アンドリュー ヒルもまた



いつも楽しく拝見させていただいているぬどいさんのブログを見ていてアンドリュー ヒルがなくなったのを知りました。

日本では人気という面ではかなり低い人であったかもしれませんが、個人的には大好きなピアニストでした。個性的であるということでは広いジャズの世界でも有数のミュージシャンであったと思います。

ジャズ批評での2006年の個人的なベストアルバムには上記の"Time lines"を選出させていただきました。久々のブルーノートでの新作は70を過ぎても全く衰えることの無い快作で文句無くベストアルバムの名に値すると感じたからです。

しかしというか情けないというか、このアルバムもまた日本盤が発売されませんでした。東芝EMIもみる目が有りませんなぁ。ジャズに対する愛情に欠けているような気までしてきます。セックス ピストルズの歌でも歌いたい気持ちです。

かなり個性的ですが、かって損はしない快作です。私が太鼓判を押します。ただし、万人向きとは言いかねるのは事実です。頭の固い爺様には手ごわいと思います。大きく開かれたジャズ観をお持ちの方にお薦めします。

私はアンドリュー ヒルの音色と共にゆらゆらとゆれるタイム感覚がたまらなく好きです。一人でも多くの方が彼の魅力を感じてくれたらなと思います。

話は少し古くなりますが、日本で第一回目のブルーノートジャズフェスティバルが開かれた際にアルフレッド ライオンが是非にとアンドリューを連れてきたのには大いに驚きました。

しばらく考えてモンクのユニークなタイム感覚を愛したライオンだからなぁ、と、一人納得したものでした。


彼の独特の個性をより一層味わうためにはソロというフォーマットが似つかわしいように思います。



個人的にはこのフランスの果てで録音されたソロライブ盤を愛聴していますが、またまたアマゾンではとんでもない値がついていますなぁ。良い子の皆さんはこんな値段で買っちゃだめですよ。根気良く探せば中古で2000円までで何とかなるんではないでしょうか。


彼をしのんで"Time lines"をかけながらこのブログを書き始めたのですが、1曲目にかかった曲がレクイエムのように聴こえてハッと胸を衝かれました。

その曲の名が聖書の預言者の名前"Malachi"であったのはなんとも出来すぎな感がしました。

2007年04月25日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:16

 
 ご訪問有難うございます。

 ジャズ喫茶のオーナーとのこと、大阪なので、
なかなか寄れませんが頑張って下さい。

 ジャズ喫茶は少なくなりましたが、それでも
平岡正明氏などがジャズ喫茶伝説を書いて盛り
上げています。

 今でも、東京、横浜には、数千枚のLP
レコードを持って繁盛している店があります。

 ジャズが圧倒的に輝いていた時代、ジャズ
喫茶全盛時代のレクイエムでしょうか。
 

2007年04月25日 humanite URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

アンドリュー・ヒルの逝去には当方も突然のことでビックリしました。
長年音沙汰の無い場合と違って昨年健在振りを示してくれていた後だっただけにひと際残念です。
ヒルの個性的&独特のタイム感覚は私にとっても刺激的なもので、最初はとっつき難かった印象が繰り返し聴くことによって氷解してくる感じを自分でも喜んだものです。

彼のリーダー作はまだ一部のBN作品しか体験していませんがSonnyさんの推薦された盤を含め、彼の功績を知る良い機会としたいと思っています。

2007年04月25日 ぬどい URL 編集

humaniteさん、ご訪問コメントありがとうございます。

店の方ですが今はもうジャズ喫茶としては営業しておりません。なんというか洋酒喫茶のような物を営業いたしております。

ジャズの流行はとっくの昔に終わってしまいましたが、相変わらず現在のジャズも燦然と光り輝いています。
レクイエムはアンドリュー ヒルにのみに送りたいなと思います。

また、お立ち寄りください。

2007年04月25日 Sonny URL 編集

ぬどいさん、こんばんは。

ぬどいさんのブログのおかげでいち早くアンドリュー ヒルの訃報を知ることが出来ました。ありがとうございました。
どうやら数年来肺がんで闘病中であったようです。本当に残念に思います。

彼の近作をお聴きでないようでしたら是非耳にすることをお薦めします。特異なタイム感覚はそのままに若い頃の音をさらにそぎ落としたピアノが素晴しいです。
ただ、手に入れるのは少しばかり困難なようなので気長に中古を探されると良いと思います。
この機会に少しでも彼の作品が注目されると嬉しいのですが。

2007年04月25日 Sonny URL 編集

今晩は、こんな、価格で売っているのですが、てにはいるのでしょうか?

http://www.hmv.co.jp/product/detail/268166

2007年04月25日 インタープレイ URL 編集

はじめまして。こんばんわ。
色々検索しているとここにたどりつきました。
私、音楽すきなんで
また遊びにきます!

とても興味深いです★

2007年04月25日 rierhythm URL 編集

インタープレイ さん、こんばんは。

アマゾンをはじめおもだったレコード販売業者では在庫切れで販売中止になっているところを見ると版元には在庫は無いようです。

HMVを見ましたが在庫ありではなく通常出荷になっているので手に入るかどうかは微妙だと思います。現地のセンターに在庫があれば手に入ると思います。
だめもとで注文を出してはいかがでしょうか。入手できればラッキーだと思います。


rierhythmさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

音楽好きな方のご来訪を歓迎いたします。これからもよろしくお願いいたします。

2007年04月26日 Sonny URL 編集

アンドリュー・ヒルはまだ1枚しか聴いたことないのですが、この新作は評判が良いようなので気になっているところでの訃報でした。
残念ですね。

昨日は、ジム・ホール&ロン・カーターという2人の御大のライブを見て来ました。
ジム・ホールの方はもうかなり枯れちゃってましたが、ロン・カーターの方はまだバリバリいける感じでしたね。
大ベテランのそんな姿を見たので、余計にそう思います。

2007年04月26日 piouhgd URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

記事中の2枚、HMVにてオーダーをかけました。
近作のBN盤は在庫あり、ソロはどうやら今月の5日にリイシューされているようです。訃報の後ですから時期的にオーダーが重なっている筈ですので簡単に手に入るとは思いませんが入手の確率は高そうです。(HMVは2~3ヶ月かかることがよくあるので)
まあ、気長に待つことにします。

PS:『ジャズ批評』誌拝見しました。失礼ながらツボに入ってしまいました。いやぁ、愉快ですなぁ。

2007年04月26日 ぬどい URL 編集

piouhgdさん、こんばんは。

アンドリュー ヒルは残念なことになりましたが、機会があれば近作をお聴きください。

ジム ホール、ロン カーターのコンビも長い間にわたる活動になりましたね。ジム ホールは60年代半ばからバッパーから今のような個性的なスタイルに変化しました。あのちょっとずらしたコード弾きがくせになりますね。

あとで、マイルストーンのレコードを聴いてみようと思います。


ぬどいさん、こんばんは。

ソロの作品が再版されているとの情報ありがとうございます。

この作品が日本で手に入りやすくなるのは嬉しいことだと思います。HMVのことですから確かに待たされるかもしれないですね。

ジャズ批評ですが、私の手元にはまだ届いていないので未見です。ジャケット買いしない私ですので原稿には結構苦労しました。
面白がっていただいて幸いです。ありがとうございます。

2007年04月26日 Sonny URL 編集

訪問ありがとうございました!
うれしいです。

また遊びにきます★

2007年04月26日 rierhythm URL 編集

rierhythmさんは絵をお書きになるのですね。

私は小さいときから全く絵心が無いので羨ましく思います。
どうぞまたおいでください。

2007年04月27日 Sonny URL 編集

遅くなりました。

そうなんです…絵を描くのが好きなんです!
ありがとうございます。
また寄せてもらいます☆

2007年04月29日 rierhythm URL 編集

Sonnyさん、こんにちは。

6月4日にBNからA・ヒルのアルバムが出ますが、コレは未発表曲作品かなにかですかねぇ?ちょっと気になる・・・。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2560757

2007年05月02日 ぬどい URL 編集

ぬどいさん、こんにちは。

お尋ねのアルバムですが1-6の曲については本来は"One For One"(Blue Note BLP 4233)として発売になるはずがお蔵入りになったものです。
その後モザイクレコードから"TheComplete Blue Note Andrew Hill Sessions (1963-66)"として陽の目を見ています。
また、一部の曲1,4,5についてはサム リヴァースのアルバム"Involution" (Blue Note BN-LA 453-H2)として70年代に発売されているようです。
いずれにしても私は未聴なので中身については不明です。
アルバム番号までが決まっていて発売されなかったブルーノートの作品は、他のお蔵入りになった作品に比べて内容は良いことが多いと思います。
サム リヴァースがお好きならばかって損はないと思います。


2007年05月02日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

当方の疑問に早速お答え下さり感謝致します。お蔵入りだった曲とのこと、よく理解致しました。

おっしゃられる通り、BNの未発表音源はクォリティが高いので気になります。
サム・リヴァースは語れるほどの作品数を聴いていないのですが手元にある同じく未発表だった『Dimentions & Extentions/Sam Rivers』(4261)を聴いてみて、かなり硬派なサウンドに消化不良をおこしてしまいました(拒絶ではないですよ)。

今度の新譜は値段が高く設定されているので、モザイクの3枚組みCD BOXも含めて検討してみようと思います。有難うございました。

2007年05月02日 ぬどい URL 編集












管理者にだけ公開する