Joel Dorn ジョエル ドーンのこと

The Return of the 5000 Lb. Man

Joel Dorn ジョエル ドーンが去年の末になくなられました。

年末にはオスカー ピーターソンフランク モーガンといったジャズミュージシャンが相次いで鬼籍に入りました。

私のブログにも追悼記事を書こうかと思ったのですが、なんだか訃報の記事ばかり続くのもなぁと思い他の方にお任せすることにしました。

そんななかジャズ関係のブログやホームページではほとんど時を同じくしたジョエル ドーンの訃報を伝える物が少ないように思いました。そこでちょっとだけ彼のことをしのびたいと思います。

一般的にジョエル ドーンのことが語られるのはロバータ フラックをプロデュースしたことだと思います。なんと言ってもこれからも間違いなく語り継がれる"Killing Me Softly," のダイナマイトヒットをかっ飛ばしたその人なのですから。

これからも知れるようにジョエル ドーンはジャズのみのプロデューサーとして活躍したのではなく、ソウルやブラックミュージックのプロデューサーとして腕を奮いました。


そもそもジョエルが音楽業界に関わりを持つのはフィラデルフィアのfmラジオのDJとしてでした。そのうちに音楽雑誌へ寄稿をしたりレコードのライナーノートを書くようになりました。ブルー ノートやアーゴといった有名レーベルにもライナーを残しています。

そんな様子がアトランティックのネスヒ アーティガンにも伝わり、アトランティックレコードに入社します。ネスヒの眼は正に慧眼であったようで、ジョエルはまたたく力を発揮し広報やスカウトやプロデュースにと八面六臂の活躍をします。

その後はアトランティックで重役取締役の地位にまで登りつめていたようです。

アトランティックでの最大の業績は先に述べたとおりロバータ フラックのプロデュースでしょうが、ジャズでのプロデュースとして良く知られるのはローランド カークのものに対してだと思います。

その他にもヒューバート ローズやレス マッキャン、フレディ ハバードなど数多くのプロデュースを行っています。

近年にジミー スコットが注目された際にかつて彼をプロデュースしたことも少し話題になっていました。


アトランティックレコードを離れた後に主に再発作品を販売するレーベルの32JAZZそしてLabel M,Hyenaを立ち上げます。そこからはかつて自分が手がけたミュージシャンのローランド カークやレス マッキャンなどの作品が発売されています。

長らく廃盤になっていて再発を待ち望んでいた作品が彼の手で発売され、快哉を叫んだ人も少なくなかったのではないでしょうか。

メルマガではお伝えしたのですが個人的に思い入れのあるMUSEの諸作品はジョエルによって権利を買い取られています。いくらかのミューズのアルバムは32JAZZによって再発されました。

彼の死によって手に入りにくくなっているミューズのアルバムが、もっと入手困難になってしまうのではないかと少しばかり心配しています。


ブラックミュージックについての活躍が知られるジョエル ドーンとのイメージが強いのですが、実はキース ジャレットやモーズ アリソンといった白人のプロデュースも行っていることも付け加えておきたいと思います。

アルフレッド ライオンのように有名な人は別としてプロデューサーという人はジャズにおいてあまり人の口にのぼらないようですが、ジャズのアルバム制作にもポップス同様彼らが大きな働きをしていることは疑いの余地は無いと思います。

ちょっとだけジョエル ドーンについて書いてみました。


2008年01月21日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:6

こんにちわ。

>訃報の記事ばかり続くのもなぁと思い

私も段々と「~さんが、亡くなった」と言う記事に反応しなくなってきているのです(苦笑)。
まぁ、悲しい記事に反応する事自体に嫌気が差しているというのか・・・ちょっと悲し過ぎるかなと思っているのです。

久しぶりに友人と会うのが葬式だったりするのが、とても悲しく感じるようになっているもので。

2008年01月24日 falso URL 編集

falso さん、こんにちは。

>まぁ、悲しい記事に反応する事自体に嫌気が差しているというのか・・・ちょっと悲し過ぎるかなと思っているのです。

私も全く同感です。
そして訃報について反応する世間にもしっくり来ない気持ちを抱いています。ずーっと活動していても注目されないのに、やっと人様の眼に触れるのが訃報というのはなぁという感じです。

もう一つには大御所ばかりでなく、ジャズには若いミュージシャンがバリバリ頑張っているんだぞという気持ちもあります。

こんな具合に言っているとまたひねくれもんだと思われますねぇ(笑)。

2008年01月24日 Sonny URL 編集

初めまして。FC2の足跡を辿って伺いました。

>私のブログにも追悼記事を書こうかと思ったのですが、なんだか訃報の記事ばかり続くのもなぁと思い他の方にお任せすることにしました。

同感しきりでございます。

2008年01月31日 Ms gekkouinn URL 編集

gekkouinn さん、初めまして。

コメントありがとうございます。

人はやっぱり生きているうちが華だなと思います。
こう思うのもとしのせいですかね(笑)
あまり更新しないブログですがよろしければまたお立ち寄りください。

2008年02月01日 Sonny URL 編集

Sonnyさま

早速に拙ブログにお越しいただき有難うございました。今しがたレスを書いてから、こちらに伺いました。

コメント欄の追記でも記しましたが、
管理面で足跡をクリックいたしましたら、ブログの表に自動的にリンク表示となってしまいました。ご交流を経て後にお願いすべきところ、このままリンクさせていただいてよろしいのでしょうか。

わたくしもかなりのジャズ狂時代を経たファンの一人でございますが、もっぱら一人で楽しむ昨今でございます。
どうぞ、よろしくお付き合いの程を。



2008年02月01日 Ms gekkouinn URL 編集

月光院さん、こんばんは。

リンクについてですが、コメントでお伝えしたとおり何の問題もありません。

ブログの使い勝手を調べてからこちらかもリンクさせていただきます。

こちらこそよろしくお願いいたします。

2008年02月01日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する