フレディ ハバードと今年にさよならを

Outpost

”OUTPOST" Freddie Hubbard (ENJA)

あまりにたくさんのミュージシャンが亡くなるので訃報の記事を書くのをためらうといつも言っているのですが、フレディーのこととあっては書かないわけにも  と言う記事です。

輝かしく力強い音色
斬新なアイデアとフレージング
目を瞠るテクニック

ジャズミュージシャンにとって望ましい要素をフレディーは余すところ無く持ち合わせています。モダンジャズのトランペットの一つの模範ともいえるものが彼ではないでしょうか。

こう手放しで賞賛できるミュージシャンと言うのはちょっと見当たらないと思います。


フレディー ハバードの代表作ということではブルーノートでの初リーダー作「オープン セサミ」やCTI時代の「レッド クレイ」あたりが挙がるのが普通だと思います。

80年代の中ごろから体調や唇の状態が思わしくなく、80年代以降の彼の作品が話題にのぼることがめっきりと少なくなっていったように感じます。

そういう時代のフレディーの作品の中から愛聴している作品として冒頭の「アウトポスト」を挙げておきたいと思います。まさにストレートアヘッドなワンホーンの快作としてジャズを愛する方々へ自信を持っておすすめできます。

バッキングを勤めるのもケニー バロンにバスター ウイリアムズそしてアル フォスターというまたとないメンバーです。

こういう作品についてあれこれと解説するのは誠にヤボでございまして、と言いますか私にはこんな素晴しいアルバムについて表現する力はありません。何とか聴いてみていただけると嬉しいです。胸のすくような演奏です。


さてあと半時間ほどで今年も暮れようとしています。
これからくる新しい年に期待と願いを持ちながら

今年とフレディーにさよならを


皆様をよいお年を


この記事で紹介したアルバムです。
Outpost
 


2008年12月31日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:10

新年明けましておめでとうございます。
今年も去年同様に心の支えになっていただければと思っています。
あっ、勝手に「心の支え」にしちゃっているんですけどね(笑)。



フレディ、、、そうですか。
好きなトランペッターの一人では有ったのですが、情報に疎いので。

あまり聴かないから聴こうと思って手元に用意しておいたStraight Lifeを今年一番目のアルバムとして聴きます。
それからBlue Noteに吹き込んだアルバムも聴いてみます。

2009年01月01日 falso URL 編集

falsoさん、新年明けましておめでとうございます。

>今年も去年同様に心の支えになっていただければと思っています。
あっ、勝手に「心の支え」にしちゃっているんですけどね(笑)。

話半分にしても身に余る言葉でありがとうございます。わたしもfalsoさんが、心から音楽を楽しんでいらっしゃる様を嬉しくブログを拝見しています。
これからもよろしくお付き合い願います。

銭のために心を売ったかのように言われることもあるCTIの諸作ですが、丁寧に聞き込むと結構聴き所のある作品達だと思います。
この機会にフレディの再評価がされるとうれしいなと思います。

2009年01月01日 Sonny URL 編集

そうなんですよね、フレディ・ハバード。
残念なことです。
ご紹介のアルバム、ぜひ聴いてみたいです。

昨年は、個人的にもいろいろとあった1年なのですが、生の(?)Sonnyさんにお会いできたことはとても嬉しい出来事でした。
近々、またお会いできるといいな、と考えておりますが、どうなりますか。
今年もなにとぞよろしくお願い致します。

2009年01月01日 piouhgd URL 編集

S o n n yさん、あけましておめでとうございます。

年の瀬にとても残念なニュースでしたね。自分がジャズにのめり込んだ時代にも、フレディの活躍はV.S.O.P.などで耳にしていただけに、ワクワクさせてくれたミュージシャンが鬼籍に入ることは無念さが募ります。

ご紹介の作品は存在こそ知っていましたが、エンヤからリリースされていたことに気がつきませんでした。そして未だ聴けずじまいです。

2009年は公私ともによい年にしたいですね。もちろんジャズの世界に関しても。

2009年01月01日 ぬどい URL 編集

piouhgdさん、
新年明けましておめでとうございます。

"OUTPOST"は80年代のフレディーのアルバムの中で真っ先に思い浮かぶ快作です。ジャズ喫茶にはあると思うので聴いてみてください。

私もまた piouhgdさんにお会いできるのを楽しみにしています。リムスキーともどもお待ちしています。
今年もよろしくお付き合いください。

2009年01月03日 Sonny URL 編集

ぬどいさん、
新年明けましておめでとうございます。

V.S.O.Pというのもなんだか懐かしく感じますね。最初はたった一度限りのスペシャルバンドであったはずが、結局かなりの数の作品を残しましたね。全部で一体何枚あるのかしらん?

"OUTPOST"の初出はENJAであった筈ですが現在はどうのなっているのでしょうね。昔よりは随分と求めやすい価格になっているので一度聴いていただけると嬉しいです。

本年もよろしくお付き合いくださいますよう。

2009年01月03日 Sonny URL 編集

年末以来、世の中のことから遠ざかっておりましたが、お正月を共に過ごす友人たちを迎える準備をしているときに、またもある時代を共にして感のあるジャズマンが逝ってしまったのですね。
今夜よりブログライフ始動開始で、こちらにお邪魔して初めて知りました。

フレディ・ハバードとの馴染みは、青春時代に出会ったアートブレイキーとジャズメッセンジャーが最初だったように思います。以後、フリージャズの時分のアルバムを結構聴いて過ごした学生時代を経て、以後はジャズとのご縁がちょっと途切れ、80年代の終わり頃にVSOPで再会したんだったかなと。ちょっと時代にズレがありましたけれど、こうした訃報はやはり心に染みます。享年70歳とは・・・・

このお正月ジャズ三昧とは申せませんでしたけれど、珍しくビル・エヴァンスを聴いて過ごしておりました。

新年のご挨拶が今日になってしまいましたが、本年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

2009年01月14日 Ms gekkouinn URL 編集

gekkouinnさん、こんにちは。

悲しいことに往年のジャズミュージシャンはどんどんと亡くなっていきます。懐メロジャズばかりを愛でておられる方はジャズを聴く機会が少なくなるばかりでありましょう
他方世界中で素晴らしい若手のミュージシャンがいくらも世に出ているので、私自身はこれからもずっとジャズを楽しんで聴いていくことができそうです。

こちらこそ本年もよろしくお願いいたします。

2009年01月14日 Sonny URL 編集

sonnyさん はじめてコメントさせて頂きます。 いつも楽しく拝見しています。

こちちで「フレディー・ハバード」が亡くなったことを知りました。最近は具合が悪く演奏出来ていないとは知っていましたが亡くなってしまうとは...。 だいぶ昔にオーレックスジャズフェスで聴いて完璧な楽器のコントロールと歌心にぶっ飛んで痺れたのを思い出します。

月並みな言い方ですが またジャズの巨星が逝ってしまった感があります。革新的なラッパ吹きの一人で大きな足跡を残したことは間違いありませんね。ご紹介のアルバムは聴いた事ありませんでした、エンヤからとは意外です。今日は手元にあるハバードの演奏で冥福を祈ります。

2009年01月18日 shepp URL 編集

sheppさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
お名前はぬどいさんのブログで存じ上げております。

フレディは.最近調子が悪いなりにビッグコンボでの新譜を出したりして、復活が期待されただけに残念です。
エンヤでのフレディーのアルバムは知る限りこの一枚だけだと思います。CBSの契約が切れた後フレディーは様々なレーベルから作品を発表しています。ヨーロッパからもMPSやタイムレスなどのアルバムがあります。
機会があればこのアルバムも聴いてみてください。

またお気軽にコメントください。

2009年01月19日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する