いやよいやよもいやのうち?

グラフィティ・ブルース

”Graffiti Blues”  (Mainstrem)
   Blue Mitchell
         グラフィティ ブルーズ
            ブルー ミッチェル
 


私は日本でジャズが流行していたと言う時代を知りません。あのソニー ロリンズが西郷輝彦とテレビで共演したことなどとても信じることが出来ません。

閑古鳥の鳴いているジャズ屋さんしか知りません。店を開ける前からジャズ喫茶の前にお客さんが列をなしていたことなどこれまた信じられません。通っていたジャズ喫茶ではほとんど最年少でした。また良く爺さんたちにいじめられた物でした


そんな私にジャズを楽しみを教え、ジャズの何たるかをリアルタイムで聞かせてくれたのは70年80年代の新譜たちでした。

一般的にはこの時代はフュージョンと呼ばれるアルバムばかりで、聴くに値するアルバムはほとんど無いかのように扱われています。

しかし実際にはそんなことは全く無く優れたアルバムが良心的なレーベルによって多数製造されていました。
 ミューズ ザナドゥ スティープルチェイス タイムレス レッド エンヤ ソネット ソウルノート ブラックセイント ECM イーストウィンド などなど いくらも素晴しいアルバムが生み出されていました。

こんな時代をジャズの暗黒時代のように呼ぶのは事実に反していることだと思います。よく言われるジャズの歴史観などあまりあてに成るものではありません。

悪者にされることの多いフュージョンと呼ばれるアルバムたちですが、全ての作品がコマーシャルにおもねた甘いばかりの演奏であったわけでもありません。

大体じゅっぱひとからげにフュージョンとして作品を評してしまうことにもかなり無理があります。


70年代~80年代の作品に対してこうした想いをいだいていますので、なるだけならこの時代の作品を色々な機会に紹介して聴いていただきたいなと思っています。

ただ困ったことに50年代60年代の佳作に関しては比較的手に入れるのが簡単なのですが、それ以降の作品と言うのは廃盤になったままで手に入れるのは困難なことが多いです。


せっかくいいアルバムを紹介しようとしても手に入れるのが難しいとなると、紹介しても仕方が無いと思って諦めてしまうことも多々有ります。

とっても残念です。


冒頭に紹介したブルーミッチェルの作品ですが多分フュージョンとして見向きもされないことだと思います。

私は結構この作品が好きでして、これはと思う方にこのアルバムをお聞かせするとかなりの割合で気に入ってもらえます。ところが残念なことに廃盤状態で手に入れるのは難しく、色々な手段を使って中古レコードを手に入れるしかない状況でした。

ところが現在なんと日本盤で手に入れられるじゃありませんか。


この作品のメンバーですがドラムズにレイ パウンダー、テナーにハーマン ライリーということで、レス マッキャンを楽しんでおられるような方にはご機嫌なアルバムだとすぐにも想像がつくと思います。

ピアノはジョー サンプルですしハーモニカにドン ベイリーそしてフレディ ロビンソンがギターというはずれなしの豪華メンバーです。

キーボードにはもう一人ウォルター ビショップ参加しているのですが、ブルースインターアクションの販売元ページには「なぜこんなところにビショップが」てな具合にコメントがありました。

この作品の残された73年前後と言うのはビショップはミッチェルのグループメンバーとして活動していたはずです。
ウォルター ビショップと言う人はミューズのリーダー作あたりで、こういったファンキーな演奏も残しています。販売元がそのへんの作品を知らないと言ったところは少しばかり残念な思いです。


ブルー ミッチェルがレイ チャールズのバックバンドで来日したことや、このメインストリームの諸作について、「ジャズで喰えないので商売として仕方なくファンクやソウルの仕事をしている」という評を見かけます。

いったいその評者は演奏のどこを聴いているんでしょうか。ブルー ミッチェルのラッパの音を聴いてみればわかるじゃないですか。

楽しそうにフルに鳴っているミッチェルのトランペット。

文句なくご機嫌なアルバムです。ホレス シルバーやキャノンボールといったファンキーな演奏をお好きな方に、とくにお薦めします。

この記事で紹介したアルバムです。
グラフィティ・ブルース










2007年08月28日 埋もれたCD紹介 トラックバック:1 コメント:6

こんにちわ。

>また良く爺さんたちにいじめられた物でした。

わははは、私は暗黒と言われる時代から聞き出したので、この言葉は他人事じゃないです(笑)。それこそレコード屋さんにも言われたし滅多にJazzなど聴かない年長の人にも「子供にジャズがわかるものか」とか色々と言われましたよ~。

実はジョー・サンプルがダメなんです。一時期、強迫観念みたいに好きじゃなくっちゃ、おかしいとか、良さがわからないのは無知みたいに思って、彼名義のアルバムを何度も試したのですが、ダメでした~。何故なんだろう?

実はRandy Westonが1972年に発表したBlue Mosesに関して少し触れようかと思っていました。

2007年08月28日 falso URL 編集

falsoさん、こんにちは。

今はもうなんとも思いませんが、爺さんたちの言葉に随分と傷つき悩んだ物でした。

そのおかげでジャズは楽しむ物という当たり前のことがわかるようになった気もします。

それでもまず自分の感性により判断するのではなく、多数決による意見を優先する人たちは苦手です。

ジョー サンプルですがソウルフルな演奏者の中で、サイドメンとして軽やかな演奏を愛でています。
私も彼自身のリーダー作をそれほどには聴いているわけでもありません。
falsoさんが彼を好きになれないのはどういう理由かわかりませんが、そのうち気に入ることもあるかもしれないぐらいの感じでいいんじゃないでしょうか。

Randy Westonの記事楽しみに読ませてもらいます。

2007年08月29日 Sonny URL 編集

買ってしまいそうです。(笑)

暗黒時代、と言うのは商業的な目線であって、決して、作品や演奏の質が低下したわけではないですよね。
中には、トンチンカンな物もあったのでしょうが。
その辺がすり替わってしまっているように感じます。

2007年08月29日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん、こんにちは。

この作品はあっけらかんとソウルフルな楽しいアルバムとしてお勧めできます。そういった作品をご希望なら買って損はないと思います。

ジャズの暗黒時代と呼ばれる間にもシリアスなもの、トラディショナルなもの、エンターティンメントにあふれるもの様々ないい作品が多数あります。
おっしゃられるようにトンチンカンな作品も存在しますが、私は結構そんな作品も好きだったりします(笑)。
良きに付け悪しきに付けジャズはその時代の空気を吸っているのだと思います。

2007年08月30日 Sonny URL 編集

こんばんは。
やっぱりというか何と言うか、即、買ってしまいました。(笑)

ただただ、素晴らしいですね。
楽しいです。
ここで紹介されていなかったら知ることはなかったと思います。
感謝です。

2007年09月09日 piouhgd URL 編集

piouhgd さん、こんばんは。

喜んでいただいてとても嬉しいです。
ジャズの楽しみは芸術性溢れる演奏にもありますが、こういった娯楽作品も楽しいです。
神棚に祭らないジャズを楽しんでもらえる方が、もっと増えるといいなぁと思っています。

2007年09月09日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/159-2dc08d98

意外と古さは感じません

Blue Mitchell Graffiti Blues ブルー・ミッチェルの73年のアルバム。 この人が参加しているアルバムは、既に何枚か聴いていたのだけれど、注目していた訳ではなかった。 あくまでも今のところ、ということで

2007年09月09日 call it anything