哀悼 なべさん



先日、医師でもある音楽愛好家のMさんが久しぶりにお見えになりました。
冒頭の会話

「久しぶりですねぇ、今日はなんかあったんですか?」

「あんな、なべさんが今日亡くなったんや}

「えっ!!……」


しばらく言葉を失いました。



大阪では多分鈴木や佐藤よりも普遍的であろう渡辺と言う姓。
「なべさん」とか「なべちゃん」と呼ばれる人は
大阪にゴマンと居ます。

しかしMさんと私の間で交わされる「なべさん」と言うのは
いちもにもなく渡辺 吉男さんのことです。

ジャズのレコードに関心を持っている人ならば
渡辺 吉男という名前にピンとこられた方も多いと思います。


もう四半世紀も前のこととなりましたが
大阪にはジャズやブルーズ、ハワイアン、フラメンコなどなど
マニアックなレコードを豊富に取り扱っていた「坂根楽器」という
大正から続く老舗が存在していました。

そこのお店でジャズを専門として扱っていた店員さんが
この渡辺 吉男さんでした。
ジャズのレコードに関しては日本中に名が知れていたはずです。
(ブルーズやブラックミュージックを扱っていたYさんも有名でした)

その渡辺さんが独立して
はじめたジャズ専門の中古レコード店が「ミュージックマン」です。


ミュージックマンという店の名前を聞いて
渡辺という苗字に思い当たったひともまた多くいらっしゃるのではないでしょうか。


そのなべさんがこの世を去ってしまったのです。




ジャズの中古レコードを買うと言うなんでもない行為を通して
なべさんとは浅からぬ付き合いがありました。


また波乱万丈ともいえる
渡辺さんの私生活にも思い深い感慨があります。

一時はあれほど思い入れのあったジャズのレコードに
無関心になりミュージックマンという店舗をあっさりと
人手に売り渡してしまったりもしました。


ただ故人であるとはいえ
ネット上でなべさんのプライバシーをさらすことなどできるわけもなく
いろいろな思いはMさんや私の心の内に止め置くよりありません。

このブログ上になべさんの死について取り上げないと言う選択もあったのですが
ネット上で検索した限りではそういった記事が見当たらなかったので
それはそれで残念に思いこうやって記事にしています。

あのなべさんはどうしているのかと
心のどこかに思っている方もいらっしゃるのでは。


ジャズの中古レコードの相場と言うものを日本で創り出したのは
渡辺さんであったと言っても過言ではありません。
本人も冗談のようにそう言っていました。

日本中のジャズ愛好家のなかにも
多くの方がなべさんの死について
少なくない感慨を持つであろうと信じています。



ジャズのレコードの何がしかについてのほとんどの知識を
実物をもってして私に教えてくれたのは渡辺さんでした。

いまのようにネット上で手軽に検索できる時代ではなかったので
どのレコードがオリジナルであるのが再発であるのか
入手困難であるのかそうでないのか
値段が妥当であるのか不当で有るのかといった
非常にこまごまとしたことを惜しげもなく
私に与えてくれたのが渡辺さんでした。

私の無知を随分とそしられもしましたが
レコードに関する質問には丁寧に答えてもらいました。


えさ箱の中に相場の値段よりもわざと格安の値付けをして
数枚隠しておくお茶目なところもありました。

そんなレコードを目ざとく見つけて購入すると
「なんやまたお前が買うんか」
なんて言われたのも懐かしいことです。


ジャズ喫茶をはじめるとなべさんに告げたときに
「そんな変なレコードばっかりで店できるんかいな」
「そのレコード全部あんたが売ったんやんか」
といって二人して笑いました。


店を始めるにあたって
「おまえこれ持ってへんやろ」
といってくれたのが


今もそうですが私は名盤を持っていませんでした。
このアルバムがないジャズ喫茶なんてありえませんなぁ。

「ほんでこれも探しとったやろ」

「どっちもセカンドやけどな」
「いえいえありがたさになみだがこぼれそうです」


今もおよそ三十年にわたって通うことになった
相合橋の正宗屋に連れて行ってくれたのも
なべさんでした。
(そのお酒がなべさんの人生に大きな影響を与えるのですが)


ここには書くことのできない
まだまだ多くの思い出があります。






訃報の記事を書くのは気が進まないといいながら
気がつくとかなり多くの記事を書いています。

これでも書かないようにしているのですが。

この数年にわたって
関西のジャズ界(Reそんなものがあるかどうかは別として)は
おおくの損失を受けることとなりました。

「ジャズのミムラ」の三村さん
「ラグタイム」の仲さん
「SUB」の西山さん
そしてなべさん。

大阪のジャズは大打撃ですなぁ……


 



まだ初七日もあけませんが
「なべさん、どや そっちのぐあいは」


               合掌











2012年06月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:10