りんごは皮がおいしい



スイングジャーナル誌の年頭の表紙について苦言らしい物を今年の初めにブログの記事にしました。
2006年01月10日記事

そのときの記事の内容ではジャズの懐メロ化に対する警鐘のような文となっていて、これから言うことと相反するではないのかとも思うのですがお許しください。(この記事のfalsoさんとのコメントのやり取りを確認して我ながらええこというなと思いました(笑))

さて来年の一月号スイングジャーナル誌の表紙はなんとソニー ロリンズでした。多分表紙に登場するミュージシャンの中で一番多いのではないでしょうか。

このロリンズ翁、嬉しいことに新年早々に新譜が登場します。実は発売日が当初より遅くなって、来年の頭になったのですが発売がかなり待ち遠しいです。

前回の最後の来日コンサートのあとにその余勢をかって同じメンバーで録音を行ったようです。コンサートがかなりの好調だったのでこのアルバムも期待が持てるのではないかと思います。



あれれアマゾンにジャケットの写真がないじゃん、意味ないじゃん
ほっとくと写真出るようになるんですかね。


スイングジャーナルを買ってもぜんぜん読まずに積んでおくだけの私ですが、実は新年号だけは精読する箇所があるんです。

それは付録のコンプリートデータブックです。

これには前年度に国内で出版されたアルバムが全部記載されています。またほんのごく一部ですが輸入盤ものっています。

これをじーっと眺めて、一年のうちで買い逃したアルバムはないかなとチェックしていくわけです。
 「おっとこんなアルバムが出ていたか」
 「おう、このアルバムにボーナストラックが」
なんて言いながらね。

ジャズのアルバムを長い間購入している人はご存知だと思いますが、ジャズのアルバムの出版期間と言うのはごく短いものです。

国内盤なんかは下手をすると半年前にでたばかりのアルバムがもうすでに手に入らないなんてこともあります。

版権の移動とか期間限定版とか理由は色々ですが、
「無くなる前にアルバムは買え」
と言う鉄則は新譜だろうが中古盤だろうが変わりません。

国内制作や海外盤のマイナーレーベルなんかは特に要注意です。

意外と名盤なんかは数年も待てば再版されるし、中古市場にもあふれているのであまり神経質になることはありません。

だから、ブルーノートなんかやマイルスのアルバムなどはそれほど気にしなくて良いわけです。


もうひとつこの年末の付録を毎年毎年集めていると、簡略なディスコグラフィとして使えます。ジャケットも記載されているので重宝します。

おまけに、スイングジャーナルのアルバムの評価が再版されるたびにころころと変わると言うのも検証できます。

と言うわけで、私なんかはこの付録さえあれば、本体の雑誌は要らないくらいです。


なんて思っていたらね、

もう売れてしまって掲載されていないんですけれど
アマゾンのマーケットプレースにスイングジャーナルの新年号が早くも中古品で650円で売りに出されていたんです。

おーこれはなんじゃいな
とよく見てみると本体のみで付録なしだったわけです。

「おーっ、その手があったか」

私と同じ気持ちの御仁はやっぱりいらっしゃるもんですね。




2006年12月27日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:1 コメント:10

こんにちわ。
今年も色々と辛口の楽しいお話しを読ませていただきました。それぞれの人の好みや立場で聴き方や楽しみ方が違う事を随分教えていただきました。実際は、自分と同じ様な意見を読むと嬉しかったり(笑)。

ストレートな言い方をすると邦盤で1,000円は激安ではないかと思っています。とても嬉しい事は嬉しいのですが「これで契約解消、販売無し」なんて言われそうで心配になります(笑)。旧譜は1,380円~1,500円くらいで安定供給してもらえたら御の字だと思っています。新譜でも2,500円が限界かな。まぁワガママなのはわかっていますが(笑)。

付録のコンプリートデータブックの10年ちょい前くらいに利用していました。田舎で情報の無い人間にはとても便利なものでした。その頃は知り合いのお店がまだ現役で、アナログ時代の買い替えやあの頃買えなかったと言う言う思い出から、随分積極的にCDを買っていたのですが、枚数が増える毎に1枚1枚に対しての思い入れが落ちてきて、今は反省の時期に入っているような気がします。本当に音楽の聴き方が疎かになっているんです。積極的に買う事よりも積極的に聴く事に夢中になりたいと思っているのですが、『1,000円!』で、泡を吹くくらいですから(笑)、アホな収集欲が全くおさまった訳でもなく、見苦しい程度の適当な反省をしながら来年もノホホーンと音楽を聴き続けるのだと思います。煩悩の塊ですね(苦笑)。


来年もお付き合いしていただければ幸いです。今年はありがとうございました。

2006年12月28日 falso URL 編集

falsoさんコメントありがとうございます。

 私はやっぱり口が悪いのでしょうかね。歳ともに幾分丸くなってきたのではないかなと思っているんですが。困ったもんですね。
 昨今の廉価盤の発売ラッシュですが、もう数年もすれば50年代のジャズの名盤たちは版権が切れてしまい、自由販売になります。もちろん作曲や作詞の著作権についてはまだですが。
 そのために正規の国内版権を持っている各社があわてて売り逃げようと言う魂胆だと思います。
 私としてはクアドロマニアみたいにどんどんとお得なアルバムが出てくるのを期待しています。ブルーノート1500番台コンプリート4980円なんてね。
 falsoさんとは音楽に対する接し方も好みもだいぶとちがうようですが、音楽を楽しむ為に聴くという点で非常に近しいものを感じています。
 私の方こそありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

2006年12月29日 Sonny URL 編集

こんばんは。
ロリンズが表紙なのとデータ・ブック目当てで私も購入してしまいました。手元に残っているデータ・ブックが1998年のものなので、SJ誌を買うのは実に8年ぶりということになります(笑)。あれだけ単体で売ってくれると助かりますね(笑)
それに対して本誌のほうはなぜか読む気がしないんです。魅力的な記事が少ないんですよね。何を目的に編集しているのかが見えてこない、というか。「jazzyell」や「jazz today」のようなフリー・ペーパーの方が魅力的だと思いました。

2006年12月30日 rollins1581 URL 編集

こんにちは!

1月号の表紙についてのSonnyさんの年頭コメントは、賛同する方が多いのではないでしょうか。私は、毎年、楽しみにしている、と自分のブログで書きましたが、「期待している」が正確ですかね。SJ誌は、1月号に限らず、ビッグネーム中心でほぼ表紙を回していますから、その点は、販売戦略上、厳しいところもあるのだろうと同情してしまうところもあります。

ここ数年特に、ゴールドディスクの選定も、???という傾向が強まってきましたし…。

私もコンプリートデータブックは熟読します。jazzlifeの一覧に割り切った付録も嫌いではありません。




2006年12月30日 しゅう URL 編集

rollins1581さん、こんにちは。

ロリンズの新譜はどうでしたか。レビュー楽しみにしています。
どうして、本誌に魅力がないかですが、簡単な理由によるものだと思います。
 1. 単なる提灯記事ばかりだから
 2. 音楽を楽しむ心が欠如しているから
 3. 要は金儲けに過ぎない雑誌だから
あんまり書くとまたfalsoさんに辛口だと言われるのでこの辺にしておきます(笑)。

rollins1581さんがあげていらっしゃるフリーペーパーですが、掲載されているアルバムとそのフリーペーパーの発行元を確認してみてください。少しばかり見えてくる事情もあります。ただほど怖い物も無いってね。これもあまり言うと業界から抹殺されるのでこのへんにしておきます。

rollins1581さんにもこの一年お世話になりました。また来年もよろしくお付き合いください。

2006年12月30日 Sonny URL 編集

しゅうさん、こんにちは。

S誌の推薦盤に関しては"JAZZ1000回問われた私への質問 6 (11/07)" で記事にしましたのでご覧下さいませ。

「なんだか大の大人がほんの付録に夢中になっているというのもなぁ」
とか思いながらもページを繰っています。ほとんど病気みたいなものです(笑)

しゅうさんとはまだお会いしたばかりですが、年季のはいったアルバムの紹介ぶりを嬉しく拝見しています。私ももっと頻繁にブログを更新しないとね。

これからもよろしくお願いいたします。 







2006年12月30日 Sonny URL 編集

Sonnyさん

あえて、もう一度コメントをさせていただきます。

S誌の推薦盤に関する記事、拝読しそこねていました。失礼しました。

私が胸にためこんでいたことを、とても分かりやすい表現で、しかもスパッと書き切られていらっしゃいますね。参りました。

私もSonnyさんと同じく、ジャズを含めた音楽というものは、理屈や知識で語るものではなく、その人が聴いて心地よいもの、その時のなんらかの心の支えになるものであれば、それ以上の説明は必要ないと思っています。

私のほうこそ、Sonnyさんには、教えられるところ「大」です。
これからも刺激的で、しかも優しさあふれる記事を引き続き期待しておりますので、
どうぞ、よろしくお願いします。

2006年12月30日 しゅう URL 編集

ロリンズの新譜のレビュー、書いてみました。
http://rollins1581.blog18.fc2.com/blog-entry-109.html
新譜、私は大好きです。よろしければお立ち寄りください。

「ただほど怖いものはない」というのにはなぜか気付きませんでした。無料で情報が手に入るなんて便利だな、という単純な考えしかありませんでした(笑)。あまり情報に振り回されないよう気をつけます。

私のほうこそ、この一年お世話になりました。来年も宜しくお願いいたします!

2006年12月31日 rollins1581 URL 編集

しゅうさん、
記事をご拝読いただきありがとうございます。多分私が人の意見を聞かないへんこな人間なだけだとおもいます。
ただただ好きでジャズを聴き続けているとこうなりました。
人様と意見が合わず困ることも多々あります。
あきずによろしくお付き合いの程お願いします。

2006年12月31日 Sonny URL 編集

rollins1581さん、
早速これからレビューを拝見します。

2006年12月31日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/109-5b94caea

ソニー・ロリンズ新譜日本発売間近!

ソニー・プリーズソニー・ロリンズ ビクターエンタテインメント 2007-01-01売り上げランキング : 2175Amazonで詳しく見る by G-Tools ソニー・ロリンズの公式HP”http://www.sonnyrollins.com/”限定で6月30日から

2006年12月30日 My Groove Your Move