月・日別2016年11月 1/1

ジャズとJBLは切っても切れないけれどサムスンとは

「 韓国Samsung Electronicsは11月14日、米音響機器メーカーHarman International Industriesを買収することで合意したと発表した」ハーマンをサムスンが買収!?店の掃除も終わってさてと一段落してパソコンを立ち上げると冒頭のニュースが飛び込んできてかなり驚きました。ハーマンインターナショナルと聞いてあまりなじみのない方もいらっしゃるでしょうがJBLやマークレビンソン、インフィニティなどの有名オーディオ機器を供...

  •  1
  •  0

オーディオ再生の最重要項目は録音

録音されたレコードやCD等を再生することで最も重要なことが一般の方に認知されていないことに気づかされます。「最高のオーディオ装置を 最良の状態で設置したならば どんなアルバムでも素晴らしい音で鳴る」  と思っていらっしゃいませんか?答えはノーです。ひどい録音の音源(レコード、CD、配信、テープetc.)はどんなに素晴らしいオーディオ装置で再生したところで良い音で鳴ってくれることはありません。その逆で素晴ら...

  •  0
  •  0

オーディオ構築の要は音の記憶

先日ディアゴスティーニ発行の「カインド オブ ブルー」についての記事を書きました。その時にも書いたのですが私はレコードの音質について初めの少しの部分を聴いてみてその良し悪しを判断できることが多いです。ただしすぐに判断できるのはそのアルバムを何度も聴いたことがある場合です。全く知らないレーベルの知らないアルバムやミュージシャンを聴く場合はまるまる一曲を聴いてからでないとその良し悪しがわからないことが...

  •  0
  •  0

ジョシュアとメルドーの邂逅は必然だったのだろう

"Nearness" (nonesuch) Joshua Redman, Brad Mehldau 今年に入ってから手にしたジャズのアルバムのうちで間違いなく最高の純度の音楽だと思います。いやジャズに限定する必要もないですね。ジョシュアレッドマンのアルバムについては近作のアルバムについて記事を書いています。このアルバムが録音されたのは2011年の各地でのライブ会場ですので前回の記事で触れたアルバム「トリオズ ライブ」の前後に記録されたものとなり...

  •  0
  •  0

ジャズ・LPレコード・コレクション(ディアゴスティーニ)の真価? 多分足りないのは愛情

ジャズ・LPレコード・コレクション(ディアゴスティーニ)「カインド オフ ブルー」 マイルス デイビスレコードブームについての記事を書きましたがその時に触れたディアゴスティーニのジャズ・LPレコード・コレクションをいただいたので実際に聴いた感想を書いてみたいと思います。このディアゴスティーニのシリーズがどのような消費者を対象にしているのか判然としませんが私が製品に感じたところです。雑誌としての評価です...

  •  2
  •  0