円熟し若返るウエインショーターの演奏と共演者達の到達したところ



"Without a Net" (Blue Note)
Wayne Shorter Quartet
Wayne Shorter (soprano and tenor saxophones, whistling)
Danilo Pérez:(piano)
John Patitucci(bass)
Brian Blade(drums)
Valerie Coleman(flute)
Toyin Spellman-Diaz(oboe)
Mariam Adam(clarinet)
Jeff Scott(rench horn)
Monica Ellis(bassoon)





ウエイン ショーターの新譜「ウイズアウト ア ネット」が先日発表されています。
前作の「ビヨンド ザ サウンド バリアー」の発表が2005年のことですから
8年ぶりの新譜となります。

個人的には次回作が待たれるジャズミュージシャンというのは
かなり少なくなってきているのですが
ウエイン ショーターの新作は待ちに待ったものでした。

それに付け加えて驚かされたのは
このアルバムが久しぶりにブルーノートから発表されたことでした。


ご存知のとおりかつてショーターはブルーノートから
数々の名作となったアルバムを発表しています。

ショーターの作品がどのレーベルより発表されようとも
彼の音楽性が変わることは有るまいと思いますが
ブルーノートにとっては彼の作品を出版することによって
ハードコアなジャズをいまだ世に問い続けるレーベルというイメージを
保ち続けることにはなるといえるでしょう。

なにせ最近のブルーノートといえば
カントリー歌手やらポップス畑のミュージシャンの作品まで出しているので
ジャズのレーベルというイメージがかなりなくなってきているのは否めないですから。


前作が発表されてからショーターの調子があまりよくないといわれていたので
かなり心配していたのですがこの作品を耳にしてその心配は吹き飛びました。

正直なところ前作では少しばかり散漫な印象もありましたので
ショーターの年齢も考えると音楽的な限界も近いのかなぁと思うこともありました。

この作品を耳にしてそんなことはまったくの杞憂であったと感じました。


このアルバムを耳にしてまず感じたのは
ショーターの演奏のテンションの張り詰め方が尋常ではないということです。

彼のソプラノサックスの音色を聞いて
それが80歳に手が届こうという年齢のミュージシャンが演奏をしているということなど
どんな人にも想像ができないだろうと思います。

彼の演奏からはとんでもないテンションを感じると同時に
才能と歳を経た円熟した意思を感じることが出来ます。


細かく聴いていけばテナーサックスでの演奏では
フレージングにかつてのような切れのよさはなくなってきているのですが
ソプラノサックスの演奏では老いというのは感じられないどころか
切れさえも増しているのにまったく驚かされます。


サイドメンの各ミュージシャンたちも
パーマネントグループとして長く共演してきたことで
ショーターとピッタリと息が合っていて
過不足の無い演奏を繰り広げていて見事です。

理解ある共演者たちのおかげで
ショーターは余計なことを考えることなく
いかに自分自身の思いのたけをサックスに託して歌うかだけに専念しています。

歌の頭や終わりなどはまったく関係なく
自由自在に歌い始め歌い終わります。
なんとも卓越した境地ですなぁ。

サイドメンたちはショーターが
歌の高みをどれだけの高さにまで飛翔できるかに
こまごまと気を配っている様子が感じ取れます。

ジャズ界においてここまでの瞬発力をもって
歌を歌い上げるミュージシャンはショーターを置いて
見つけることはちょっと難しいように思います。



少しばかりこのアルバムに言わずもがなの欲を言うとすれば
ショーターの演奏にストーリーをつむぐという部分がほとんど無いのが残念です。

もっともストーリーテリングという要素は
「ペガサス」というホーンアンサンブルを加えた曲によって
十分に満足を得ることが出来ます。

こういった大きめのホーン陣を採用することによって
アレンジによる演奏部分が多くなることにより
ジャズのスリリングな演奏がそがれることがままあるのですが
この曲ではそういった弊害はまったく感じられません。

このことはとかくひらめきによる演奏だといわれる彼のフレージングが
結構ロジカルに考え抜かれていることの傍証ともなっているのではないでしょうか。

スコアによって作られた部分と
アドリブ部分の演奏が見事に融合していて
しかも先ほどの不満を感じていたストーリーテリングという表現が
雄大に演じられています。


ショーターは若き日よりアレンジメントの才能も高く評価されてきましたが
最近ではあまり注目されていなかったこの部分でも
「ペガサス」でその能力を十二分に味あわせてくれています。
 
 (このペガサスで演奏されるモチーフが日本の歌にあったはずですが
           思い出せません どなたかご存じないですか?)


ここからはまったくの私のわがままですが
このサイドメン達との演奏については
このアルバムで一つの到達点に達したのではという気がします。

だとすればマイルズがやってきたように
そしてショーター自身も行ってきたように
このすばらしいグループを発展的に解消して
次の地点へと向かうのが望まれますが……


それを望むのは聴き手のあまりにも強欲な要望でしょうな。





この記事で紹介したアルバムです
ウィズアウト・ア・ネット





2013年02月27日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:0

アガルタ パンゲア 正直者のマイルズについてもうすこし



マイルズのアガルタについて前回記事にしましたが
マイルズの話題についてはやはり反響がいくらかありまして
数人の方とこの演奏についてお話をしました。

そこで「アガルタ」「パンゲア」について思いついたことをもうすこし。


前回に掲げた「アガルタ」のジャケットと
今回の冒頭のジャケットは異なっていますが
どちらも「アガルタ」です。

ここに掲げたデザインのものが日本で発売された
オリジナルのレコードのものと同一です。

前回のものはアメリカで発売されたジャケットデザインです。
日本制作のものは横尾 忠則によるものです。


サンタナのこれなんかもそうでしたね。




さて話はマイルズの大阪公演に戻りますが
実際にリアルタイムでこのマイルズの公演を聴いた方たちの話を
いろいろな機会に伺ったことがあります。


残念ながら私はまだ独力でコンサートにいける歳ではなく
未聴であります。

それらのみなさんが口々に言われるのは
「ジャズではそれまでありえなかったとてつもない大音量だった」
「全編エレキの音でおどろいた」
「なんのことやらさっぱりわからなかった」
「公演について多くの否定派と熱烈な肯定派がいた」
といったことです。


マイルズが来ると聞いて
チケットを買って聴きに来たのはいいけれども
あまりの演奏にロビーに退避してタバコを吸う人も多かったようで
「どうする続き聴く? やめとく?」
なんて会話が知人間で行われたそうです(笑)。

実際にギャーギャーとオルガンを弾くマイルズにあきれて
途中で帰ってしまった人も少なからずいたようです。

聴衆の半数ぐらいは
マイルズがミュートで吹く「枯葉」なんかを
期待してチケットを取ったんではないでしょうか。


過去にさかのぼってマイルズのこれらの作品を聴いた私としては
このような電化マイルズの演奏というのはすでにいくらも発表されていたわけで
あるていどの内容の予測はついたであろうにと思うのですが。

少なくともちょっと時代は戻りますが一大センセーションを巻き起こした
Bitches Brewぐらいは耳にしていたはずでしょうが不思議なことです。


これらの事柄を踏まえて読むととても面白いのが
同封されたいるライナーに記載された児山 紀芳氏の
マイルズとのインタビューです。

なんともかみ合わない二人のインタビューが
当時の多数のジャズファンの意識を想像させます。

児「今回の公演に批判的な評論家もいるが?」
マ「別にどうってことは無い、何も感じないよ」

児「アコースティックミュージックに戻ることはあるか?」
マ「ちゃんとトランペットを生のままでも吹いているじゃないか」

児「パーカーのレコードで好きなものは?」
マ「いやな質問だね」


まるで禅問答であります。
もちろんのことですがマイルズが禅の高僧であり
児山氏が凡夫であります。

児山氏がジャズのオピニオンリーダーを自負していた
スイングジャーナル誌の編集長であったことを考えると
まったく憂鬱な気分になります。

このお人1975年にもなって
マイルズ モンクのクリスマスけんかセッションの話を
持ち出すんですぜ
          はずかしいったらありゃしない。



現在は幾分かはこれらの電化マイルズについての評価がなされるようになっていますが
旧態然としたままの意見を述べるジャズファンも数多くいます。

はい、わたしはそういうおっさんたちに
いつもうんざりとした気分にさせられます。
           °。゜(# ̄ ▽. ̄#)



このインタビューは本当にとても面白いので
是非のことに日本盤を購入して
この全文を読んでいただきたいと切に願います。

マイルズのことをへんくつなひねくれものという人も多いのですが
こと音楽に関してはとても素直な人だと感じます。

彼のインタビューを読んで
うんうんと
うなづくことばかりです。


このインタビューを読んで
まだマイルズのことをひねくれものだと感じるなら
きっとあなたはひずんだジャズ観の持ち主だといえるんじゃぁないでしょうか。

すくなくともわたしはそういった人たちと
ジャズの話はあまりしたくはないです。

             というわけにもいかないか。




2013年02月04日 レコード トラックバック:0 コメント:2