良いときには良いと言います



 前回、S誌の推薦盤について否定的な記事を書きました。12月の推薦盤を見てみるとトミー フラナガンの「セロニカ」が挙げられていました。
 これは一言記事にしておく必要があるなと感じたので取り上げました。何故なら、トミー フラナガンの作品から推薦盤を乞われたときには「セロニカ」を挙げるのを常としているからです。
 トミー フラナガンのリーダー作からの一枚と言うことになるとたいていの場合「オーバー シーズ」と記されていることだと思います。しかし、個人的にはその説にはくみしたくありません。それは「オーバー シーズ」という作品がフラナガンにとってはかなりの異色作であると言えるからです。エルビンという重量級のドラムスを相手に「オーバーシーズ」でのフラナガンはいつになくアグレッシブに演奏を繰り広げています。一般的にはそこのところが評価されて彼の代表作として認識されているのだと思います。
 ところが、そのアグレッシブであるところがトミー フラナガンの個性を殺してしまっているように私には思えるのです。
 それでは私の考えるトミー フラナガンの特質とは何であるのか。それは、曲の解釈の確かさにあると思います。フラナガンは歌伴奏者として一流であると評価されています。いや、アメリカでは彼がソロ奏者であると言う認識の方が薄いと思われている節があります。
 「オーバー シーズ」以来のリーダー作を日本で制作しようとパブロのオーナーであったノーマン グランツに話を持ちかけたところ、グランツは「彼は歌伴奏者だ。なぜリーダー作を作ろうとするんだい」といぶかったと言います。
 又、「名盤の蔭にフラナガンあり。」と言われ「サキソフォン コロッサス」や「ジャイアント ステップス」と言った数々の名盤にその名を連ねています。
 これらのことはフラナガンの曲を解釈する力の確かさを証明することになっていることと思います。
 さて、ここに挙げた「セロニカ」はトミー フラナガンの理解するセロニアス モンクを余すことなく披瀝した名盤であると思っています。モンクの優美さを描き出すことを、これほど上手く表現した作品は他にはちょっとないのではないのかなと思っています。
 例によってS誌は今回日本で再発されることになった「セロニカ」を広告と共に推薦したと言うことだと思います。前回述べたとおり、この広告が価格の高いグラビアページに掲載されているのも面白いことだと思います。
 しかし、それはそれ。トミー フラナガンの代表作として「セロニカ」を私から推薦しておきます。


 わたしはこのアルバムをアナログ盤で所有しているのですが、ジャケットのサイズではスキャナーで画像を採取することが出来ず困っていました。すると、親切な古谷君がアマゾンのアフェリエイトでブログに掲載する方法を教えてくれました。ありがとう古谷君。
 しかし、アマゾンで扱っていない作品をブログの記事にしなくなるということはありませんのでご心配なく。
 でもどうやったら、ジャケット写真をセンタリングできるんですかね。htmlなぞ良く分からないので、こんな風です(笑)。


2006年11月26日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:3

こんにちわ。
まずは取り急ぎ、センターに合わせたい文章の頭に <center>と、入れます。そしてセンターに合わせたい文章の終わりに</center>と入れます。
例えば
<center>センターにしたい</center>
のような感じです。
実際に使う時には[<]は[<]にして下さい。

フラナガンのイメージは『控えめだけどセンスが良い』って感じかな。何か一緒に演奏する人や聞く側に無理強いするような感じがしません。最近あまり気をつけて聞いていないので、『私の中のイメージ』というだけですが。

2006年11月27日 falso URL 編集

 falsoさん、ありがとうございました。
 ご覧のとおりセンタリングすることが出来ました。ものぐさものなので、このブログに用意してある機能もほとんど使用できていないありさまです。助かりました。
 これを機会に少しばかり勉強してみようかなと思います。…… 嘘かもしれません。

2006年11月28日 Sonny URL 編集

大きいこうさぎとか広いこうさぎとかこうさぎなどをBLOGしなかったよ。


2006年12月08日 BlogPetのsilver URL 編集












管理者にだけ公開する