ロバート ジョンソン 都市伝説のクロスロード

コンプリート・レコーディングス

ロバート ジョンソンといえばブルーズが何たるかを知らないまでも、洋楽好きならばその歌声やエピソードを聞いたことがあるに違い有りません。


ジャズとブルーズというのはかなりの深い関係を持っていることは良く知られています。
ですが、ジャズに対しての多くの経験や知見が有るからといってブルーズのことが良くわかるようになるとは全くいえません。

ジャズの中で言われるブルージーであるとかブルーズという物言いと、ジャンルとしてのブルーズは随分と違った物だといわざるおえないところがあります。

ダイレクトにブルーズからつながる音楽としてはロックの方がその多くを受け継いでいるようにも感じます。


ジャズを主食とするこの私がひょんなことからブルーズの演奏の監修をおうことになりました。

正直なところ全く困り果てています。
実際ジャズとブルーズは中国と日本ぐらい違いがあるのじゃないか知らん。


ロバート ジョンソンの楽曲を演奏したいということから、この数週間ロバート ジョンソンに関しての様々な情報を追っています。

ロバート ジョンソンと言えば必ず対になって口にされる曲が"cross road blues"


ご存知の方が多いと思いますがクロスロード伝説と言えるエピソードがこの曲には有ります。

ロバートの演奏があまりにも素晴しいのには秘密が有ったというのです。
ギターの演奏の上達のために彼はある四辻に立ち、悪魔との取引によってその願いをかなえたというものです。

四辻にオカルティックな力が備わっていると言う話はジプシーやヴードゥにも有るようですし、悪魔との取引を行って演奏の上達を得たと言う話はクラシックの世界にもあるようです。

このクロスロード伝説は非常に有名で、このエピソードをひいて店名にしたお店を私は少なくとも六軒知っています(なぜかこの店名のお店は短命であることが多いですが)。


ご多分にもれず私もまた"cross road blues"というのはこのエピーソードを歌ったものだと思っていました。

調べていてちょっと気になったのが曲名の"cross road~"が複数形ではなく、単数であること。

四辻と言うのなら"cross roads~"と複数形になるはずで"cross road~"なら横切る道路と言った意味であるはず。

更に調べていくと曲名を"cross road~"としている物と"cross roads~"と複数形にしている物があることに気付きました。


あれあれそれなら本当は四辻なんだから"cross roads~"が正しかったのかと思いアルバムを確認するとやっぱり"cross road~"が正解のようです。

なんだこりゃ???


単数形複数形の違いをほとんど気にしない日本人ならともかくアメリカ人でのこの混在は気になります。

英語に不慣れであったアフロアメリカンの言葉の通例で文法に正しくのっとっていない語法なのか?



更に更にこの曲について調べていくうちに有る大きな事実に行き当たりました。

ロバートの少し前にトミー ジョンソンと言うブルーズメンが居て、四辻で悪魔との取引をしたのはどうやら彼のエピソードだと言うのです。


ロバートとトミーと名こそ違えどちらもジョンソン。

ギターの名手としては右に出るものの無いロバート
そして彼の代表作である"cross road blues"


いつしかトミーのエピソードはロバートの物だと誤って(意図的に?)後世に伝えられ、かくしてロバートのクロスロード伝説は通説となった。
        といったところが真実ではないのか。



私個人としてはこの"cross road blues"は四辻の伝説の歌ではなく、往来でどこかの街へとヒッチハイクをするロバートとそのやるせない人生を歌ったものだと解したいと思います。

これでいいんだと思うんですが……。




ロバートについてブルーズについてまだまだ良くわからなくて、調べなくてはいけない事柄が山積しています。

ちょっと心に引っ掛かりがありますが"cross road blues"についてはひとまず一件落着ということで。




ロバート ジョンソンのアルバムについてですが、洋楽なかんずくロックに興味をお持ちの方は聴いておかれるにしくは無いと思います。
ギター一本でどこまで行けるかといった意味でも驚異だと感じます。

コンプリート・レコーディングス




2008年02月23日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:6

こんにちわ。
このCDは奇跡のアルバムですね。だって、こんなものが売れる訳も無いのに、バカ売れしましたから。勿論、私も買いましたよ(笑)。すでにココにマジックが起こっていますよね。まぁほとんどの人が1度聴いただけか、下手をすると途中で飽きていると思いますけど。

シンプルな作りで何度も改作が有って、オリジナルが何なのかわからなくなるほど個人的なのがブルーズだと思います。
今のように世界が狭いとマジックの効力もそれほど無いと思いますが、数十年前までは世界はバカでかかったですからね。
1960年代の中頃まで参政権が無かったと言う現実から考えても、それ以前に黒人が他所の町へ出かけると言う事自体が奇跡だった時代だって、そう過去の話ではないと思います。
ブルーズにしてもジャズにしても発生した初期はミニマムな世界での価値観だったが為に様々な噂や奇跡が起こったのではないかと思います。
ただ、いまだにその頃と同じ世界観で価値を求めるのも色々と勘違いが出てくる気もするんですけどね(笑)。

2008年02月25日 falso URL 編集

falsoさん、こんばんは。

ブルーズのアルバムセールスでオリコン100位以内に入る事があるなんて、おっしゃられるように奇跡以外の何物でもないでしょうね。
成り行きでブルーズに関わることになった私ですが、様々な部分にブルーズの難しさを感じています。
一つはブルーズが基本的に詩を中心に置いた作品であること。
二つ目にはアメリカと言う異文化の中で発生した音楽であること。
三つ目にはすでに古典化してしまったジャンル形態であること。
様々な難関が作品の理解を妨げることとなっています。
ある意味では想像の中にしか作品の理解はありえない状況にあるともいえます。

そんな中でブルーズについてあらてめて感じたことをまた記事に出来たらなぁと考えています。

2008年02月25日 Sonny URL 編集

こんばんわ。これ、もしかしたら初コメントでしょうか。それが分からなくなるくらい貴ブログの読者として愉しませていただいておりますMs gekkouinnです。
ロバート・ジョンソンと聞いてはコメントを残さずに失礼するわけにもいかず、一言ご挨拶させていただこうと思いました。
彼のアルバムは、昔ほとんど持っていたくらいで、CD時代になったことが恨めしかったですね。最近ゆとりに応じて、少しづつ気が向いたときに買い足しております。
ええと、何のご挨拶だったのか・・・。(苦笑)
毎回愉しみに拝読させていただいております。では。



2008年02月26日 Ms gekkouinn URL 編集

gekkouinnさん、こんにちは。

コメントいただくのは2回目だと思います。ありがとうございます。

私が持っているロバートのアルバムもLPです。まだ彼の写真が発見されていない頃の物なのでイラストがジャケットに使われています。

彼の遺した演奏の全ては記事にあるCDの中に全て収めれれています。たった一枚のアルバムでコンプリートなのはやはりCDの時代の恩恵だと感じます。

とは言いながら私はアナログアルバムを聴いているわけですが(笑)。

2008年02月26日 Sonny URL 編集

>コメントいただくのは2回目だと思います

やはり・・・・失礼しました。健忘症著しいやつとお思いになって、お許しくださいね。
この頃、昔のLPレコードで聴いていた頃が懐かしくてなりません。
最近、団塊の世代の方達の退職に合わせレコードプレイヤーが(結構高額かも)店頭に出回っておりますけれど、レコード針の購入が難しくなるかしらとちょっと不安が・・・あります。アナログアルバムを愛聴していらっしゃるSonnyさんは、レコード針ではご苦労はございませんか?昔、欲しいレコード針が高くて、なかなか買えなかったことを思い出してしまいます。


2008年02月27日 Ms gekkouinn URL 編集

gekkouinnさん、

レコード針に関しては古いカートリッジを使用しているため結構難儀しています。
現行製品のカートリッジもたくさんありますので、一般的なレコード試聴に苦労することはあまり無いはずだと思います。
レコードの再生についての質問もたくさんいただきますので、おりを見てまた記事にしたいと思います。

何かレコード再生で具体的にお困りでしたらお尋ね下さい。出来る限りお答えさせていただきます。

2008年02月28日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する