見かけはヒップなロバート グラスパー




"In My Element" (BlueNote)
   イン マイ エレメント
  Robert Glasper    
       ロバート グラスパー



ジャケットの写真をご覧下さい。キャップをかぶりちょっとふてぶてしくポーズをとっているのはロバート グラスパーです。

この格好でヒップホップ系のライブでキーボードを弾いていると知っていると
 「現代の若者たちのヒップホップシーンからジャズに新しい息吹を感じさせるニュースターが現れた……」
なんて評論をまんま鵜呑みにしちゃうでしょうがちょっと待ってください。

グラスパーは意外とまっとうなジャズピアニストです。


ヒップホップをもよくするアフロアメリカンのジャズピアニストと言うことから、黒々とした演奏を想像されるかも知れません。ですが、実際の彼の演奏からは非常にスマートで都会的な印象を受けます。

どちらかと言うとクールな感じすらします。


はじめてグラスパーの演奏を耳にしたのはフレッシュサウンドにニュータレントシリーズでの物でした。

そのときには彼の演奏はなかなか新鮮味のあるピアノだなと思いましたが、アドリブラインからは強いハービー ハンコックの影響をうかがうことが出来ました。



冒頭に紹介した「イン マイ エレメント」では彼のしっかりとした個性が確立されたと思わせるアルバムに仕上がっています。

右手と左手をフルに使いながらスバニッシュダンスのステップを思わせるようなユニークなフレーズ。


アドリブからは滾々と湧き出る泉のようなイメージがあります。泉のように自由自在にアドリブをおこなうというのではなく、そのアドリブから泉を連想させると言う意味です。

流れる川を連想させる部分もあるのですが、演奏がその流れに沿って進展して行き表情を変えていくと言うのでもありません。

ずっと同じ場所に留まりながらその情景を描写していくという感じがします。

一つのテーマに様々な角度からの視点を通してそれらを描き出していくと言ってもいいかも知れません。

そういう意味では非常にクラシカルな演奏法だともいえると思います。


その演奏に内省的な部分も多くあり、資質的にはブラッド メルドーに通じるところがあるように見えます。


全編をとおして、若々しい力があふれでているところもこのましく、なかなかの佳作であると言えます。


グラスパーがこのまま情景描写を得意とするミュージシャンとして演奏を続けるのか、ストーリーテリングをも身に付けて更なる局面をへていくのか。

また一人なかなか楽しみなミュージシャンが出現して嬉しく思います。


見かけや趣味だけで演奏を推し量るのではなく耳をすまして音楽を聴いてみるのは大切ですね。



この記事で紹介したアルバムです。少しですが試聴も出来ます。
In My Element



2007年07月27日 新譜紹介 トラックバック:1 コメント:12

パッと見、完全にヒップホップですね、このアルバム。
全然知りませんでしたが、こういう天才肌な感じの人はいるところにはまだまだいるんですね。

2007年07月27日 piouhgd URL 編集

piouhgd さん、こんばんは。

このジャケットではなかなかジャズのアルバムとは思えないでしょ。
でも、ロバートグラスパーは本当にまっとうなジャスメンです。一度聴いてみてください。

2007年07月28日 Sonny URL 編集

こんばんは。
聴いてみました、このアルバム。
特にリズム面では、今の音だな、と感じました。
良いアルバムですね。
聴いていて気持ちが良いです。
また、最近の良盤がありましたら、ぜひ教えて下さい。

2007年08月23日 piouhgd URL 編集

piouhgd さん、こんばんは。

気に入っていただけてとても嬉しく思います。おっしゃられるとおりリズム、とくにドラムズからは今時なビートを感じると思います。
piouhgd さんのように現在のジャズに関心を持っていただけると記事を書いていて良かったなぁ感じます。これからも折にふれ新人の紹介に勤めたいと思います。

2007年08月23日 Sonny URL 編集

なんとタイムリーなことに10月に来日するようですね。
活きの良いところを見てみたいですが、悩み中です。

2007年08月23日 piouhgd URL 編集

piouhgd さん、こんにちは。

ちょっと調べてみましたが、やはりと言うか今のところ大阪公演は予定されていないようです。
大阪にもライブハウスはいくつかあるんですけど、この状況は相変わらずです。もうちょっとジャズに理解のあるお店が出来てくれたらいいのになぁと思います。
確かちゃんとしたジャズのトリオでの来日は初めてなんじゃないんでしょうか。
東京近郊にお住まいの方が羨ましいです。

2007年08月24日 Sonny URL 編集

グラスパーが同じ視点から何度も情景を見つめてるとおっしゃいましたが、それはやっぱりHIPHOPだからだと思いますよ。繰り返しを基調とするサウンドは音楽の根底にあるものだと思います。
ブラックミュージックが何故か人間の真を捉える気がするのは私だけでしょうか。この音楽は音をもっと身近に感じます。

2007年09月03日 アイク URL 編集

アイクさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>同じ視点から何度も情景を見つめてると

ではなくて

「一つのテーマに様々な角度からの視点を通してそれらを描き出していくと言ってもいいかも知れません。」
と書きました。

非常に判りにくい稚拙な表現で誤解を招きました。申し訳ありませんでした。

クラシカルな変奏曲的な展開だと言ってもいいかもしれません。
ミニマルミュージック的な演奏だとは感じていません。

ただ、これも私の駄耳のなせるもので識者のかたは違った感想をもたれることだと思います。

アイクさん、私の感じ得なかった部分の指摘をありがとうございました。

またご訪問ください。

2007年09月03日 Sonny URL 編集

ロバート・グラスパーの大ファンです!

10月に来日との事ですが、いつにどこに来るか教えてもらえませんでしょうか?
調べたけど分からなくて・・・。お願いします!

2007年09月14日 きょーこ URL 編集

きょーこさん、こんにちは

2日から5日にかけて東京コットンクラブにて公演があるようです。チケットぴあで購入できます。
今ならまだどの日も空席があるようです。どうぞ楽しんでいらしてください。

2007年09月14日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

Sonnyさんが発信される新しいアーティストを楽しんでおりますが、5日の晩に彼のライブを見に行きました。彼のアルバム3枚で予習して、次回の来日が判らぬ外国人アーティストである為、何とか調整をつけて楽しんできました。

稚拙な感想を当方のログに残しましたが、Sonnyさんとpiouhgdさんの遣り取りを拝見していなければ、このような機会は得られませんでした。改めて優れた近年のプレイヤーを推薦してくださって感謝申し上げます。有難うございました。

2007年10月07日 ぬどい URL 編集

ぬどいさん、こんばんは。

ロバート グラスパーのライブを存分に楽しまれたようで羨ましく思います。このような若手のミュージシャンはおっしゃられるように次回の来日はいつになるかわかりませんね。
もっとも大阪には今回も来ていないわけで、まいどまいど情けなく思います。ドンドン優秀なミュージシャンをブッキングする目利きのライブハウスが大阪にも出来て欲しいものです。
推薦したミュージシャンに注目していただけるのは本当に嬉しいです。こちらこそいつもありがとうございます。

2007年10月09日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/153-3ba28f87

育ちは良さそう

Robert GlasperIn My Elementロバート・グラスパーなるピアニストの今年の3月にリリースされたアルバム。少し前にSonnyさんのところで紹介されていたのを読んで、興味を持った。なので、詳しいことは全然

2007年08月23日 call it anything