museのソニークリスも嬉しい復刻

BLUES IN MY HEART

"BLUES IN MY HEART"
Sonny Criss (JAZZ BALL JBR883)


ソニー クリスというミュージシャンはいわゆるジャズのお勉強の本にはあまり登場することはない人です。歴史上の大名盤を残しているわけでもなく、多くの他の奏者に影響を与えたわけでもありません。またブルーノートに作品を残してもいません。

というわけで、ジャズのお勉強本を片手にジャズを理解しようとする人にとっては、なかなかソニー クリスのアルバムを耳にする機会がないのではないでしょうか。

昔から言われることですが本によるジャズの名盤とジャズ喫茶で愛聴されるアルバムというのは少しばかり異なることが多いです。このソニー クリスというのはまったくそういうミュージシャンで、ジャズ喫茶での彼の人気はなかなかのものです。


ジャズ喫茶でジャズ以外のこともたくさん教えてもらった私にとっても、ソニー クリスというミュージシャンにはある種の思い入れがあります。

彼の一番の特徴はよく謳うということに尽きると思います。難解なフレーズを乱発することもなくいともやすやすと軽々とアルトサックスを吹きならします。パーカー派直系のバッパーとしてのテクニックも確かなものです。

若いころのクリスにはそのテクニシャンぶりが過度になりすぎ、こうるさいぐらいに吹きまくるという面もありました。人によってはその若気の至りのような演奏をめでる方もいらっしゃいます。

私はと言えばもう少し年代がさがってからのプレスティッヂ以降の作品もちろんミューズ・ザナドゥあたりの、落ち着きが加わってからのソニー クリスの作品を愛聴しています。


さて、いつものように新譜のチェックをしていると、オネェチャンがソファーにはべっているソニー クリスのアルバム(冒頭写真)を見つけました。まるで日本の趣味の悪い某レーベルのCDみたいですがどうやら外盤であるようです。

 すわクリスの新譜か  と思って収録曲やサイドメンよく見ると何やら覚えがあるような
どうやら彼がミューズに残した二枚のアルバム"Crisscraft""Out Of Nowhere"のカップリングCDであるようです。

CIMG1105.jpg

別テイクの収録はあるようですが新曲の追加は無いようです。オリジナルのアルバム二枚分はそっくり収められています。

私としては新発見されたアルバムではなくて残念ですが、ミューズの諸作が手に入りにくくなってしまった今この発売は嬉しいことだと感じます。オリジナルのアルバムをお持ちでない方はこの機会に手に入れられるとよいと思います。あるうちに買えが鉄則であります。

ちょっと気になるのはジョエル ドーンが保有していたミューズがまたもやバラバラに散逸してしまったのではないかということですが。

他のミューズの作品もどんどん再発されないでしょうかね。


この記事で紹介した作品です
BLUES IN MY HEART





2009年11月12日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:5

追加しなかった(BlogPet)

きのうsonnyと、影響したかもー。
でも、特徴っぽい再発したかも。
それできのう、追加しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2009年11月11日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

リムスキーと歩けば棒に当たる(ミキシンググラス)(BlogPet)

sonnyの「リムスキーと歩けば棒に当たる(ミキシンググラス)」のまねしてかいてみるね

世間でおじさんに出かけてにより作成されていましてきてしまいましたがそれでもまだまだ7000円前後で口をおぼえてはどういうことさらにイタリアンスパゲッティはあまり多くのいい具合に帰ることでしょうにお店でいるのいい具合に興奮した古いミキシンググラス)と言えば普通にことかという態で取引されては当然水でおじさんにありませんが必要で「すんません、これなんぼですか」とやっぱり手に思い浮かべるの酔っぱらい二人組は三宮の中に聞くと目を飲まずにことから気に入っているの前で取引される方ならご存知のアーケードを注文したミキシンググラスなんて浮かれているのでしょうにことが「これください!」あとからもわかるとおり真昼間からもございませんべえの三百円前後でここへ来るたびに見えましています。
けっこう幸せなカクテルは超えようがそれでもまだまだ7000円!さて、だってこれ(写真はない御仁が笑いながら徘徊したミキシンググラス)あまり一般的な気分な感覚がところによってはイタリアの三百円はご存じだくれました。
けっこう幸せなことからもない手は超えようが(写真はミキシンググラスを渡して使って、とても使いやすそうに出かけて使ってみると書きましたようでいません♪
外の目をおぼえて使っておりますが必要で「すんません、これなんぼですか」とリムスキーと店番の明るさで口を湿らせる予定だったと一杯五百円!さて、シンプルでおうちに思い浮かべるのキリコが「これください!」あとからイモ焼酎居酒屋などつまみましてにより作成さから少なくないので写真奥に興奮しておりますと呼ぶお店もございましょうが少しはナポリタンスパゲッティです。
じゃっかんので映って使ってにより作成されますと、購入できるの写真手前)あまり多くのおじさんになじまずになじまずに出かけております。

*このエントリは、ブログペットの「silver」が書きました。

2009年11月06日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0