ブルーズ=私小説説

ダスト・マイ・ブルーム~ザ・ヴェリー・ベスト

前回の記事でふれたとおり現在何の因果かブルーズ漬けの毎日を送っています。

ブルーズにとって歌詞が中心に据えられていることは何となく気付いてはいました。
少しばかり立ち入って調べていくうちにそれは間違いの無いことなのだとわかりました。

ただ歌詞の内容というものがふだん耳にしている歌謡曲やポップスのそれとはかなり様相が違う物なのに戸惑いを感じています。


ロバート ジョンソンの詩にはしばしば人物名などの固有名詞が登場します。
前回にふれた「クロス ロード ブルーズ」を例にとりますと

 "Have mercy now save poor Bob if you please"
 「神様どうぞこのかわいそうなボブを助けてください」
と助けを乞うているボブ(ロバートの愛称)とはロバート ジョンソン自身のことです。

 "tell my friend Willie Brown"
「友達のウィリー ブラウンに伝えておくれ」
ここに歌われているウィリー ブラウンと言う人物も架空の人物ではなく、実際にロバートの友達であった実在のブルーズ メンであるウィリーのことです。


一般的に耳にするポップスでは、歌詞の中に登場する人物はモデルにあたる人がいるにしても詩のなかでは想像された架空の人物です。

実際に友達を想定して歌ったにしても「ウィリー ブラウン」は歌詞の中では仮に作られた人物として登場するのが普通です。

しかしながらロバート ジョンソンがここで歌う「ウィリー ブラウン」は歌詞の中で一般化された友達ではなく、ロバート ジョンソンが実生活の中で付き合っている生身の「ウィリー ブラウン」のことに違いありません。


歌詞の中で歌われる情景やストーリと言う物は聴き手に感情移入を促したり、その詩を個人の物から不特定多数の人の物へと一般化するためにフィクションの形をとるのが普通です。

ですがロバート ジョンソンがブルーズで歌う詩は彼の人生そのものであるわけです。


したがって、彼のブルーズは本来ロバート自身にしか歌い得るものではなく、他人が歌うことは全く想定されていないものだと言えます。


私はロバート ジョンソンのブルーズを歌いたいというミュージシャンのためにその監修を請け負っているわけですが、ここにきてハタと行き詰まりました。

 「他人がロバート ジョンソンのブルーズを歌うことに何の意味があるというのだ」



「クロス ロード ブルーズ」がいく人ものミュージシャンによって歌われていることは良く知っています。ためしにエリック クラプトンの歌っている「クロス ロード ブルーズ」を調べてみました。

 "save poor Bob if you please"のくだりは
 "Save me if you please."
ボブと言う固有名詞が私と置き換えられていました。

"tell my friend Willie Brown"はと言うとそのままウィリー ブラウンのまま歌っていました。

おいおいエリック、あんたウィリーの友達じゃないだろう
 なんて突っ込みの一つも入れたくなる私は大阪人


さて、どういう具合に彼の人生の詩であるブルーズを他人が歌うべきか。
 役者のようにロバートになりきって歌うか
 あたかもロバート自身がフィクションのように歌うか
 クラプトンのようにあいまいな態度で歌ってしまうか



だいたいブルーズなんて黄色い21世紀の人間が歌うなんてどだい無理なんじゃぁ……

困っているわたくしめでございます。


     おそまつさま。






私は結構エルモア ジェイムズの歌声が好きなんですけど、そういや彼の代表作になっている「ダスト マイ ブルーム」ってロバートの歌でしたなぁ。





2008年03月04日 ブルーズ トラックバック:0 コメント:6

こんにちわ。
ブルーズなんてコード進行全く同じなんて当たり前だし、チョコチョコといじって別の曲に・・・なんて事も山ほど有りますよね。元々譜面に残ったメロディや歌詞にそれほどの重要性はなかった気がします。
『こいつが歌うとこうなる』『あいつが歌ったらあーなった』みたいなものじゃないかと思います。
年代が過ぎ、著作権が云々となった時に、外側から提案された事で曲の固定化やオリジナルが問題になりだしたような気がします。シンガーにとって始めは、レコーディングは人前で歌ってお金を貰うのではなく機械の前で歌ってお金を貰う・・・その程度の違いだった気がします。
まぁ、人の作った曲の歌詞を代える事はジャズでも有る事ですよね。

2008年03月04日 falso URL 編集

falsoさん、こんばんは。

記事を再読いただければわかると思うのですが、私が困っているのは正確な歌詞がわからないからでは有りません。
ロバート ジョンソン自身の歌詞をそのまま歌うことの意味を見出せないことに困窮しています。
そういう意味においては積極的に歌詞を、歌い手自身が創作して歌うのが解決作の一つであると思っています。
なんだかわかりにくい文章で申し訳ありません。

いやぁ本当に困っています(苦笑)。

2008年03月05日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんばんは。

私は単に韻を踏むために、たまたまウィリー・ブラウンの名前が思い浮んで歌詞にいれたのだと思いました。

全体的にも韻を踏んでます。

[take 1]
1. "knees", "knees", "please" [i:z]
2. "ride", "ride", "by" [ai]
3. "down", "down", "down" [aun]
4. "Brown", "Brown", "down" [aun]
5. "west", "west", "distress" [es]

[take 2]
3. "here", "here", "care" [r]

"Save me if you please."のところでクラプトンが "Bob" を "me" に置き換えたのも、"me" とその後にくる "please" の [i:] の部分が一致していて響きがいいと本能的に感じたからではないでしょうか。ちょうど辻褄も合うことですし(笑)

そんな風に韻を視点として考えるとクラプトンがウィリー・ブラウンの友達や知り合いである必要はないと思います。

別に私はクラプトンを擁護している訳でも熱狂的なファンでもありませんよ~。怒ったり抗議している訳でもありませ~ん(笑)。

韻を踏むために歌詞を犠牲にするということはブルースマンは特によくやるようです。時には三行とも同じ言葉である歌もあるそうです。

また奴らアメリカ人は韻を踏むのが大好きなようです(笑)。
http://www.bobdylan.com/songs/subterranean.html

ブルースは「私小説」というより「自己の悩みや苦しみを歌った歌」ではないでしょうか?。なので、R.J.の歌を
他人が歌う場合もその悩みや苦しみを自分のものとして消化して歌えばいいのでは、と思いました。

また余計なお世話をしてすみません...

2008年03月05日 rollins1581 URL 編集

rollins1581さん、こんばんは。

>また余計なお世話をしてすみません...
余計なお世話何ぞとはこれっぽっちも思っていません。私が気が付かないなるほどと思えるご意見をいただいて嬉しく思います。

英詩の踏韻についてはそのとおりだと思います。日本人にはなかなか良くわからない部分ですが彼らにとってはとても重要なことのようです。
おっしゃるとおりでウィリーも韻を踏んでいなければロバート ジョンソンの詩にも登場しなかったことだと思います。
ただロバートの詞にこそウィリーが歌われる必然があったことも間違いが無いと思います。
考察いただいたようにクラプトンの場合踏韻の為にウィリーの名が残されたのでしょう。

ブルーズが「自己の悩みや苦しみを歌った歌」であると言うのも確かなことだと思います。
それと共に私はロバートの詩が非常に個人的な人生と不可分な物だと感じています。

かの時代に生まれ育ったアフロアメリカンのロバートにこそ歌い得た詩であったのだと思います。
また、テイク違いの録音から歌詞が固定された物ではなく非常にその場その場の流動的なものであったことも見て取れます。

現代の歌詞は一般化する為にフィクションのように作られ、そして固定化されるのが通常です。
ブルーズの場合それとは大きく異なり先に述べたように、流動的でその場に即した生き様とも呼べる詩がそこにはあるようです。
「ロバートの歌は歌いつつあるその時のロバートのもの」だと感じています。

クラプトンが「クロス ロード ブルーズ」を歌った理由ですが
 偉大なる先達のロバートに対する敬愛
 ロバートの魂の共有
 なんてったって好きなんだから歌いたい
てなところじゃなかったのかと想像しています。

本当のところをクラプトンに聞いてみたいですね。

2008年03月05日 Sonny URL 編集

こんにちわ。

>正確な歌詞がわからない・・・

いえいえ、そう意味じゃないのです。「正確な歌詞」に意味が無いと思うのです。人が歌ったものを人が歌ったとおりに歌う事が無意味だったのだと思います。
Sonnyさんがおっしゃるように歌詞に重要な意味が有るとすれば、歌う人によって歌詞は変化してくると思います。その時の感情で曲自体も変化してしまいます。同じ曲でも同じ曲じゃないと言う自由な部分がブルーズの初期には有ったと思います。
まぁRさんのコメントにご返事しているような事を書いただけです(笑)。
P.S.
ブルーズってスケベな歌も沢山有りますよね。

2008年03月05日 falso URL 編集

falsoさん、こんばんは。

いやどうも文脈を良く汲み取れなくて申し訳ありませんでした。
良く納得いたしました。


>ブルーズってスケベな歌も沢山有りますよね。

お言葉に甘えてちょっと喰い付かせていただきます。
ブルーズの場合いわゆるダブルミーニングやトリブルミーニングがゴマンとあります。
 メリーがどうしたこうした とか
 焼けた焼けたおいしいパンがやけた
なんてのは結構あぶないです。
その他にも薬やアルコールなどよいこの皆さんにはとても訳を聞かせられない物がたんんとありますね。

2008年03月06日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する