邦楽とアドリブ




ここ大阪では昨日今日と驟雨と言う言葉がぴったりとあてはまるような短い時間で集中的な雨が降っています。ちょうど私が店へと出勤する時間帯にまさにキャッツエンドドッグといった雨にあい雨宿りをする羽目になりました。

余り連想ゲーム的な発想で音楽を選んで聴くということはほとんどないのですが、山本 邦山の「銀界」を聴きたくなりターンテーブルの上に載せました。

現代において普通の方がお買いになるほとんどのアルバムは譜面にされた楽曲を演奏した物であると思います。アドリブと言うとジャズの専門特許のように言われるのですがそうでもありません。

かつてのクラシックではカデンッアというものが普通にあり、譜面とははなれて演奏者が自由に演奏を行うことが当たり前であったようです。近代に至りそのカデンッアもソリストの見せ場といったような意味に変化してしまいましたが。

現代でも民族音楽と呼ばれるジャンルではアドリブと言うのはそれ程珍しい物ではありません。ただ、一般的に普通の人が耳にする音楽ではやはりアドリブ=ジャズという図式が成立するのだと思います。


さてここで紹介している山本 邦山ですが現在の尺八奏者を代表する方と言って差し支え無いでしょう。何年か前には重要無形文化財いわゆる人間国宝を受賞もされています。

純邦楽の楽器でのジャズというとなにやら異種格闘技の様相を呈する感があります。もっと言えば色物と言いますか奇をてらっているような演奏を想像されても無理はありません。


初めて邦山の「銀界」を耳にしたとき、そのあまりに自然な音楽にジャズであるということに全く違和感を感じないことが驚きでした。

この自然な感じはいったいどこから来るのか?


尺八と言う楽器ですが今は三味線や琴などと合奏されたり、民謡の伴奏に使われているのが全く普通であると認識されています。

ところが明治にいたるまでは尺八は虚無僧のみが持ち得る法器とされ、民間の俗曲での使用は認められていませんでした。

虚無僧たちは尺八を手に民家の前で吹き鳴らして乞食を行い、また大自然の中で大地や風と語らっていたのでした。


今は尺八の大家といって差し支えのない邦山氏も修行時代には乞食をしながら尺八の修行をしたと言います。

当然のことながら風や日差しや森や野原やそして民家の門前も、一日たりとておなじものではありません。その中で彼は尺八を通して会話をしていたわけです。


こうやって考えてみれば山本 邦山がジャズを演奏するというのは、全く自然なことであり必然であったように思えます。


「銀界」でのサイドメンを勤める菊地 雅章、村上 寛、ゲーリー ピーコックといった面々もぴったりとした素晴しい演奏を繰り広げています。


個人的に山本 邦山の「銀界」は日本人が到達したジャズの金字塔であると確信しています。

もしご存じなければ一聴されることをおすすめします。


残念なことですが廃盤のようでここアマゾンでも入手難なようです。


2008年07月10日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:1 コメント:4

何年か前、名前は挙げませんけど、とある有名な雅楽の方が、笙などを使ってジャズに挑戦、みたいなアルバムをどんなもんかと思って試聴したことがありました。
でも、曲がありきたりのフュージョンのような感じで面白くも何ともなかったんです。
演奏面では優れているのかもしれませんが、アイデアが安直だなあと思って。

ですが、このアルバムは面白そうですね。
メンバーも凄いですし。
なんとか探してみます。

2008年07月10日 piouhgd URL 編集

piouhgd さん、こんばんは。

たいていの場合邦楽奏者によるジャズというのは、ジャズを聴く人間からするとその興味を満たしてくれる物では無いです。
このアルバムに関してはジャズ的な興味で聴いたとしても充分に満足させてくれます。

大きな中古レコードやさんなんかでは今でも500円均一コーナーなんかで見かけるのでそのうち手に入ると思います。
もちろん内容的には2800円の新譜以上の価値がありますよ。

2008年07月10日 Sonny URL 編集

こんばんは。
このアルバムが届きまして、聴いてみました。
これは素晴らしいですね。
見事としか言いようがありませんでした。

山本さんとゲイリー・ピーコックのアルバムってのも見つけてしまったんですが、それも廃盤みたいですね。
気になります。

2008年08月24日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん、こんにちは。

いつも推薦盤をお聴きくださりありがとうございます。

こういったアルバムは企画性が強く思われて敬遠されがちなので、音楽好きな方が耳にされて気に入ってもらえるのは大変嬉しいです。

2008年08月25日 sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/204-dcc5b669

自然

山本邦山 銀界 Sonnyさんに教えていただきました。 山本邦山という尺八奏者の方の70年録音の作品。 菊地雅章、ゲイリー・ピーコック、村...

2008年08月24日 call it anything