Many sides of Griffin

Return of the Griffin

グリフィンの追悼記事をそのままにしていたので今少しばかり。

グリフィンといえばブルーノートのテナーバトルで代表されるようなマシンガンのような早吹きばかりが話題になることが多いようです。確かにバリバリと吹きまくるグリフィンの演奏は彼の特徴の一つではあります。

ただグリフィンの凄さはそれだけではありません。バラード吹きとしてもたぐいまれな才能を有しています。

また楽曲の性根のようなものを的確につかみ取ることにも長けています。

演奏技術に関しては職人と呼ばれることもあるようにビバッパーとしてはソニー スティットと双璧だと思えるテクニシャンでもあります。


それらの素晴しさが非常に良くでているアルバムとして"Return of the Griffin"を挙げておきたいと思います。

リターン~と銘打ってある78年のこの作品ですが、別にグリフィンが引退状態からカムバックしたと言うのではありません。長らくヨーロッパでの活動を中心としてきたグリフィンが久しぶりにアメリカでのツアーとスタジオ録音を行ったと言う意味で付けられています。

この作品のレーベルであるギャラクシーがリヴァーサイド時代からグリフィンの優秀なアルバムを手掛けてきたオリン キープニューズの手になる物だとわかれば、このタイトルの持つところが良く知れると思います。


アルバム冒頭A面の1曲目の"Autumn Leaves"
 シャンソンを元とする枯葉をグリフィンがめんめんと……
などと想像した方は実際にこの曲を耳にされるとびっくり驚愕すること請け合いです。嵐の中で舞い散る木の葉と言った感じで急速調でグリフィンのテナーが炸裂します。早吹きテナーチャンピオンの実力を遺憾なく発揮しています。


二曲目の"When We Were One"
これはグリフィンのオリジナル曲ですがとても秀逸なラブバラードの名曲です。テナーサックスと言う楽器はその本質として非常に男性的であると思いますが、これほどまでに直裁に官能さを感じさせながら凛々しく雄雄しいテナーはグリフィンにしかあらわせない世界であると思います。


次の"Monk's Dream"はセロニアス モンクにささげたグリフィンのオリジナル曲です。

モンクのフロント陣をつとめるのは結構やっかいな物でしてかのマイルズ デイヴィスも「僕のバックではピアノをひかないでください」と頼んだのは有名なジャズ界での都市伝説であります。

ところがこの名アルチザンたるグリフィンはモンクのグループでも全く自身のプレイを崩すことなく難なく素晴しい演奏を繰り広げています。それらの演奏はプレスティッジの"セロニアス・イン・アクション"で楽しむことが出来ます。

セロニアス・イン・アクション+3

モンクに対する敬愛から作られたこの曲もいかにもと言った名演で、グリフィンの想うモンク像がありありと覗える演奏です。

その昔にはテナーバトルの名コンビであったエディ ロックジョーと共に"ルッキン・アット・モンク"という佳作ものこしています。

Lookin' at Monk

B面に移ってからの以下の三曲"Way It Is "" Fifty-Six "" I Should Care"もそれぞれ頭書に記しましたグリフィンの様々の魅力を存分に楽しめる演奏ばかりです。


このような出来のいい作品を仕上げたオリン キープニューズのジャズ及びグリフィンに対する慧眼と、ギャラクシーと言うレーベルにも敬意を表したいと思います


この機会に色々な面で素晴しい演奏家であるグリフィンの魅力を再認識していただければ嬉しく思います。

2008年08月07日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:6

ご紹介のアルバムは、残念ながら少々手に入りにくいみたいですね。
気長に探してみます。


>「僕のバックではピアノをひかないでください」

訳し方でかなり印象が変わりますね、この一言。(笑)

2008年08月07日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん、こんにちは。

>訳し方でかなり印象が変わりますね、この一言。(笑)

ハイ、野次馬的穿ち見方の爺さん達の間では「俺の後ろでピアノを弾くな!」とマイルズがモンクに言い、一触即発の事態になったと言うのが定説のようです。
が、そりゃもう何の根拠も無い都市伝説だと思います。

かのクリスマスセッションの時にマイルズは28歳。モンクは御年37歳にしてマイルズの師匠のパーカーより二つ上であります。
いかにマイルズが生意気な輩だとしても「俺の後ろでピアノを弾くな!」とゴルゴ13じゃあるまいし到底言いはしますまい。それではマイルズはただのKYクンですな。

英語は全くの苦手ではありますが空気の読める私Sonnyの迷訳としては
 「僕のバックではピアノをひかないでください」
となるわけであります。

それでもモンクは「きぃ悪いやっちゃ」とマイルズのことを思ったでしょうが(笑)。

2008年08月07日 Sonny URL 編集

>「僕のバックではピアノをひかないでください」となるわけであります。

お坊ちゃん育ちですからね、あながち間違いではないような気がします。(笑)

2008年08月07日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん

>お坊ちゃん育ちですからね、あながち間違いではないような気がします。(笑)

はい、これからはクリスマスセッションの定説はここに落ち着くはずです(笑)。

2008年08月08日 Sonny URL 編集

お久しぶりです。
グリフィンのAutumn Leaves、
聴いてみたいなあと思いました。

いろんな人がこの曲をやっていて、色んな枯葉があります。
この前、いきつけのワインバーでギター片手にこの曲を弾いてくれるのを聴きました。
まったりとした枯葉でした。

私の中で一番好きな枯葉は、エヴァンスとジム・ホールの枯葉。
>嵐の中で舞い散る木の葉と言った感じで急速調でグリフィンのテナーが炸裂します。

この言葉で、ああー聴いてみたーいと思いました。
Return of the Griffin、探してみようと思います。

2008年08月12日 カオポン URL 編集

カオポンさん、こちらこそお久しぶりです。

本当にたくさんの人が「枯葉」の録音を残していて、元がシャンソンであることも忘れられがちなくらいです。

グリフィンは曲を自由自在に咀嚼解釈し再構成する様は見事としか言いようがありません。ライブで聴いた"I love you"も急速調で度肝を抜かれた経験があります。

記事で紹介したアルバムもそれ程希少盤というわけでもないので中古盤やさんでは1100円から1500円ぐらいで見つかると思います。見つかるといいですね。

2008年08月12日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する