ちあきなおみのビリー ホリディ




ちあきなおみについては折にふれ気にかけていました。中古レコード屋さんを巡っている時にたまに見かけるちあきなおみのレコードは結構な値がついていて購入する機会がありませんでした。やっぱりジャズのレコードが本命でして。

「四つのお願い」を聞いたのはまだ子供の頃でしたから、彼女の歌がどれほどのものであるかは当時は分かるはずもありませんでした。

けれども今の歌謡番組に現れる新人歌手などとは違って、ぐっと大人びた風情の歌手でした。まぁ、そういう時代であったとも言えるでしょう。

彼女が「喝采」を唄ったころには少し大きくなっていたので、おやおやなんとも心魅かれる歌だなぁと感じ入ってました。ですが、わざわざちあきなおみのレコードを買ってまで聴くと言うほどではありませんでした。その頃は変態ロックに心を奪われていた頃だと思います。

その後ちあきなおみについて目にしたり耳にしたりするのはテレビのCM(タンスにゴン)で話題になった87年頃のことでした。喝采のヒットの頃からこの頃までの間が開いているのは彼女が休業していたと言う理由よりも、私が学生及びサラリーマンとしての多忙な時期でほとんどテレビ番組を見ていなかったせいだと思います。やはり音楽に関してはジャズに夢中になっていたということもあります。

後先はよく覚えていませんが、同じくテレビのコーヒーのCMでの歌声にも耳をそばだてさせられました。そしてその後、行くことは叶わなかったのですが、ちあきなおみがビリーホリディの生涯を舞台で演じるということを知りますます気にはなっていました。

とはいってもまたもやレコードを買うわけではなく、サラリーマンの忙しさの中で、その思いは埋没していったのでした。

先日、「たけしの誰でもピカソ」と言う番組でちあきなおみ特集があるというので録画をしつつ見ました。彼女が「朝日のあたる家」を日本語の歌詞をつけてうたっていたのですが、その歌に惹きつけられおもわず「うむ…」と唸ってしまいました。

彼女がこんなに上手く滋味深い歌い手だったとは。声量のコントロールやピッチの確かさ、リズムに対する後ノリ.前ノリ自由自在。その上に謳い、語り、ささやき、自嘲し、挑発する。

全く素晴しい歌い手です。日本語の歌詞では外国の曲は歌えないなぞと寝言を言う暇があったら、ちあきなおみを聴けといいたいような説得力が有る詩。
 
彼女の映像は四つのお願いを唄っていたころから、88年89年と言った成長を重ねた時期までにわたっていました。最初から素晴しい歌い手でしたがやはり80年代終わりの映像の円熟した姿と歌に大きな感動を覚えました。

それからこの録画した映像を何度くりかえしみたことか。
 
これぐらいの表現力と個性、魅力を兼ね備えた歌手は残念ながら現在の日本のジャズ界には見当たらないのではないかと思います。アメリカでもすぐに思い浮かぶのはカサンドラ ウィルソンぐらいのものですね。いやぁ、彼女の演じるビリー ホリディはいかばかりだったのでしょうか。

私は、彼女の復帰のための請願書があるなら即座に署名する所存であります。

「ちあきなおみ、カムバック~!」




ふと百恵ちゃんはどうしているのかなと思う今日でした。



この記事で紹介のあるばむです
ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家


2007年02月23日 レコード トラックバック:1 コメント:6

Blogを訪問していただきありがとうございました。
ちあきなおみさんの記事をトラックバックさせていただきました。
にしても、ちあきさん。ほんとうにカムバックしてくれないものでしょうか。リアルタイムでちあきさんを見た者としては、また生のちあきさんを見てみたい願うばかりです。

2007年02月24日 le_gitan URL 編集

le_gitanさん、こんにちは。

TBいただきありがとうございました。ちあきなおみさんのビリーホリディはどんな具合だってのか本当に気になりますね。明るいジャズは私には似合わないとの趣旨の発言を彼女はしていたようです。なおさら、ビリーホリディならどうなのかという気分にさせられます。

2007年02月25日 Sonny URL 編集

こんばんは。懲りずにコメントさせてもらいます。ちあきなおみ、私も「四つのお願い」を子供のころにテレビで繰り返し聴いた覚えがあります。
大人になってからは「赤とんぼ」ですかね。やられました。
あ、それからメルマガ、楽しく拝読しております。

2007年02月27日 しゅう URL 編集

Sonny様

ブログへのコメントありがとうございます。

ブログを書いていていつも思うのですが、見ず知らずの私に真剣なメッセージを送って下さる方が本当にたくさんいらっしゃる事に、大変感謝をしております。

Sonny様のおっしゃるように、テーブル席が存在する時点である程度の騒がしさは仕方がない事なのかもしれないですね。

ただ、BARという明らかに居酒屋とは異なる空間で、静かに酒を楽しむ人間が周りにいる事を分かっていながら、宴会のように大声を出して飲むというのはやはり考えものです。

店側からは「楽しくお飲みいただけて大変結構なのですが、他のお客様もいらっしゃいますので少々お声を落としていただけますでしょうか?」と、できるだけやわらかくお伝えするのですが、なかなかこれが難しいんですよね。

自分が店を出す時に、テーブル席を設けるかどうか、未だ決めかねています。

色んな方のご意見を参考にさせていただき、自分が本当にやりたいBARのスタイルを考えた上で、慎重に決めていきたいと考えています。

貴重なご意見、本当にありがとうございました。

ブログの方もまた拝見させていただきたいと思います。

Bargin

2007年02月27日 Bargin URL 編集

しゅうさん、こんにちは。

「赤とんぼ」もいいですねぇ。ジャンルとしては演歌ということでしょうが、ちあきなおみの語り口はシャンソンのそれを思わせますね。
私の中ではちょっとしたちあきなおみブームです。日本の歌手の中では大城 美佐子さん以来の大当たりと言う気がしています。
メルマガのご拝読誠にありがとうございます。また返信くださると嬉しく思います。不定期ですがマイペースで続けます。

2007年02月27日 Sonny URL 編集

Barginさん、こんにちは。

いきなりのコメントで少々面喰らわれたかもしれません。若い方を見ると何か一言おせっかいをやくのは年のせいかなと自嘲しています。
テーブルの件ですがシンプルに自分自身に問われてはどうかと思います。
「テーブルを設置するのにお金儲け以外の理由は有るのか」
「お客さんにとってはそのテーブル席はどんな意味を持つだろうか」
その上でお決めになればいいと思います。お店は経営者が作るものですが、その中身はお客様によって維持されるのだと考えます。
さかしらにもコメントしました。
良いお店が出来上がるといいですね。
こちらからもまたブログにお伺いします。

2007年02月27日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/123-a2dd45a6

ちあきなおみと“ビリー・ホリディ”

 先日、誰ピカで見て以来気になって仕方がないちあきなおみさんについてこんな記事を発見しましたので(笑)、興味のある方はどうぞ。  『ちあきなおみのビリー ホリディ』 まさかちあきさんがビリー・ホリディを

2007年02月24日 Gitanの趣味