リオの君が代 ブルガリア 矢野顕子



リオオリンピックの閉会式のセレモニーでの
アベ マリオが随分と話題になっていますね。

音楽好きの間ではそれ以上に話題になっているのは
斬新な君が代についてではないでしょうか。


私と君が代についてはかなり不幸な出会いであったように思います。

今は国旗国歌の制定があり
れっきとした日の丸であり君が代でありますが
私が義務教育を受けた時代では君が代が学校行事で
斉唱されたことは一度もなく
むしろ太平洋戦争の悪しき遺物のような教育をされました。

まぁ、なんというか
そういう時代だったんでしょうな。

わたしは結構君が代の歌詞も曲も好きだったんですが
他人にそう言える状況ではなかったですね。

現在に至っても国歌の斉唱を公式行事で拒んで
問題になったりしているのはそいういった背景のせいだと思います。


わたしが君が代の曲が好きであったのは
あのなんとも浮世離れした旋律にあります。

大人になってから
それが雅楽の様式によって作られたものと知り
合点がいった次第です。


歌詞についても
じつは平安時代からの「恋歌」であったと知り
これまたうれしくなりました。

世界中の国歌の中には
独立や革命を歌った血みどろなものがよく見られるのに
恋歌である国歌なんて素敵じゃないですか。


冒頭のリオの君が代ですが
公式なセレモニーでこれほど耳をそばだてさせられるようなアレンジは
かつてなかったようです。

最もプロ野球の試合開始のセレモニーで
とんでもない歌唱は何度も耳にしていますけれども(笑)


つい先ごろまでは君が代の斉唱については
原曲をくずすようなアレンジは不可であるという
不文律のようなものが存在すると聞いていました。

へんな君が代の演奏をしようものなら
どこからの圧力がかかるのだとか
まことしやかな話も聞いたことがあります。


さてそんな旧態然とした時代に
なんとも個性的な君が代を披露してくれたのが
冒頭にあげた矢野顕子でした。

この人もまた高校時代の私のアイドルであったのですが
最初にこの君が代を聞いた時には思わずにんまりしてしまいました。

みごとなアッコちゃん節ですなぁ


今回の君が代の斉唱が誰のものなのかはわかりませんが
すぐにブルガリアンヴォイスの流儀であることは知れました。



これは山城組による
本邦でのブルガリアンヴォイスの名を一気に広めた名作です。

高校時代にこのアルバムも耳にタコほど聴きましたなぁ。

このアルバムは今も手元にあります。
余談ですが30をすぎてからこの山城組の構成員(なんだかあやしいなぁ)
であった人と親しくなるとは思ってもみませんでした。

ブルガリアンヴォイスを知ったのは
このアルバムが先であったのか
ティッシュペーパーのCMがさきであったのか
どちらであったおかしらん


私より少し若い時代の人はこの君が代を聞いて



を想ったそうですが
これも山城組のてになるものですね。


もっとお若い人は



を連想されたようですが


これも時代ですなぁ



オリンピックも終わって
少し経ちましたが
今回はこの閉会式だけでも収穫でしたな。




2016年08月30日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:0

PCオーディオ事始 次はDACが必要



前回の記事ではPCオーディオに必要なHDDについて書きました、

今回はPCに保存したデジタルデータ(WAV)をアナログ変換して
アンプへと送るのに必要となるDAC.について書いていきます。


WAVはデジタルデータですので通常のアンプに
直接信号を送ることはできません

そのためにデジタル信号をアナログに変換してくれる
DA(デジタル→アナログ)コンバーター(変換装置)が必要となります。


普通にCDの再生をPCで行って音声出力からモニターへと送り
再生されるのはご存知のとおりです。

つまり特別にDACを用意しなくても
PCにはすでにDACが内蔵されているわけです。

したがってHDDに保存したWAVデーターも
PCの音声出力からアンプにつなげば音は鳴らすことができます。

しかしそれでは非常に質の低い音の再生しか望めません。

その理由としては
 PC内蔵のDACが貧弱であること

そしてそれ以上に問題だと思われるのが
PCの筐体内で発生する高周波や電源ノイズにより
出力音声が劣化してしまうことです。

試しにパソコンのアナログ出力をオーディオへとつなぎ
CDを再生すると
 高域にはノイズが混ざり
 音像はぼやけている
のがわかると思います。

そこで別に外付けのDACを用意して
PCからはデジタルデータのままDACへと信号を送り
それらの問題を解決しようというわけです。


DAコンバーターには様々なものがあるのですが
注意してほしいのはUSB接続による入力があることです。

通常のPCから行えるデジタル出力は
ほぼUSBのみになるのでその他の入力は使用できません。


もう一つ注意が必要なのは
現在比較的新しいCDプレーヤーをお持ちであるならば
そこにDACの機能のみを使用できるようにUSB入力がついていることがあります。

そうであるならばそのDAC部分を流用し
新しくDACを用意する必要はありません。


DACにはハイレゾをうたったものが多いですが
HDDに保存されたデータはCDから読み取ったものなので
ハイレゾである必要は全くありません。


DACの価格も数千円のものから
10万円を超えるものまで幅広い価格のものがありますが
デジタル機器の常としてアナログ機器とは異なり
価格の差がそのまま音質に直接反映されるとは思えないです。

特に高価なDACを用意することはなく
数万円のもので十分だと思います。



さてこの項はまだまだ続きます。

2016年08月27日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0

PCオーディオ事始 まずはHDDが必要

前回の記事ではPCオーディオのほうがCDプレーヤーによる再生より優れているのか
について書きました。
 
さてこれからはPCオーディオを実現するために必要なハードや
ファイル、ソフトについて順に書いていきたいと思います。


まずはもちろんパーソナルコンピューターが必要になります。

通常にネットサーフィンが快適に行える程度のパソコンであれば
特に高性能なパソコンが必要になるわけではありません。

パソコンについては現状のものをそのまま使用しました。

 
音楽CDをパソコンに取り込むときの非圧縮のファイル形式には
最も単純であり一般的であるWAVを使用することにしました。

WAVを使用するとなるとファイル名以外のデータを
利用することが難しくなるのですが
単純であることが良質な音楽再生の要となるであろうと考えて
採用しました。
 
アルバムに記載されているデータ等がファイル化されれば
検索には便利でしょうがレコード再生と同じだと思えば
それでよいと割り切りました。

要は
リーダー名と
アルバム名
トラック(曲)名が
検索できればよいと判断したわけです。


映像などのデータ量に比べれた音声データの量は少ないものですが
非圧縮のデータを保存するとなると結構な量が必要になります。

一枚のアルバムを保存するのに必要なファイルの量は600MB程ですので
3000枚以上はあるCDを内蔵のハードディスクでは格納出来ません。

となると外付けのハードディスクを使用することになりますが
多めに見積もってもざっと2TBのハードディスクを購入すれば
間に合う計算になります。



数年前にちらとPCオーディオ化を考えたときには
まだまだHDDが高価であったので躊躇したのですが
現在は10000円もあれば2TBのHDDがらくらく手に入るようになりました。


ただ、ここで一つ注意しなければならないのはHDDは消耗品であるということです。
大まかに言って使用後一年経過したHDDは壊れる可能性が高くなってきます。

せいぜいもって三年というところでしょうし
必ずバックアップが必要であるので2台はHDDを購入する必要があります。

CDのアルバムをPC上に取り込むことの手間を考えれば
定期的なバックアップはマストです。

いったんHDDがクラッシュしてしまえば
もう一度すべてのアルバムを取り込みなおさなければならないのですから。

まぁそれとて20,000円もあればいいということです。


もう一つはハンドリングの問題です。

すべての手持ちのCDアルバムを一つのHDDに保存するのか
あるいは使い勝手やメンテナンスを考えて複数のHDDにするのよいのか
考えなくてはなりません。

一般の音楽愛好家の方であれば数百枚のアルバムの管理でしょうから
それほど悩む必要はないかもしれません。
(私の知り合いたちは数千枚のアルバム所有者がごろごろしていますが(笑)))

しかし数千枚のアルバムそして増え続けるであろうその数。

バックアップの単位を考えても
複数のHDDに分ける必要があるように思います。

ただ複数のHDDを使用するとなるとそれぞれに
置き場所や電源の確保もひつようになるわけで
これはこれで悩ましい問題です。


とはいっても一挙にすべてのアルバムをPCオーディオ化するわけでもないので
結局とりあえずは一台のHDDに保存することにしました。




ここで
すでに一千枚を超えてHDD上に保存した現状から言いますと
バックアップの時間には一晩はかかるようになっています。

これはHDDはUSB3.0に対応しているのですが
PCが2.0にしか対応していないという問題があります。

パソコンを3.0のものに買い替えれば
その時間は半分ほどになるようですが
現状それはむづかしい。


一つの解決方法としてはやはりアルバムを楽器単位であるとかで
複数のHDDに分けて管理するというのが良いように思います。


もしくはクレードル型でHDDを運用して
ダイレクトにHDDをフルコピーするのが良いかもしれません。


現在はどちらにも決めかねて
とりあえずは一台のHDDにアルバムを保存したままでいます。



さて
この項はまだまだゆるゆるつづきます。



P..S,
PCオーディオかの効能をいろいろな人に吹き込んでいるのに
遅々としてブログの更新がなく申し訳ありませんでした。
なるべく詳細に間をあけずに記事にいたします    <(_ _)>




2016年08月26日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0