燗酒




日本酒について前回の記事を書いたせいで何となくもう少し日本酒の周辺のことについて書きたくなりました。

日本酒を飲む場合にあなたはどんな具合にお飲みでしょうか。冷やして良し、常温で良し、燗をしてなお良し。日本酒はさまざまな飲み方があり、それぞれに日本酒の良さが味わえます。

暑い夏の日にはひんやりと冷えた生酒などがとてもおいしく思えます。

気の置けない男同士の友達で飲むときには一升瓶を真ん中にデンと据えて、ひや酒をぐいぐいやりながら馬鹿話に興じるのもなんとも楽しい物です。

寒ーい日にはあったかーい湯豆腐をつつきながら連れ合いとさしむかえで燗酒というのが気分ですなぁ。

私はと言えばどうにも面倒でひやのまま飲むこともありますが、たいていは自分で燗をつけて飲むのを好んでいます。外でも燗酒を頼む比率は高いと思います。



現在の日本酒は大吟醸に代表されるようなとってもいいよそ行きのお酒と、2リットル千数百円で買えるパック酒が主流のような気がします。

何となく普通に買える一升2000円ほどのお酒が一番冷遇されているんじゃないかななんて思えます。


外へ出て飲食店で日本酒を飲もうとすると燗酒として一種類のお酒が用意されていて、そのほかは地酒としていい値段のお酒が冷酒で供されていることが多いようです。

わたしは結構なのんべえですので一合500円を越えるようなお酒では高くついて仕方がありません。となると他に選択の余地はなくてお店でおしきせの燗酒を頼むことになります。

で、過去に経験した回想を




「お酒をぬる燗でお願いします」と店員さんに頼みますと
「はい、熱燗ですね」と応答されます。

「いやいや熱燗じゃなくてぬる燗で」とさらに言うと
「すみません、ちょっとお待ちください」といって店員さんが奥にさがっていきます。

 うーん、慣れない店員さんでぬる燗というのがわからなかったのか
なんて思っていると、メニューには確かにあつ燗と記されています。


しばらくして責任者らしき男の人がやってきましたのでさらに
「ぬる燗をお願いします」といいますと
「申し訳ありませんが燗は熱燗でしかおだしできません」なんて答えが返ってきます。

どうしてなのか訳を聞きますと酒燗器の温度が熱燗に設定されていて、それ以外の温度では出せないとのこと。

それならば一本は燗、もう一本はひやでくれればあとは自分で温度を調整して飲むと言うと、ひやでお出しすることも出来ないと言われます。
お酒は業務用の大容量の酒パックを酒燗器の上に据え付けているので燗でしか提供できないとの答え。

なんてこった、居酒屋でふつうの燗酒が飲めないのか


もうこれ以上聞いても無駄かなと思いながらも地酒ならぬる燗でできるかと聞くと
「地酒のようないいお酒は冷酒で飲むものですから燗は出来ません」
と自信たっぷりに言われてしまいました。

別に吟醸酒でもなく普通の地酒なんですが……

結局わたしは徳利の首をつかむと火傷をしそうなぐらいの熱燗を飲む羽目になるのでした。



さすがに何十年も居酒屋さんをやっておられるようなお店ではこのようなことはありません。

お酒の入ったちろりが温泉に浸かるようにたっぷりとしたお湯の中で燗をつけられ、お客さんの要望どおりの温度で供されます。


そういった年季の入ったお店でゆっくりとお酒をいただくことが大好きです。相方のリムスキーもそういったお店が好きなようです。

あてはというと、
 おから、ぬた、関東煮、湯豆腐、たにし、お造りにおしたしなんて具合。

私は学生生活を終え社会人になったぐらいからそんな居酒屋さんで飲むことを楽しんでいます。

若い頃には随分と年配の人にかわいがられていろいろとご馳走になったりしたものでした。

さすがにこの年になりますとそんなにおごってもらうことは無くなりましたが(それでも皆無ではない)、そんな居酒屋でのんでいて周りを見渡すとまだまだ私が最年少であることが多いです。

この様子だとあと何年かするとこんな普通においしく日本酒を提供してくださる居酒屋さんはなくなってしまうような気がします。


ふつうにおいしい日本酒と肴がいただけるいいお店がこれからも永くあり続けて欲しい物です。






2007年10月29日 ジャズではない話 トラックバック:0 コメント:2

Sonnyさん、こんばんは。

夏はヒヤ、冬はカン、解り易いですがそんな感じですね。呑兵衛の上級者は夏でもぬる燗や人肌燗で飲まれる方がおられますが不精者の私は暑さに萎えてキンキンに冷えたものをチビチビ飲ります。そもそも居酒屋に出向く事が出来ない立地条件なので必然的にセルフでやらなければなりません。家に買い置くのは一升瓶ですよ。

この時期はマイ徳利で燗付け作業をしますが、せっかちな当方には中々上手いタイミングでつけることが出来なく希望の温度にするのによく失敗をします。今は微妙にぬる~いのがいいですね。真冬でも熱燗にはしません。

自宅酒で困るのはアテがワン・パターンになること。気の利いたものが作れる腕が欲しいですなぁ。

2007年11月01日 ぬどい URL 編集

ぬどいさん、こんばんは。

燗の具合と言うのは慣れるまではなかなか難しいものですね。

私の場合は一合から二合ほどの徳利の場合はミルクパンを使用しています。徳利の肩までしっかりつかる深さが必要です。
薬缶に沸かしたお湯をミルクパンにたっぷりといれそこへ徳利をつけます。
いつも同じ徳利を使っていればお酒が暖まって膨張することでカサが増えるので、その具合を見て適温がわかります。
徳利のそこを触って燗の具合を確かめる方もいらっしゃいます。
慣れるまでは時計を片手にトライアルアンドエラーでころあいの時間を探るのがいいと思います。

火をつけたままで燗をしないことと、しっかり徳利の肩までつかる湯量を確保することで燗は上手くつかります。

でも、ぬどいさんもこれぐらいのことはご存知でしょうね。

私は酔いが回ってくるとつい適温を逃しちゃうんですが……

2007年11月01日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する