オーディオチューニング用のCD

カサンドラ ウィルソン



今のジャズシーンにおいて
一番オリジナリティを有しているヴォーカリストとして
カサンドラ ウィルソンを挙げることにためらいはありません。

カサンドラは自分の作品を作り上げるにあたって
非常に録音に気を使う人だと思います。

カサンドラの作品ならば
オーディオのチューニングには最適だと思います。

野太く黒々とした彼女の歌声と
豪華なゲストの素晴しい演奏をお楽しみください。



ハンク ジョーンズ



オーディオの再生で最も難しいのがピアノとベースです。
ピアノとベースさえちゃんと鳴れば
そのオーディオは信頼できるともいえます。

チャーリー ヘイデンの固まりのような個性的なベースの音色。
ハンク ジョーンズの柔らかくきらきらとしたピアノ。

二人の名人によるジャズの会話が楽しめます。

2003年04月30日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する