JAZZ1000回問われた私への質問 6

img024.jpg

S誌の推薦盤って本当にいいのですか

 ジャズを聴く方を対象とした月刊誌は現在ほぼS誌のみになっています。さてそのS誌が毎月推薦盤を掲載しているのですが、その推薦盤を購入してもあまり面白くなかったと言う声をちらほら聞きます。そして発せられるのが冒頭にも記した「S誌の推薦盤って本当にいいのですか」と言う質問です。
 何度も繰り返して言うのですが私は自分が楽しむ為にジャズを聴くものだと信じていますので、他人様の評価など気にする必要はないというのが本音です。しかしながらジャズを聴き始めた方や、自分の耳に対していまひとつ自信の持てない方にとってはこれは深刻な問題のようです。
 個人的には雑誌に掲載された推薦盤あるいはアルバムの評論というのは、ほとんど信用するには足りない物だと思っています。その理由は全く簡単なことです。雑誌には広告が掲載されその雑誌の存続にはそれらによる収入が充てられているからです。
 雑誌の裏表紙や見返し、グラビアページ、折込と言った広告価値の高い部分への広告の掲載には、掲載の回数や広告代理店の契約などにより違いはありますが数十万から数百万もの費用が必要です。それほどの大金を支払ってくれている顧客の商品に対して、適切な評価が出来るとは到底思えません。

 提灯記事に惑わされる前にこれらの事をちょっと考えてみてください。

 雑誌に広告が掲載されたアルバムが推薦盤として選出されているのではありませんか。
 そしてそのアルバムが売り上げのランキング上位を占めているのではありませんか。
 日本盤として発売される事の無い海外盤が推薦盤に選出されることがありますか。
 
 これらのことを確認してしまえば、S誌の推薦盤が何ほどの意味をもつかは理解してもらえたと思います。程度の差こそあれお金を貰って文章を書いている人物の評論などは信用するには足りないと思います。あちこちで拝見する中立な方の書いた、ネット上のブログ記事の方が得るものが多いと思っています。

 こんな事は公然の事実だと思っていましたが、実はつい数日前にもこの質問をまじめなジャズファンの方から受けました。いったい何度この質問を繰り返されたことでしょうか。これですっきりとしました。これからはブログを見てねですみますからね。そうはイカの姿焼きですかね。

2006年11月07日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:7

音楽雑誌って以前は随分熱心に読んでましたが、今は、全然ですね。
一応、惰性で買っているのが一誌(S誌じゃないです)ありますが、こんなのが出てるんだ、と確認する程度で、Sonnyさんがおっしゃる通り、個人でやっているブログの方が得るものが多いです。
意識はしてませんでしたが、広告うんぬんというのと決して無関係ではないような気がします。

2006年11月07日 piouhgd URL 編集

 piouhgdさん、コメントありがとう御座います。
 結構広告と記事の関係については気が付かない方もいらっしゃるみたいですね。アルバムに限らずオーディオ製品などもこの関係があてはまるように思います。広告量と受賞作の関係式を作成してみると面白い物ができると思うのですが、どなたかやってみてはいただけないでしょうかね。
 ブログにもアフェリエイトを目的にしているものや、無自覚に評論家の受け売りに終始している物もあり玉石混交だとは思います。しかし、piouhgdさんやfalsoさんのように自身の感性に従ったブログからは多くのものを得ています。
 これからもよろしくお願いします。

2006年11月07日 Sonny URL 編集

今回も興味深く拝見しました.
広告量と受賞作と売り上げランキングの相関は興味深いものがありますね.広告マーケティング分野ではまさに力を入れたい関心事でしょう.広告量とその雑誌の広告力・評論家の影響力をどう数値化するかが問題でしょうが.この辺の戦略としては評論家へのオヒネリがモノを言う世界なのかもしれませんね.
またポップスなどは聴いてから欲しくなることが多いですが,ジャズは推薦版を始めアルバムの出演アーティスト・エンジニアなどから芋ずる式に欲しくなるソフトが増えます.(※私は前者が圧倒的に多いですが・・)それ以外にも無意識的に広告に洗脳され買っているものが多いのかも知れません.推薦版を買う心理としてジャズの解釈を評論家のそれと重ね合わせれる安心感も一役買っているのかもしれません.「これが『ブルージー』なのか・・」とか「ああ,これが『アーシー』なんだ・・」とか

今も心に響きます.
「焦りは禁物」

2006年11月08日 スギウラ URL 編集

 杉浦君、こんにちは。
 経済のプロの杉浦君のことですから、この辺のからくりはとうに気付いていたのでしょうね。数式にするのはお手の物でしょうから一度やってみてくださいな。
 暇があったらよろしく。でも難解な関数なぞは使わないでください。出来上がった結果が単純な等比例やったら爆笑もんですね。

2006年11月09日 Sonny URL 編集

厳密にはブログでどれくらい紹介されているかなどの逆検索をかけたりしなくてはいけないですが「SJ誌だけのカラー宣伝・モノクロ宣伝・評論家の推薦」に対して「売り上げ」がいかほどかを測ることはできると思います.研究が一段落したら趣味でやってみたいです.
当然数理的にも攻めたいですし,近似関数が面白いものになればなおいいですね.仰るように単純に比例していたなんて結果がでたら,論文書けそうです.

2006年11月09日 スギウラ URL 編集

こんにちわ。
コメントの部分に私の名前を見つけてビックリしています。一瞬鳥肌が立ちました。
今、自分のBlogに戻って、少し前までのものをパラパラとですが、読み直していました(笑)。
人に褒められるようなBlogだなんて、一度も考えた事が無かったのです。
随分気分屋でその場限りの感情的な書き方しか出来ませんが、ちゃんと読んでくれる方がいるんだという事も忘れずにいたいと思います。
Sonnyさんの暖かい目に感謝します。

2006年11月23日 falso URL 編集

 falsoさん、こんにちは。
 又ブログをほったらかしにしてカメレスですみません。
 記事やコメントにあることは私の偽らざる本心です。専門誌の評論よりfalsoさんのブログの方がよっぽど役に立っています。
 ずっと自分自身の感性と経験によって音楽を楽しみ、おしはかっています。しかしながら、この方法では自分自身の感性の硬直に気付かなくなってしまうことがあります。
 そこで、音楽を楽しみとしていらっしゃる方々の感想がとても役に立ちます。
 これからも素直な感性によるブログを楽しみにしています。

2006年11月25日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する