大阪最後のジャズ喫茶「トップシンバル」の閉店



もう何軒ものジャズ喫茶の閉店を見送ってきましたが、天王寺の「トップシンバル」が閉店するのはとても淋しく骨身にこたえるものがあります。


二ヶ月ほど前のことでしたが「トップシンバルが閉店するようだよ」とお客さんから聞きました。
   
   とうとうこの日が来てしまったのか  
                         と感じました。


遠方よりこられたお客さんに「どこかにいいジャズ喫茶がありますか」と尋ねられても、これからはお教えするお店がなくなってしまいました。


人によってジャズ喫茶と言うものの定義は様々でしょうが私が思うよいジャズ喫茶と言うのは
   昼から営業している
   ソフトドリンクを提供している
   しっかりとした音量でジャズがかかっている
   新譜を購入している
   一般の家庭では望めないクオリティの音質を維持している(≠高級なオーディオがある)
   マスターがお店に出ておられる
   
そしてこれが一番肝心なことですがマスターがジャズを心から愛しておられること。


夜からはパブタイムの営業ではありましたが「トップシンバル」はどなたにも安心しておすすめできるお店でした。


たまたまですがマスターの植田さんは私の学んだS中学の先輩でもありました。
これまた不思議なことですがジャズ喫茶を経営したことのある人間が四人もいるという中学はS中学だけではないのかしらん。

このことは偉大なる関口 宏夫人を輩出したしたことと並んで母校が誇れることでないのかと個人的に思っています。そのうちの先輩の一人である「トップランク」のマスターが先日おいでになって、今から「トップシンバル」に行ってくると私に告げました。

そういわれても「トップシンバル」に行って植田さんに挨拶するふんぎりがつかずに私は自分の店に残りました。


閉店が決まったジャズ喫茶ににわかにお客さんが押し寄せ
   「どうして閉めるの」
   「残念なことやなぁ」
などとわかりきったことをマスターに話をしている状況を、私はとても堪えられそうではないのです。

     はい、私は根性なしでございます。



植田さん、長い間ありがとうございました。
これからは心置きなくご自分のお好きなジャズを楽しんでください。
ひと段落されたら、ゆっくりとジャズの話をしてみたいですね。
                                     



いつもいつも言っていることですが
 ジャズをお好きであるならジャズ喫茶ぐらいに素敵な場所はありません。
 どうぞ、お店があるうちに足をお運びください。
 まだなんとか通える距離にジャズ喫茶があるんじゃないでしょうか。



「ジャズを聴くにしても、酒を呑むにしても自前が一番かな」と力なく心でつぶやきパラゴンの前できびなごをかじる根性無しでございます。

                                              合掌

2008年08月30日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:3

こんにちわ。
Sonnyさんの言う「良いジャズ喫茶」の定義、これはまさしく私たちジャズをストレートに楽しみたい客側の求めるものです。

現在、田舎に住んでいるのでJazz喫茶自体が元々少なく、最近は全く行ってなかったら全滅してしまったようです(涙or笑)。
「ジャズ喫茶」よりも「ジャズを聞かせてくれる店」くらいがちょうど良いと思っていたくらいの寂しい環境で生活していますが、近所に新しくジャズ喫茶が出来てもヘンにお洒落だったり、逆にカチカチだったりしたら・・・行かないかも~(笑)。
でも、飢えているのも事実なんですけどね(爆)。

2008年09月02日 falso URL 編集

>falsoさん

じゃあ、今度一緒にSonnyさんのお店へ行きましょう。(笑)

2008年09月03日 piouhgd URL 編集

falsoさん、こんにちは。

大阪もこれでちゃんとしたジャズ喫茶はなくなってしまいました。東京区内であっても晩からはパブタイムになるので、ジャズをキッチリ聴ける店は無いと思います。
 「まさしく私たちジャズをストレートに楽しみたい客」というのがいかにすくないかということが証明されていると言えるでしょう。
これがジャズ関係者が誇るジャズ大国日本の現実であります。


piouhgdさん、こんにちは。

見ていただいたとおり私の店は「ジャズ喫茶」の要件を全く満たしておりません。falsoさんが勘違いなさらぬように申し添えます(笑)。
もちろんお越し願えるならば大歓迎であります。





2008年09月03日 sonny URL 編集












管理者にだけ公開する