レコードだけの本格的なジャズ喫茶?




 「ジャズはやっぱりレコードですよね」もう幾人もの方にこう言われました。同意が得られるものと確信してそうおっしやられるようです。ですが私の答えはNOです。そうお答えするとなかには怒りだす方もいらっしゃったりするので面倒なときにはあいまいに笑ってごまかします。
 でも私がNOとお答えするにはいくつかの理由が有ります。
 
 レコードを手に入れるのは難しい
 当たり前のことですがレコード屋と今でも言いならわしていますが、レコード屋さんに行ってもそこで売っているのはCDです。ごく少量の盤を除いて今や新品のレコードが製作されることはありません。したがって聴きたい作品をレコードで手に入れようとすれば、中古レコード屋さんをこまめに探して回るしかありません。よほどのお金持ちであればオークションなどで望みどおりに手に入れることも可能でしょう。が、一般の人にはとても無理な話です。
 レコードの時代にかなりの枚数を所有している人は別として、これからジャズを聴こうという方には圧倒的にCDを手に入れる方が簡単です。気に入った作品のレコードが手に入らないから聴かないということになれば、これはもう本末転倒です。
  
 レコードをいい音で聴くのは大変です。
 CDは音が悪いのでジャズのよさが出ないとおっしゃる方もたくさんおられます。確かに80年代に製造されたCDの多くは聞くに堪えないものでした。しかしながら、現在ではCDのよさを活かした録音がなされておりレコードには無い美点も見出されるようになっています。
 レコードの時代に録音された作品は、CDで再版されたものよりもレコードのほうが音がいいというのは事実です。しかしながらレコードのほうが音がいいというのはいくつかの条件付です。
 まず、オリジナルのレコードを再生する必要があります。すべてのレコードの音がいいわけではありません。同じレコードでもオリジナルのレコードと再プレスされたもの、アメリカ盤や日本盤といった製造国、そして出版したレコード会社のちがいで音には大きな差が有ります。
 なかには本当にこれが同じレコードの音かと疑いたくなるようなものまで存在します。当初の録音発売時より時間がたって再プレスされたもの、オリジナル盤とは生産国のちがうものではいい音でレコードを聴けることはまれだと思ってください。
 ブルーノートのオリジナル盤なぞ10万円を超えるものがゴロゴロしているのが昨今の相場のようです。よほどのお金持ちでもないと聴きたい作品をオリジナル盤でそろえるのは無理でしょう。
 次にレコードを再生するにはその使用する機器にもかなりの費用が必要です。CDよりもいい音でレコードを再生できるオーディオを用意するには、少なく見積もっても100万近くの資金が必要になります。そこそこの音でCDを楽しむのならば30万程度で済むと思います。割り切ってしまえば10万円でも何とかなると思います。
 また手数のかからないCDと異なりレコードを再生するにはプレーヤーやカートリッジなど細かなメンテナンスが必要になります。
 
 このようにレコードでジャズを十分に楽しむにはかなりの出費と根気が必要です。私ならばそんなお金はCDを買うお金に使いたいと思います。十分にお金持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、決定的にCDでなければならない理由があります。

1985年以降の作品はレコードで聴くことはできない
 あまりにも当たり前すぎて書くのもどうかなと考えるくらいですが、これが一番重要な理由です。CDが出回り始めた頃こんなひどい音(当時オーディオ評論家達がこぞって素晴しい音だと誉めたのを私は忘れません)では当分レコードの座は安泰だと思いました。ところが意に反して数年のうちにCDはレコードを駆逐し、85年位よりレコードはまたたくまに売り場より消え去っていきました。
 言うまでもないことですが、2005年現在ごく少数のレコードを除いてジャズの新譜はCDで出版されています。つまりレコードしか聴かないと、85年以降20年間ほどのジャズはまったく楽しめなくなるわけです。85年以降も素晴しいジャズは多数生み出され続けています。それらのジャズを無視してしまうのはあまりに惜しいことです。
 団塊世代の懐メロジャズしか聴かないといった偏った方たちはいいとして、これからジャズを聴いていこうという人にはCDを薦める理由は以上の通りです。

2005年08月07日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:0 コメント:2

Sonnyさん。勉強になります。私は大きな音で聴ける環境がないという理由から、「いい音」に関しては妥協というか、ほとんど諦めている状態です。もっぱら、一枚でも多くいい音楽が聴きたいと、CD購入にお金をつぎ込んでいます。しかし、理想はえらく遠いですね。

2005年08月11日 フィル URL 編集

 フィルさんご訪問ありがとうございます。
 フィルさんのようにCDの購入することを優先することが正解だと思います。ただジャズの場合いい音で聴いたほうがその音楽を理解しやすいのは事実です。
 その辺の兼ね合いが難しいところですね。

2005年08月11日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する