鶴澤清治 名人と呼ばれる人の音色




文楽「御所桜堀川夜討」 弁慶上使の段


ありがたいことに大阪に住んでいますと文楽を観に出かけることが割りと簡単に出来ます。東京などでは文楽公演のチケットを取るのは結構大変なようです。

大阪ではちょっと恥ずかしいことなのですが、たいていの場合当日に国立文楽劇場に足を運べばチケットは取ることが出来ます。また幕見といってひとつの出し物だけを見ることの出来る座席が用意されていて、千円台で世界遺産である文楽を気軽に楽しむことが出来ます。

実を言うと今回は、市川団十郎、坂田藤十郎の競演となる勧進帳を幕見で見ようとしたのですが、さすがの人気で幕見席が売り切れ観る事が叶いませんでした。

ならばということで次善策として用意してあった文楽はどうかと、劇場へと足を向けると、これはもう今までに見たことの無いような人だかりでロビーが埋まっていました。

さすがに正月のことであったのか文楽も人気が出てきたのか、多分その両方であったのでしょうかこの分では文楽も観る事が出来るのか心配になりました。

私が観てみたい(聴いてみたい)と思っていたのは文楽「御所桜堀川夜討」 弁慶上使の段 だったのですが、難なく券を取ることが出来ました。

当日の人気演目は人間国宝の住大夫さんがおでになる壷坂観音霊験記であったようで、人気薄だったのか幕見の席では一番いい席で観る事が出来ました。

弁慶上使の段というのは結構ハチャメチャな内容のストーリーで、弁慶には一夜限りの契りで出来た見たことも無い娘がいたと言う設定になっています。

その娘を一目見た途端に自分自身の手で殺してしまわなければならなくて、泣かない豪傑弁慶がおお泣きするという筋立てになっています。

またその母である一夜の契りを交わした母おわさが、親と一人の女性である自分の間を激しくうつろうと言う、なかなかダイナミックな演技が必要な役どころになっています。

一度はこのとても劇的な筋書きが、お人形と浄瑠璃でどう現実味を損なわず表現されるか観てみたかったのです。


前半、これと言ったこともなく納得しながら舞台上を見つめていました。後半になって義太夫が交代するのですが、これがこの舞台の一大事でした。

代わりっぱなにお三味線の「てーん」と言う音を聴いた途端、身の内がぶるっと震えました。

「なんや、この三味線の音は」

たった一音で私の耳は太棹の音色の虜になりました。全く迷いの感じられない屹立した音でした。

それからはもう、舞台上のお人形や大夫さんの語りはそっちのけで、演目の終わりまで三味線の音色につかまってしまいました。

文楽でこんな経験をしたのは初めてでした。


演目が終了した後に相方のリムスキーと、劇場のそばの行きつけの居酒屋へ行きました。彼女が開口一番「後から出てきたお三味線良かったねぇ」と。

やはりと言うべきか、何とと驚くべきか、彼女もお三味線の音色に心を奪われていたのでした。前半は良く寝てましたけれども。

あわてて劇場で買った番付を見て、かのお三味線の名を確認すると鶴澤清治とありました。

家に帰って、ちょっと調べてみると「芸の真髄シリーズ」第一回として5月には東京の国立劇場で鶴澤清治さんのお三味線にスポットをあてた公演があるようです。

さすがに東京までは聴きに行けないですねぇ。東京近辺にお住まいの方はお時間があればぜひどうぞ。


私もこれからは関西近辺の義太夫公演はがっちりチェックしたいと思います。

ますますジャズから遠ざかりますなぁ。





2007年01月30日 古典 文楽 トラックバック:1 コメント:6

三味線、いいですよね。私は最初、正統派とでもいうんでしょうか、高橋竹山から聴き始めて、(沖縄の三線にも惚れ込み)、先日のハンコックのライブに登場した「シャミセンボーイ」上妻宏光のCDも繰り返して聴いています。近くのショップでは、売り切れているのですが、人気なのでしょうか。「音楽は幅広く」。限定する必要はないですね。

2007年02月01日 しゅう URL 編集

しゅうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私も竹山さんの三味線は一時よく聞きました。竹山さんは津軽の唄と共にある三味線を根っこに持ちながら、三味線一挺で独自の世界を作り出したイノベーターだと思います。そういう意味では正統派ではなく革新で有ったのだと理解しています。
サンシンも大好きですが、サンシンの場合は唄と共にあるものだと思います。サンシンの名人と謳われる登川誠仁でさえもその点は変わらないと思います。
私は古典好きなので、常磐津、清元、新内、長唄など何であってもお三味線はいいなぁと感じます。
個人的にはロックやジャズで使われるお三味線はもうひとつピンとくるものがありません。
たぶん、それらのジャンルに三味線がアダプトするにはもう少し時間が必要な気がします。

2007年02月02日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。
高橋竹山がイノベーターという解釈は確かにそうかもしれませんね。私は「革新」という意味を取り違えているのかもしれません。竹山は、不幸な生い立ちの中で、生きる糧として三味線を始め、結果として旅に出ることで、それを全国へと広めていきました。その過程の中で、芸術へと昇華していったのだと思いますが、私自身は、竹山が、どこまで芸術を意識していたのか、疑問に思う点があります。
むしろ、津軽で培われたとても泥臭い津軽三味線を収斂していったのではないか、と。
かつて、福岡を中心に津軽三味線の普及を続けている鹿野永勝さんという方の活動を追い続けたことがあります。太棹から放たれる力強い、じょんがらは、同じじょんがらでも、確かに「鹿野流」なのですね。
私も学生時代に詩吟(変わり者でしょうか?)のサークルに入っていたことがあるのですが、和楽の場合、「流派」という枠組みも重んじられます。
その意味では、確かに「正統派」はないのかもしれません。ただ、私は、地に根付いた泥臭い音楽を伝承、拡大した、という意味で、竹山をやはり「正統派」と受け止めてしまいます。
沖縄の三線もそうです。名人登川誠仁はアルバム「HOWLING WOLF」でドラムスとエレキギターを採り入れ、軍歌「露営の歌」の替え歌を、さりげなく歌い上げています。
歴史を考えると、とてもシニカルですね。それでも沖縄の人たちは、物のない時代、缶カラでつくった「カンカラ三線」(最近は土産物として売ってますが)を使ってでも、自分たちの音楽を楽しみ、それが変化を遂げることも、文化のひとつとして受け入れたのではないでしょうか。
逆に、「古典」といわれる雅楽が、「守る」という姿勢=伝統的といえるのかどうか、腑に落ちない点があります。
アダプトに関しては、主観もあり、私自身も、安易にくっつけばよいとは、決して思っておりません。
ただ、登川にしても、知名定男、喜名昌吉、初代ネーネーズにしても、そこにどれだけの抵抗を感じるかは、わかりません。
不勉強な私が、いろいろと生意気を言って、申し訳ありません。
コメントに対して、とても誠意を持って回答してくださるSonnyさんには、いつも感謝しております。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

2007年02月04日 しゅう URL 編集

しゅうさん、こんにちは。

私の言葉が足りずに余計なご心配をおかけしたようで申し訳ありません。
竹山さんを革新と呼ぶのは「本来歌伴として存在した三味線を、インストゥルメンタルだけの音楽へと変えた」と言う意味においてです。
竹山さんの音楽が津軽の伝統を持たず木の股から生まれたように言ったものではありません。
もう少し丁寧に記述すべきでした。
以降の文章もその流れによって記しました。
サンシンも含め日本の三味線音楽は明治維新をむかえるまでは伴奏楽器としての役割を果たしていました。
楽器のみの独奏及び合奏はそれ以降の近代にいたり行われるようになった物です。いわゆる古典芸能に見られるようになったのはほんの最近だと言うことですね。
古典芸能というのも不動であるだけではなく変わっていく物だと言う証明でもあるでしょう。
そういった意味でもう一度コメントを読み返していただくと意図が明確になるかと思います。

しかしながら、しゅうさんが詩吟をおやりになるというのはかなり驚きました。色々と引き出しを多くお持ちのようでブログを楽しみに致しております。

2007年02月05日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんにちは。

私の解釈が誤っており、何度も説明をしていただくこととなってしまい、誠に申し訳ありませんでした。
自分自身の理解力のなさを知り、長々とコメントを書き連ねたことをつくづく恥ずかしく思います。
おっしゃっているイノベーターの意味が、よくわかりました。
認識不足のコメントに対して、ご丁寧に回答いただき、ありがとうございます。

2007年02月05日 しゅう URL 編集

しゅうさん

混乱させて申し訳ありませんでした。
いつまでたっても日本語が上手くならずに困ったもんです。
これかろもよろしくお付き合いください。

2007年02月05日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/118-060ce7a8

-

管理人の承認後に表示されます

2007年02月14日