ベースが肝心で取り上げたアルバムです。



ジャズに名盤というものは数々あれどこれぞ名盤中の名盤。
まさに一家に一枚という名盤ですなぁ。
お持ちで無ければぜひどうぞ。

ピーターソンをエンターテインメントに過ぎるという向きもあるでしょうが、衒いの無いエンターテインメントというのも大きなジャズの世界で得がたいものだと思います。

2003年04月20日 メルマガ推薦ジャズ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する