FC2ブログ

abcのアーマッド ジャマルをお中元に

アーマッド ジャマルが好きだと言うたびに
団塊の爺さんに良くいじめられたSonnyです。
        あはははははっはははははははっははは

バド ハウスの裏谷さんからお中元にジャマルのアルバムをいただきました。

taranwuility,ahmad jamal
"Tranquility" (abc)
Ahmad Jamal


アーマッド ジャマルを私が好きなことを知っていた裏谷さんが
このアルバムは持ってないだろうと下さった次第。

確かにこの「トランキリティー」はもっていませんでしたので
ありがたくいただきました。

長い間ベースのイスラエル クロスビー
ドラムのヴァーネル フォーニエ(フルニエ)によるトリオ作品を
アーゴからリリースしていたジャマルですが
その後はインパルスから作品を出していたと思っていたのですが
どうやらその間に一枚ABCのものがあったのですね。

なぜにこの作品が親会社のABCからのもので
系列のジャズレーベルインパルスから出なかったのかは少し不思議でした。

ですがこの疑問はアルバムを聴いてみて氷解しました。


頂いたアルバムは米盤ではなくて日本盤であったので
ライナーノーツが入っていました。

そのライナーノーツを書いた方によると
アーマッド ジャマルは間を活かした演奏が特徴であるとのこと。

 あれあれまた演奏を聴かずにライナーを書きましたな

確かにジャマルはレコードデビュー以来
クロスビー、フォーニエの名トリオの演奏に至るまで
簡潔なフレージングと間を活かした奏法が特徴でありました。

しかしながらベースがクロスビーから他の奏者に代わった63年ころから
ジャマルのピアノはダイナミックさを大胆かつ有効に使い
左手の多用とメロディーラインの饒舌さを併せ持った演奏振りに
変化しています。

このアルバムは68年のリリースですが
すでにスタイルを大きく変化させた後のアーマッド ジャマルのもので
以前の彼のスタイルとは大きく異なっています。

ライナーの筆者は演奏された曲についていちいち解説をしているので
アルバムを聴いているのだとは思うのですが……



さてこのアルバムのA面にはいきなりバカラック作品の二曲
「小さな願い」「恋の面影」が収録されています。

演奏時間もそれぞれ三分に満たない小品。

こりゃあもう以前の路線のジャマルならばヒット狙いで適正でしょうが
この時点のジャマルにとっては少し疑問が残る選曲です。

その後もA面には最大三分四十二秒の商品が三曲
併せて五曲の構成。

A面の演奏内容をしっかりと聴いてみれば
やはり主題を大きく展開させるようになったこのころのジャマルには
ちょっと不似合いな構成でした。

テーマからやっと大きく演奏を広げようとしたとたんに
もうエンディングが来てしまうような不完全燃焼な演奏。

あまり感心しない出来栄えです。


さてB面はと言いますと打って変わって
最初にジャマルのオリジナルアルバムタイトル曲「トランキリティ」八分四十九秒
に準スタンダードの「フリー アゲイン」に
もうひとつオリジナル曲の「マンハッタン リフレクションズ」。

A面とは異なりこの時点のアーマッド ジャマルのスタイルにふさわしく
ダイナミックに演奏が展開されて見事です。

A面には目をつぶるとしてB面だけを目当てにこのアルバムを
購入しても満足できる出来です。


こうやってアルバムの中身を聴いてみて
このアルバムがABCからリリースされた理由がつかめました。

多分ヒットメーカー アーマッド ジャマルと契約したABCは
彼にシングルカットでヒットが望めるような従来の彼の作風を
欲していたのでしょう。

従って一般大衆に広くアピールできるABCのリリースを考えた。

ところがジャマルの作風はB面で聴かれるように大きく変化していたので
以降はジャズ専門レーベルのインパルスへと鞍替えした。

と言うようなところが当初にあげたなぜに一枚だけABCと言う疑問への
解答なのでしょう。


そんなことはだーれも気にもしないでしょうが
私はこの推論に大満足です。
  "Tranquility" (abc)
Ahmad Jamal
うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ
   誰が興味あんねん(©ヤナギブソン)




P,S,
このアルバムアメリカで70年代に再発された際には
インパルスのレーベルにて発売されました。
 おふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉ
    誰が興味あんねん²(©ヤナギブソン)













2018年06月27日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

ブーガルー?シンガリン?? 教えてルーおじさん

アリゲーター ブーガルーの記事を書いていて
実のところブーガルーっていったい何なのかは全く知らないことに気づきました。

このブーガルーという60年代にアメリカで流行したと言われる音楽ですが
調べてみればみるほど曖昧模糊としてつかみどころがありません。

アメリカで生活していたキューバをルーツとする人々が
アフロアメリカンの音楽に影響を受けて作り出した音楽
と言ったところは間違いがないようです。

つまりはマンボやチャチャチャなどの音楽に
リズム&ブルーズやソウルミュージックを混ぜて
新しいラテン音楽が誕生したという事ですかね。


ブーガルーについて調べているとダンスについて解説している動画が
見つかりました。


私のつたないヒアリング力ではなんともおぼつかないのですが
どうやら彼女の解説からも先の説明は誤りではなさそうです。


色々とブーガルーと呼ばれる音楽を探し出して聴いてみると
オリジナルであろうキューバルーツのミュージシャンによる演奏は
ラテンダンスの類型であることがよくわかるコンガやティンバレスによる
リズム感あふれるキビキビしたものです。

一方アフロアメリカンに受容されたブーガルーは
ルー ドナルドソンのアリゲーター ブーガルーにみられるように
ソウル色の濃いねばりとスゥイング感の強い演奏です。

今度はアフロアメリカンのブーガルーのアプローチとして
御大ジェイムズ ブラウンの映像を


さすがは元祖ミスター ムーンウォーカー
お見事です。


ルー ドナルドソンが答えているインタビューによると
彼はアリゲーター ブーガルーが大ヒットしたことに
とても驚いたそうです。

なぜならアリゲーター ブーガルーはアルバム録音に際し
あらかじめ用意された曲ではなかったそうで
アルバムの収録時間が不足したので
その場でフレーズを書きつけてメンバーに指示して
チョコチョコっと演奏したものだというのです。

この曲言ってみればブルーズと言えばブルーズで
ギターのジョージ ベンソンやオルガンのロニー スミスにすれば
勝手知ったる曲想であったわけですから気軽に演奏したのでしょうな。

録音日付からすればアルフレッド ライオンの最後期のプロデュースに
なるわけですがアリゲーター ブーガルーをアルバム タイトルに据え
シングル カットしたのはさすがの辣腕ぶりと言えましょう。


さてルーおじさんこのアリゲーター ブーガルーの大ヒットに気を良くしたか
二匹目のドジョウを狙ったのがこの一枚

"Mr Shing-A-Ling" (bluenote)
Lou Donaldson


このアルバムのタイトル「ミスター シンガリン」のシンガリンが
何のことなのか正確には把握できてはいません。

いくつかの解説によるとブーガルーと同時期に流行った
やはりラテンミュージックのようです。

ある説によるとブーガルーとシンガリンには大した差が無く
ひとくくりにブーガルーと呼んでよいともあります。

はーて シンガリンねぇ
もうちょっと  調べる元気がなくなってきましたねぇ……



カーペンターズが「イエスタディ ワンスモア」に歌ってる
    エヴリィ シンガリンガリン
って   なんだ   ?????????


「あんたはなんでもかんでもきになるねんなぁ」
と良く呆れられましたけ出れど
全く三つ子の魂百まで
ですな(苦笑)



この記事で紹介したアルバムです
「ミスター シンガリン」
どスタンダードの「いそしぎ」収録
あの「ビリー ジョーのうた」も!




2018年06月15日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

クニさんもミスタールビーの指輪もワニのブガルでダンスダンスダンス

大阪のジャズ喫茶で当時はどうみられていたんでしょうなぁ
ルー ドナルドソンの「アリゲーター ブーガルー」
なんて思ったりする今日この頃でございます。


"Alligator Bogaloo" (bluenote)
Lou Donldson


ルー ドナルドソンがアーゴ/カデットから復帰したブルーノート後期
の代表作「アリゲーター ブーガルー」

何を一体今更
と言われるような一枚

その今更ながら行き当たったのは
「文壇」
野坂 昭如

を読んだからなのですが
実のところ別に野坂がアリゲーター ブーガルーに触れている箇所は
全くありません。

この本には彼が小説家として土台を築いていたころの
交友関係も綴られているのですが
その中に三保 敬太郎の名がありました。

三保 敬太郎について私が知っていることと言ったら
伝説のピアニスト守安 祥太郎に師事していたお金持ちのボンボンで
11PMの♪シャバダバ シャバダバー を作曲したレーサーと言ったところ。

実のところは全く彼の事を知らないに等しいので
少し気になって調べていたところで出くわしたのが
三保 敬太郎がリーダーとなって作成したレコード

「アリゲーター・ブーガルー」
ホワイトキックス


いやぁ日本のポップス界でルーおじさんの「アリゲーター・ブーガルー」が
カヴァーされていたとは!

ホワイトキックスっていうグループ名ですけれども
往年のオヤジギャグ 「白ける」ですかねぇ……

ジャケット写真からも確認できますがメンバーには
ルビーの指輪 寺尾聡が

私にとっては新鮮な驚きでしたが
GSを聴いている人たちにとっては
ごく常識の範囲であるかもしれません。

内容的にはルー ドナルドソンのソウルフルな演奏と言うよりは
ゴーゴーダンス用の音楽といってよいようで
エコーや効果音の使い方がちょっとサイケさを醸し出しています。

曲のエンディングで♪アリゲーター ブーガルー ってコーラスで終わり
11PMのシャバダバーのエンディングが思い起こされて
  オーオ 三保 敬太郎印が
なんて喜んだりしました。


でですねぇ
このアリゲーター ブーガルーですけれども
なんと同時期に他のグループでも共作されていまして

「アリゲーター・ブーガルー」
ザ・ハプニングス・フォー


実はこちらのヴァージョンの「アリゲーター・ブーガルー」のほうが
さらにヒットしたもよう


となれば今はもうドナルドソンの「アリゲーター・ブーガルー」なんて
マイナーなジャズファンに認知されるのみですが
当時は蕎麦屋のオカモチが口笛で吹くような大ヒットだったのかも?
なんて思ったりしたわけなんです。

で当時の大阪のジャズ喫茶 いや全国のジャズ喫茶では
「アリゲーター ブーガルー」の評価やいかに
なんて思ったんです。

私がジャズ喫茶に足を運ぶようになった70年代の末期ぐらいと言うのは
もうバンバンジャズ喫茶がつぶれていたころでして
その中でも営業を続けているようなお店と言うのは硬派なお店が
多勢を占めていました。

なかんずくこのような軟派路線の後期ルー ドナルドソンは
歯牙にもかけないと言った感じが濃厚でした。


星飛雄馬だってゴーゴー踊ってたぐらいなんだから
当時は大ヒットだったのか アリゲーターブーガルー????


うーん 明日はどっちだ



2018年06月11日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

もう一人のビル ヘンダーソン

この間はジャズヴォーカリストのビル ヘンダーソンの記事を書きました

Bill Henderson ウィリアム ヘンダーソン
アメリカにはごまんといそうな名前ですね。

田中 和夫ぐらいいそうな感じ。

あにはからんやと言うべきかジャズミュージシャンにも
もう一人ビル ヘンダーソンがいるんです。

このもう一人のビル ヘンダーソンですが基本的にはピアニストですが
歌も歌わないことはないというところもややこしいです。

私がこのビル ヘンダーソンにいきあたったのは

"Head on" (bluenote)
Bobby Hutcherson


ジャズ喫茶で聴いたのですが私がジャケットを手に取って
不思議そうにメンバーを確認していると
 「別人やで」
とマスターの声

そうかビル ヘンダーソンと言うピアニストがいるのだと知りました。


その後中古レコードを漁っていると

"Damisi" (mainstream)
Harold Jand



"The Real Electrifying Eddie Harris" (Mutt & Jeff)
Eddie Harris


などと幾枚かの購入レコードにビル ヘンダーソンの名前を
見かけるようになりました。


新譜としては

"Heart Is a Melody" (Theresa)
Pharoah Sanders


ファラオ サンダースの作品にちょくちょく彼の名前を見つけるようになり
ビルと ファラオの関係は現在も同メンバーとして継続しているようです。


このピアニストのビル ヘンダーソン
表立った活動が1970年以降という事になるので
ある程度広くジャズを聴いてきた人でないとノーマークかもしれません。

生年が1945年であるというと同年代で有名なピアニストでは
先ずキース ジャレット。

それからジョージ ケイブルズにモンティ アレキサンダー
ケニー バロンといったところ。

キース ジャレットはまず別格として
この世代ぐらいのピアニストとなると
ちょっとジャズを聴きますぐらいの人ではすぐに
  あのピアニストね
と代表作やスタイルを思い浮かべるのは難しいのではないでしょうか。


ビル ヘンダーソン上記のようなモーダルな演奏を得意とする
フロント陣のピアノとしてはやはりと言うべきか
マッコイ タイナー的な音遣いにハービー ハンコックが
垣間見えるというような演奏です。


彼のリーダー作はディスコグラフィーを調べると
ソロ演奏があるようなんですが店先はもちろん
ネット上でも実物は発見できません。

私の持っているアルバムの中では
彼のピアノトリオの演奏が

"3/4 FOR PEACE" (red)
Billy Higgins

このビリー ヒギンズのリーダー作で聴くことができます。

この作品は1994年のリリースアルバムです。

相変わらずマッコイ~ハービーといった演奏も聴かれるのですが
バラードではビル エヴァンズの影響が確認できます。

バッパーとしての直截な影響を受けた
演奏振りはあまり感じられません。

この年代生まれのピアニストはケイブルズやバロンにしろ
自己の音楽スタイルを確立するのに苦労をしていますが
ビルもまた年月を経てなんとか自身のスタイルを持ったのでしょう。


彼も今年で74歳になるわけですが
代表作となるようなピアノトリオ作品でも出してくれれば
もう少し認知が上がるというものですが……

なかなかに魅力的なピアニストなので
少しは皆さん聴いていただければなぁ
と思う今日この頃でございます。



この記事で紹介したアルバムです
3/4 FOR PEACE





2018年06月08日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

やっぱり面白いぞマイク メルヴォイン

前回に引き続きマイク メルヴォインについてもう少し

マイク メルヴォインについてもう少し知りたいなぁと思い
ディスコグラフィーを当たって見つけた初リーダー作品が
mel1.jpg
"Keys To Your Mind" (liberty)
Mike Melvoin


調べてみるとアマゾンでは取り扱いが無く
これまで日本盤の発売はなかったアルバムのようです。

聴いてみますとジャズの作品とはちょっと言えず
歌の無い歌謡曲集のようなアルバムです。

私は収録曲の中で使われているエレクトーンに似た
キーボードの音に耳をそばだてさせられました。
  あっ もしかしてあれか?

私が思い当たったのはカイ ウィンディングのヒット曲
「モア」でした。

"Jazzplus: Soul Surfin’ + Mondo Cane #2” (verve)
kai winding


モアと言うのは世界残酷物語物語のテーマにつけられた曲名で
そもそもの映画タイトル"Mondo Cane"の主題曲の事です。

スクリーンミュージックとして大変に有名なので
聴けばあの曲かと思い当たると思います。

さてこのモアの演奏で冒頭奏でられる主旋律に使われているのが
オンディオリンという珍しいキーボードです。
(モアにはたくさんのヴァージョンがありますがカイのものですよ)

このオンディオリンと言う楽器ですがフランスで発明された
今のシンセサイザーにつながる祖先の一つと言えます。

結局のところ一般に普及するには至らずに
今や幻の楽器となっています。


なぜ私がこんなことを知っているかと言いますと
その昔にリック ウェイクマンやエドガー フローゼ、クラウス シュルツ
キース エマーソンなどと言ったプログレのキーボード奏者が使用する
キーボード群に興味を持ったことに始まるのですが
これ以上の話はまた大変長くなるので割愛。


このオンディオリンと言う楽器ですが映画のSEなどとしては聴けても
あまりアルバムに収められていないのでこのメルヴォインのアルバムに
狂喜した次第    おほほほほほほほほほほほ

面白いぞ マイク


このアルバムの感動も冷めやらないうちに聞いたのが
全米ではそこそこヒットしたもようのアルバム
mel2.jpg
"The Plastic Cow Goes Moooooog" (dot)
Mike Melvoin


これまたアマゾンの取り扱いはなく廃盤のようです。

ハイこのアルバムにはすでにMoooooogの文字が!
そう かの近代シンセサイザーの生みの親モーグ博士の名前。
  私の高校生の頃はムーグと言っていました

ドクター モーグの名前にドキドキしながら聴いてみると
まごうこと無きモジュラーシンセサイザーであった頃の
モーグの音が……   

このアルバムの制作時期の1969年と言えば
我らが冨田 勲の「月の光」に先立つこと五年
まさにモーグ シンセサイザ-の黎明期。

マイク メルヴォインの作り出したモーグの音色は
直線的ではあれども後にモーグのタペストリーと呼ばれた
冨田の音遣いにも負けぬほどの独創性が
  (ちょっと褒めすぎたか)

ちなみにタイトルにあるプラスティックの牛とは
マイク メルヴォインの別名のよう


わははははははははははははははははは
すごいぞ マイク メルヴォイン

すっかりうれしくなったわたくしSonnyでございました。

 (誰が興味あんねん©ヤナギブソン)






2018年06月06日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0

マイク メルヴォインと言うピアニスト

前々回の記事でビル ヘンダーソンをについて書いた時に彼の聴ける作品として

"The Capitol Sessions" (naim)
を紹介したのですがこの作品はベースのチャーリー ヘイデンと
ピアノのマイク メルヴォインのデュオにビルがゲスト参加したものでした。

さてこのマイク メルヴォインと言う多分あまり知られることのないピアニストですが
前回の記事に紹介したヴィージェイのルロイ ヴィネガーの作品

"JAZZ'S GREAT WALKER" (veejay)
leroy vinnegar

のピアノトリオアルバムに参加しています。

これらのアルバムを聴いていただければ了解していただけると思いますが
メルヴォインと言うピアノはなんとも不思議なピアニストです。

私が持っている彼の主役アルバムはこの二枚のみです。

白いと言えば当然白いのですがメロディーの歌わせ方が自然で
淡い味わいのピアニストです。

ガーランドやケリーなどのノリの良さで聴かせるピアノではないので
物足りなく感じる人もいらっしゃると思います。

ただ楽曲のつかまえかたが的確で無駄のない音使いに
惹かれれます。

歌伴のピアニストのような感じだなぁと思って調べると
やはりと言うか歌伴やスタジオセッションのミュージシャンとして
著名な方でした。


歌伴としてはフランク シナトラやナタリー コールなどと
録音を残しています。

多分そのシナトラの縁から作成された作品

"It's Always You" (City Light)
mike melvoin

ではグラミーのBest Jazz Instrumental Soloを2003年に受賞しています。

私はちいーとも知りませんでした。

で 多分聴いたことが無いと言う人はいないであろう
リトル マイケルの歌声が耳に残る

"ABC"
Jackson 5


でのキーボードはマイク メルヴォインでした。

おほほほほほほほほほ
面白いぞ  マイク メルヴォイン






2018年06月03日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0