月亭 可朝 カンカン帽にちょびひげ



月亭 可朝と言う名前をこんな形で目にするとは。

「70歳落語家をストーカー容疑で逮捕」
ネット上のニュースタイトルでこれを目にした時にはそれが誰なのかちょっと想像がつきませんでした。
その後の続報を読むとその容疑者とは月亭 可朝であることがわかりました。すぐに可朝であると気がつかなかったのは彼がもう70歳に手が届いていると思っていなかったためでした。

ご存知な方も多いと思いますが私は上方の落語が大好きです。

だんだんと落語家という芸人さんも職業としてやっているような方が増えてきましたが、可朝は誠に芸人と言う名前がふさわしい落語家さんであると思います。
若い頃に「嘆きのボイン」であっという間に人気タレントになりましたが、落語家としての力も見事なものです。


まさに型破りと言う名がふさわしい芸風で、何のネタも披露せずに最後まで「ほんまにほんまですわ、いやほんま」と言う言葉だけで高座を終えてしまったのには唖然とさせられました。
私は未見ですが、楽屋に届いた出前のうどんを持ったまま舞台に上がりそれを食べ終えるだけで出番をつとめたこともあるそうです。

落語以外でも世間の話題にのぼることも多く、警察のごやっかいになったり選挙に出馬したりと多くの方がおぼえていらっしゃると思います。


月亭という名前からご存じない方も多いようですが、可朝という名前からわかるように彼は現役としては桂 米朝門下の筆頭弟子であります。
不思議にも想いまたむべなるかとも想うのですが、米朝と言う言う芸風の下に可朝・枝雀・ざこばという誠に個性溢れる落語家が集うことになったのはとても面白いことだと感じます。

また、彼が大阪の出身ではなく横浜の生まれであるというのも余り知られることが無いのではと思います。

吉本興業を離れてから月亭 可朝を目にする機会は余り無くなっています。
関西の芸人プロダクションと言うと吉本あるいは松竹しかないと思われがちですが、可朝はKAプロと言うところへ所属しています。横山ホットプラザーズが所属していることで知っておられるかもしれません。


お歳を考えるとしっかりとした月亭 可朝の落語を楽しめる機会はそう長くは無いでしょう。

一門会や独演会は開いてもらえんでしょうかなぁ。
ざこばと二人会というのも面白そうですな。




2008年08月13日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:2

新聞で見ました。

ビックリした。。。逮捕されたことより 70歳ってことに 驚いた(; ̄Д ̄)

2008年08月14日 真由美 URL 編集

ちょいと調べてみましたら
 仁鶴が71
 鶴光が60
 三枝が65
 きん枝が57(最近は蒲生と言えば宇都宮まきですが)
 中尾が48
 あやめが44

と言うわけであなたも私も年をとったわけですなぁ。(笑) 
 
 
  

2008年08月14日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する