JAZZ1000回問われた私への質問 2




いったい何からジャズを聴いたらいいでしょうか。ジャズをわかるにはどうすればいいでしょうか。

ジャズは何々から聴かねばならないということはありません。必要にせまられて聴く(何かのイベントに使うとか、開店する店のBGMに使うとか)のでなければ、自分が気に入ったものから聞き始めるのが正解です。
 ジャズの世界はとても広大ですので短期間に全体を見渡すのは無理です。言い換えると、どこかにあなたが気に入るジャズがきっと有るはずです。「広大な世界だからこそどこから手を着ければいいかわからないんだよ。」という声が今にも聞こえてきそうですね。
 そこでまさにうってつけなのがジャズ喫茶へ通うことです。様々なジャズのアルバムが、よく考えられた適切な順番で一日中流れています。膨大な数のアルバムに、いい音を聴かせてくれるオーディオ。おいしいコーヒー紅茶にビールにウィスキー。そして問えば何でも答えてくれるやさしいマスター(笑)。自分が気に入るジャズを見つけるにはこれ以上ない環境といっていいでしょう。本当に数が減ってしまったジャズ喫茶ですが、探せばまだまだ何とか、通える場所にジャズ喫茶があると思います。
 「いやいやジャズ喫茶なんか近所に無いよ。」とおっしゃる方もおられるでしょう。それならば、ネットで大手レコード販売店、レコード制作会社、ミュージシャンの公式サイト、インディーズ、自主制作にいたるまで無料で試聴できるサイトは数多くあります。その中で自分の気に入ったアルバムをお買いになるといいと思います。好きな楽器や知っている曲の入ったものを買うのもいいでしょうし、ベストセラーの中から選ぶのもいいでしょう。
 一番避けていただきたいのが、ジャズの歴史解説や名盤解説といった本を買い込んでその中よりアルバムを選ぶことです。まず本を読んだところで実際の音楽を聴けるわけではありません。そして何よりも重要なのは、音楽を聴くのは人のためではなくて、自分の楽しみのために聴くのだという当たり前のことです。
 お偉い評論家がどんなに推薦しようがジャズ史上どんなに意味のある名盤だろうか、そんなことはくそくらえです(すいません興奮して少しばかり下品になりました)。音楽というのは、みえで聴くものでもなくましてお勉強するものでもありません。ジャズは自分自身の楽しみのために聴くものです。
 評論家や自称ジャズ識者の薦めるアルバムを聴き、「こんな名盤を面白いと感じないなら私はジャズにむいていないのだ。」と考えジャズを聴くことを諦めてしまう人のなんと多いことでしょうか。
 人が今までに聞いてきた音楽や生活は様々で、ほかには誰一人として同じであるはずがありません。どのようなジャズを気に入るかは人それぞれです。
 くりかえします、ジャズは自分の楽しみのために聴くものです。お勉強や学問ではありません。
 自分の気に入っていた音楽がいつしかそうではなくなったり、またその逆もあるでしょう。そうやって楽しみながらジャズを聴き続けていくことが一番です。ジャズを聴き続け数年、いや十年、あるいは数十年たったときに、いつしかジャズはあなたの一生のお友達になっているはずです。
 ジャズを理解するのに近道はありません。ジャズを聴き始めるのに決まりなどありません、好きなものを楽しみながら聴いていくことです。

 ああすっきりしました。いったい何回この質問をくりかえされたことか。これからは「ブログを見てね」で済まされるのですから。
 そうはイカのしおからですかね。

2005年07月27日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:8

(・∀・) はじめましてー!
評論家が敷居高くしてるんですよねー。
ただただ楽しめばいいだけの話なのに。

って、思いつつも自分の場合は耳慣れするのに我慢(?)の期間も必要でした(笑)

失礼いたしました。

2005年07月29日 桜ん坊将軍 URL 編集

Sonny
コメントありがとうございます。ご賛同いただきうれしく思います。
 桜ん坊将軍さんも無理して"A love supreme"なぞ聴く必要ないですよ。時期がくればまたいいと思うようになるでしょう。コルトレーンがずっと嫌いでも一向に構わないのです。ジャズにはほかにもいろいろといいものがあるのですから。
 これからもよろしくお願いいたします。

2005年07月29日 Sonny URL 編集

読みながら目頭が熱くなってきました。
私も何度も「名盤」といわれるものを聴いてはジャズから離れ、また「名盤」を聴きなおし、また離れていく、という連続でした。それでもまたジャズに近接したのは、一種のコンプレックスかもしれません。下町のガラの悪い少年が、いいとこのお嬢様に恋をしているような感じでしょうか。
「いつしかジャズはあなたの一生のお友達になっているはず」というところが、一番感動しました。音楽というのは友達になり得るんですよね。これからもいい「友達」を作っていきたいと思います。
ロリンズの "This is What I Do" 、見たことありませんでした。現時点での最新アルバムなんですね。今度(ラスト?)コンサートに行くので、探してみます。

2005年07月31日 straightlife URL 編集

Sonny
straightlifeさん、ご訪問コメントありがとうございます。あせらずに自分の気持ちに正直に聴き続けていかれるとよいと思います。
 私もロリンズのコンサートには行く予定です。楽しみですね。
 人の意見に惑わされないユニークなCD紹介を楽しみにしています。ブログ期待しています。よろしくお願いします。

2005年07月31日 Sonny URL 編集

はじめまして&コメントありがとうございました♪
大好きなロリンズ様と同じHNの方、しかもジャズ喫茶経営されてるのですか?(〃▽〃)キャー♪恐縮でございます。

で、お問い合わせの件ですが、チケットには残念ながらパーソネルは書いてありませんでした(/_;)
チラシの裏に8/24発売のライブアルバムのパーソネルは書いてあったのですが・・・。
お役にたてなくてすみませんm(_ _)mペコリ

そして、このスレのご意見、激しく賛同いたします!
私もよく同じような質問を受け、先日などは「ジャズの勉強の一環で黒人(←そのままの表記)の勉強もしたいのですが・・・」という恐ろしい質問まで^^;。
私の答えはいつも「ジャズは音楽。<音>を<楽>しめなけりゃいくら勉強したって無理です」と回答してます。
今日「いいとも」でタモリが「ジャズは敷居が高いし、難しいと思われてるから・・」なんて発言してましたが、そういう発言そのものが誤解を与えてると思う今日この頃です。

あまりにもSONNYさんの文章に感動してしまって思わず熱く長々と書いてしまいました。失礼しましたm(_ _)mペコリ
早くロリンズの生音聴きたいですね~♪

2005年08月04日 たねたん URL 編集

Sonny
 たねたんさんご訪問のうえご返事いただきありがとうございました。
 また、私の意見にご賛同いただきうれしく思います。ジャズをお勉強にしてしまった悲しい人たちがいますが、少しでもジャズを楽しめる方が増えることを願ってやみません。 
 ロリンズのコンサート本当に楽しみですね。11月が早く来ないかと今からお正月待ちの子供みたいになっています。
 たねたんさんこれからもよろしくお願いいたします。

2005年08月04日 Sonny URL 編集

お邪魔します。僕のジャズ歴は1年ちょいですが、最初知人に進められて聴いたものはあまりピンときませんでした。しかしたまたまレコード屋で手にしたサキコロからジャズにぐぐっとはまって行きました。ソニーロリンズが僕にはしっくりきます。チャーリーパーカーは何枚か聴きましたがまだ馴染めずにいます。何をみてもパーカーは良いと書いてありパーカーのよさが分からないとジャズが分かってないみたいなところがあるように思います。自分もいろいろ聞いてみましたが結局は好きなものばかり聴いているんですね。結局自分の心地よいものを聴いてりゃあいいやと思うようになりました。そして時期と共に聴くものも変わっていくんだろうなと感じていました。ですからコメントを読ませて頂いた時すごく共感できました。それと同時に安心もしました。またコメントさせてください。
リンクをはらせて頂いてもいいですか?

2005年11月14日 あじ URL 編集

 あじさん、コメントありがとうございます。
 パーカーは確かにとてもいいのですが、すぐに良さがわからないからといって気にすることはありません。長くジャズを楽しむうちにその良さも自然とわかるようになると思います。短期間にジャズの全てを分かるのは不可能です。気長にゆっくりと楽しんでいくのがコツです。
 何となくジャズの全体が見えてくるようになるには10年ぐらいかかると思います。早分かりするのではなくパーカーは将来の楽しみだと思ってはいかがでしょうか。ジャズの取っ掛かりは人それぞれです。ロリンズの良さをなかなか分からない方だっているのですから。ひとつアドバイスがあるとすれば昔のジャズだけでなく近年の録音も聞いてみてください。
 リンクに関しては何の問題もありません。よろしくお願いいたします。
 
 

2005年11月14日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する