この記事冒頭のアルバムです。
Dances with Bulls



2009年08月20日 お知らせ トラックバック:0 コメント:7

アルバム(BlogPet)

きのう、取得したかもー。
それでファーストアルバムは演奏したかった。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2009年08月19日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0