夏も終わりですが化けるお話を

Revelation

"Revelation" (Atlantic)
      Cyrus Chestnut
              レヴェレイション
                  サイラスチェスナット


大相撲の今場所も昨日で終了し豪栄道の活躍など新しい力の台頭もありましたが、終わってみれば白鵬の優勝という順当な結果になりました。

「化ける」という言葉がありますがご存知のとおり、ある力士が先場所とは一皮もふた皮もむけてその才能を開花させるような場合に使われます。

化けるとは良く言ったものでまるで別人のように相撲ぶりがガラッと変化します。相撲をずっと見ていて、ある力士がさなぎから蝶に変わるように力をつけるさまに立ち合うのは非常に楽しい物です。


ジャズをずっと聴いているとあるミュージシャンが化ける瞬間に立ち会うことが有ります。これはジャズの新譜を聴き続けている者にしか味わえない至福の瞬間だと思います。


サイラス チェストナット、デビューの頃からピアノを鳴らす力やテクニックには非凡な力を発揮していました。

フルにピアノが鳴りわたり急速調の曲でも少しも乱れることなくフレーズを綴っていくさまは、胸がすく思いがしました。

明解で誰にも親しみやすい彼のピアノを日本のレコード会社がその作品をプロデュースしていたのはなかなかの慧眼であったと感じます。


ですがそんなサイラスにも一流のミュージシャンと呼ぶには、いまひとつ欠ける物があるように思っていました。

一流のミュージシャンのみが持ち得るサムシン エルス。

サイラスのピアノについて誉めるのは決してやぶさかではないが、愛聴盤にするにはものたりない。


そのサイラスがアメリカ大手のレコード会社のアトランティックに移籍し吹き込んだのが冒頭に紹介の「レヴェレイション」でした。

この新譜を手にしたときにその内容に手堅いピアノトリオを予想していましたが、それ以上の期待はさほど持っていませんでした。

CDプレーヤーの再生ボタンを押したとたんにそんな私の予想は大きく裏切られました。その演奏にはそれまでにはみられなかった凛とした空気が横溢していました。

  むっサイラスが化けた

このアルバムではサイラスに欠けていたサムシン エルスを、彼がついに手にしたことを感じました。

アルバムタイトルが"Revelation"となっているのもなにやら意味ありげです。

サイラスがジャズの表現者として確たる何物かをつかんだのは間違いが無いようでした。



ところが、このサイラス チェスナット。
この後にリリースされるアルバムからはまたもやかつての凡庸なる上手いピアニストへと戻ってしまいました。

"Revelation"、この一枚のアルバムにのみジャズの神様が降り立っていたのかもしれません。


もう一度、このときのような演奏をサイラスが繰り広げる日が来はしないかと少なからず期待しています。

いったいこのアルバムを吹き込んだ時にサイラスに何が起こっていたのか。


サイラスのことを思うたびに、瞬く間に大関にまで上り詰めた若き日の雅山を重ね合わせる私です。



この記事で紹介したアルバムです。
レヴェレイション





2007年09月26日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:3

Sonnyさん、こんばんは。

サイラス・チェスナットはこのアルバムの直後に発表されたものになるのでしょうか、『Dark Before the Dawn』が手元にあります。確かに上手いピアノですが、私もこれ以上は追っかけていませんでしたのでもちろん掲載の作品は未聴です。

HMVのサイトで聴いてきましたが、所有のものとはかなり違う印象を持ちました。HMVのサイトに同様の感想を書かれた方もおられました。期待して取り寄せてみようと思います。しかしながら雅山の例えがピッタリで可笑しかったです。当地の力士ですので頑張ってもらいたいのですが。

2007年09月26日 ぬどい URL 編集

ぬどいさん、こんばんは。

『Dark Before the Dawn』も持っているのですが不思議なことにそこにはサムシン エルスが消え去っていました。
「レヴェレイション」はお買いになって損はないと思います。サイラスについての評価が一変するんじゃないでしょうか

雅山のたとえをここで書いて誰か反応してくれるのか知らんと思ったのですが、ぬどいさんがハマってくれて嬉しいです。
雅山の場合はひざの故障のせいもあって今の成績なのだと思いますが、今も好きな力士です。
魁傑のように故障から再起して再度大関に返り咲く可能性もあるのではと少しだけ期待しています。

サイラスにも。

2007年09月26日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

このサイラスのアルバム、記事を拝見した後に購入し繰り返し聴いていました。そして今回改めて当方の”愚ログ”で記事にしてみました。当方の記事中にSonnyさんのブログへのリンクを埋め込んでおります。事後報告で申し訳ございません。TBの打ち方を理解していないアナログ人間でございますのでコメントを残していきます。

前回のコメントへの返答が遅くなりましたが、当地は相撲で言えば「雅山」ではなく「稀勢の里」の故郷に近いです。「稀勢の里」の出身地はココのお隣さんで、ココは三段目の「男女ノ里」の出身地です。彼は弓取りを現在司っているようです。クイズのような回答をしてしまいましたが解りますでしょうか?まわりくどいですね(笑)。ごめんなさい。

2008年03月28日 ぬどい URL 編集












管理者にだけ公開する