月・日別2017年10月 1/1

手始めにストレートで楽しむのにふさわしいスコッチウィスキー

先の記事でストレートでウィスキーを飲むことをお勧めしました。今回は具体的にその方法を書いてみたいと思います。先ずはスコッチをと書きましたがどのようなものを飲むかについてです。スコッチには大別してモルトウィスキーとブレンディッドウィスキーがあります。                        (ブレンドとも)モルトウィスキーと言うのはいわゆる原酒にあたるもので単一の蒸留所で蒸留されたものを指しま...

  •  0
  •  0

I Do It For My Love サイモンの曲にエヴァンズのピアノ

いつもの通りネットで音楽を流してお皿洗い。ハーモニカの音色が 多分トゥーツ シールマンス あ あの曲かと思いきやギターの音色とヴォーカルが……流れてきたのは"I Do It For Your Love"モニターに映し出されたのはトゥーツ シールマンスとポール サイモン私の頭にあったのはトゥーツ シールマスンとビル エヴァンズのアルバム"Affinity" (warner)Bill Evans-Toots ThelemansアルバムA面冒頭の一曲目が"I Do It For Your...

  •  0
  •  0

ウィスキーなどの蒸留酒は基本的にストレートで飲むようにできていると言う当たり前の真実

前回の記事で蒸留酒についての説明をしましたが今回はその蒸留酒の最もおいしいいただき方を書きます。まずは蒸留酒を代表するものとして取り組みやすいスコッチをもとに紹介します。ウィスキーについてさほど関心のない方はスコッチとかバーボンと言ってもその違いも判らないでしょうから少し説明します。スコッチとは麦を原料として発酵させて醸造酒を作り蒸留し樽に詰めて熟成保存しスコットランドでつくられる蒸留酒です。そこ...

  •  0
  •  0

単体で楽しむお酒

先の記事で日本人が主に食中酒としてお酒を飲んできたことを書きました。それでは食中酒以外のお酒の飲み方と言うのはどのようなものでしょうか。一般的にはそれらは食前酒(アペリティフ)及び食後酒(ディジェスティフ)の二つです。ただこれらのお酒の分類はあくまでも食事を基本としそれらに付随するものとしての飲酒を言います。つまり食前酒は食事をおいしくいただくために飲むものですし食後酒と言うのは食事の最後のまとめ...

  •  0
  •  0

エフェメラ かげろう 儚いもの

専門用語の中にときおりとても心の中に引っかかっているものがあります。ですが専門用語ゆえに通常の会話で使う機会はほとんど訪れません。それゆえに余計に心の中に引っかかったままずっと片隅にあり続けるようです。専門用語であっても何かの機会に巷で有名になりすっかりポピュラーになって一般の人に使用される場合もあります。トラウマデジャヴュこれらは心理学で使用される用語ですが現在ではちょっとした機会でも人の口に上...

  •  0
  •  0

日本人のお酒 背景

もうずいぶんとお酒を飲み続けさらには売る側に回ってからもほぼ四半世紀が経つこととなりました。ジャズに関してもそうですがお酒に関してもいくらか思うことが降り積もってきました。ちょっと何回かに分けてお酒に関して記事を書いてみたいと思います。日本人の大多数の人にとってのお酒とは個人とお酒の関係であるというよりも他人とのかかわりの中でのお酒という側面が強いと感じます。いわゆるコミュニケーションのツールとし...

  •  0
  •  0

ユゼフ ラティーフ、オーボエと中国の土笛 塤

先日おみえになったお客さんが「吹奏楽部に入った娘がオーボエを担当させられて、可哀そう」とおっしゃいました。私はダブルリードの花形楽器であるオーボエを吹くのがどうして可哀そうなのかと不思議に思いました。どうやら吹奏楽の人気楽器と言うのはトランペットやサックスらしく希望者の少ないオーボエを押し付けられたという事だそうでした。   オーボエって人気ないんだ   ユーホニウムや小バス、チューバならともかく...

  •  2
  •  0

jazzの語源であると言われるjaszの名を名乗る歌手

例によってネットラジオのジャズ局を聞きながらお皿洗いをしていたのですが完全にジャズではないヴォーカル曲が流れてきました。良くあることなのですがジャズ専門局を謳っているチャンネルでもロックや民族音楽など分類不能な曲がかかることがままあります。その時流れてきたのはちょっと聞きにはフォークソングのように思えました。直ぐ思いついたのはエヴァ キャシディの名前。しかしエヴァの歌声にしては太目で少し硬質です。...

  •  0
  •  0

ジャズの世界でのD. Martinのお話

ジャズに関する記事の中でD. Martinと書いてあったら誰の事だと思います?一般の方々でしたら、まずはこの人でしょうね。  「あーっ、加山雄三!」  「って、ちがいますがな ディーン マーティン」ジャズと言うよりはポップス畑のひとですけれどもも一つのヒントレコード ジャケットに関する方でD. Martin と言えばそうです デヴィッド ストーン マーティンヴァーヴやマーキュリーなどで数々の名ジャケットを残していま...

  •  0
  •  0

ラ・ラ・ランドでライトハウスとフランクリン、エイゾー、カールの健吾なるを知る

昨年アカデミー賞やゴールデングローブ賞などを総なめしたことで有名な「ラ・ラ・ランド」ですが私はさほど映画に興味がないうえにミュージカル不感症とあってジャズミュージシャン志望者が主役と聞いてもスルーしていました。ところで深夜のラジオ番組で「ラ・ラ・ランド」の中で実在のジャズクラブのライトハウスが登場すると紹介されていました。  ライトハウスは西海岸のジャズを語る上では重要なベーシストのハワード ラム...

  •  0
  •  0

大谷ではなくジャズの二刀流の今後 セオ クロッカー

ニューヨークのスモールズは当日のライブの様子を太っ腹にもネット上で無料ライブ配信してくれています。ただ、アメリカと日本では時差がある為に私が店にいる時間帯ではたいていメインのステージは終了していてアフターのジャムセッションです。飛び入り参加のジャムセッションの事ですから内容は推して知るべしでしてほとんど学芸会に毛が生えた程度ですが時折実力派ミュージシャンが演奏していたりして驚きます。少し前の事です...

  •  0
  •  0