今年も桜が咲きました

20070403190651.jpg


メルマガの方では少しばかり書いたのですが、この間の土曜日に近所の大川べりでお花見をしました。

いい年をした大人が揃いもそろって正体も無く酔っ払ってしまいました。


毎年、毎年桜の季節が来るとわくわくします。

子供の頃にはそんな気持ちにはならなかったように記憶しています。多分大学生のころから桜に対する気持ちが変わったように思います。

サラリーマンであったころには桜が咲いていようがいまいが、全く関知することなど出来ぬ時期もありました。


この十年くらいは桜の咲く季節がみょうに待ち遠しく思えます。

古来、日本での第一の花とは梅であったそうです。平安時代に桜が中国から伝来し日本人が最も愛する花になったとも聞きます。もっとも梅も中国伝来の花であるそうですが。

こんなに桜が愛されるようになったのはあの忌まわしい戦争のせいであったとも聞きます。「咲いた花なら……」   それまではここまで桜を愛されることは無かったとも聞きます。


そんなことは全く関係なしにいつのころから私は桜の咲くのを心待ちにするようになりました。

去年と同じ桜を見に行っても微妙に毎年花の具合が異なります。幼木は明らかに大きくなり、古木はそれとは判然としなくとも趣が変わったように感じます。


春とて、毎年同じではなく今年の桜は今年限りのものでしょう。私もずーーっと桜を見に行けるわけも無く、たまさか見に行ったその桜の盛りや散りぎわに出会っているのでしょう。

その桜をみている私も去年の私では無いわけで。



この間見た桜はまだ五分咲きといったかんじでしたが、はらはらととめども無く花びらの舞う散りぎわも好きです。

石橋物のうたいにあるように散る桜を見ていると、いつしか散っているのは桜か私か混沌とした中にポツリと身が置かれます。

ただただ酩酊しているだけかもしれません。



その一時ばかりの桜について、フリー系のジャズメンたちが演奏のテーマとするのもうなずけるきがします。


今週末もおてんきにめぐまれれば降りしきる花びらの中へと出かけようと思います。

散るのはわが身か桜の花か

2007年04月04日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:4

Sonnyさん、こんばんは。

当地もやっと桜が満開となりました。
先日の旅行では東北はまだまだ雪が降り、北陸でわずかに咲いているのを確認し、長野では三分咲きぐらい、そして帰りに通ったルートの米原→東京は満開の桜を車窓から楽しむことが出来ました。

しょぼい話で大変恐縮ですが、桜を見ていると「あと何回こうやって見ることが出来るかなぁ」等とアホなことを本気で考えてしまいます。年を重ねると今まで気にもしなかった余計なことを考えるのでイヤになります。

近くに桜の名所があるので散る前に満喫しようと思っています。

2007年04月05日 ぬどい URL 編集

ぬどいさん、こんばんは。

いろんな桜を見ながら旅が出来て本当に良かったですね。
桜前線を追って旅をしながら桜を見物すると2ヶ月近く遊べるそうですね。
金も暇もありませんがいつかは一度やってみたいです。


<「あと何回こうやって見ることが出来るかなぁ」

しょぼい話どころではなく私も少しはそう思えるようになりました。
「明日ありと思う心のあだ桜……」と親鸞聖人は九つでお詠みになったそうですが、私もやっとこさこの年で少しはそう思えるようになりました。

2007年04月06日 Sonny URL 編集

こんにちわ。
私の住んでいる所には桜が沢山有ります。ここから山へ入って行くと、少しづつ時期をずらして満開になって行きます。
私も桜に関係した文章が多いような気がしますが、そんな地域に住んでいるせいなのか、フリー系の音楽が好きなせいなのかは、自分ではわかりかねます(笑)。

2007年04月09日 falso URL 編集

falsoさん、こんにちは。

桜がたくさん咲いているところにお住まいとはいいですね。山に咲く桜なら長い期間楽しめますね。
ストーリーテリングというよりはその瞬間の極みを楽しむという部分で、フリージャズと煮ているかなあと勝手に思っています。

2007年04月10日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する