ジョー ヘンダーソンがくれた素敵な虹




"Double Rainbow: Music of Antonio Carlos Jobim" (verve)
Joe Henderson
Joe Henderson(Ts)
Eliane Elias(P)
Oscar Castro-neves(G)
Nico Assumpcao(B)
Paulinho Braga(Ds)
Joe Henderson(Ts)
Herbie Hancock(P)
Christian Mcbride(B)
Jack Dejohnette(Ds)



double rainbow
photo by Rimsky ©2011

ジョー ヘンダーソンといえば真っ先にあがるアルバムは
ブルーノートの"Page one"というのが普通でしょう。

その中でも人気のあるのがボサ ノヴァの二曲
"Blue bossa""Recorda me"

往年のジャズ喫茶では同じくブルーノートの諸作が
結構な人気アルバムであったと聞きます。


時を経てブルーノートからマイルストーンへと移籍したころから
ジョー ヘンダーソンのアルバムを愛聴する人たちは
普通のジャズファンからコアなジャズリスナーへと移っていったように
感じられます。

そして普通のジャズファンにはジョー ヘンダーソンの作品といえば
先にも書いたとおりにマイルストーンやエンヤ等にも多くの作品があるのですが
ブルーノートの印象だけが強く残ったようです。


同時代に活躍し今も現役であるウェイン ショーターの作品が
常にジャズの陽のあたる部分にさらされていて評価されていたのに比べると
ヘンダーソンは少しワリを食ったような感じを受けます。

比較的知名度のあるヘンダーソンですが
もっともっと世間での評価は高くなってもよいのになと思っていました。


そのヘンダーソンにもヴァーヴへと移籍してその最晩年になってからは
メキメキと世間での評価が上がり驚いたことに四度ものグラミー賞を含む
さまざまな賞を授けられるようになりました。

やっとヘンダーソンにも陽のあたるいい時期が来たのだと思っているまに
彼は64歳という年齢でこの世を去ってしまいました。


正直に私の感想を述べますと
ヘンダーソンに賞を授けるのならば
それ以前にいくらでもいい作品があったろうにと思っています。

英語の常套句に「遅くてもないよりはまし」という言葉がありますが
まさにヘンダーソンの世評の高まりはそんな感じが強くしてなりません。



そんな晩年のヴァーヴの作品の中で
私が推薦したいのが上記にあげたジョビンのソングブックです。

先にあげたブルーノートの「ページ ワン」でも
ボサ ノヴァの曲目が人気曲となっているとおり
ヘンダーソンとボサ ノヴァはとても相性がよく
日本の方の多くがボサ ノヴァの曲に好感を持っていることもあり
どなたにも推薦できる好作品です。


最晩年のレコーディングでは
明らかにテナーの鳴りっぷりに陰りが見えているアルバムもありますが
このアルバムでは快調なヘンダーソンのテナーが楽しめます。



ダブルレインボウというのは
その名のとおり二重に空にかかった虹のことです。

大阪あたりでは虹自体がほとんど目にすることが出来ないので
見ることが出来たときにはとてもラッキーな気分になります。

上記の写真はわかりにくいのですが先月にあらわれた
大阪の空にかかったとても珍しいダブルレインボウです。



さてこのアルバムがなぜ「ダブルレインボウ」
という名前なのかといえば演奏のメンバーをご覧になれば了解のとおり
二組のリズム隊とヘンダーソンのワンホーンのアルバムになっているためです。

アルバムの前半部分がイリアーヌによるブラジリアン カルテットによるもので
後半がハンコックのアメリカン トリオによるバッキングになっています。


若干前半部分がくつろいだ感じの演奏ですが
弛緩したような演奏ではなくてピリッとしまった演奏になっています。

ブラジルのリズム隊の演奏のためによるのであろう
音楽のゆらぎが心地よくききあきしません。


後半部分はさすがにビッググネームのジャズミュージシャンのバッキングにより
いわゆるジャズの王道の解釈によるボサ ノヴァが楽しめます。

どちらの演奏も甲乙つけがたい好演奏で
ウレ線のボサ ノヴァアルバムでセールスをねらったような
どこかの国の作品のようにあざとい感じはまったくありません。

ジョー ヘンダーソンの代表作として
繰り返し聴くに堪えうる素敵な作品です。



ジャズメンの作品について「晩年の」と書くたびに
若干の違和感を感じずに入られません。
 
このアルバムを ジョー ヘンダーソンがものしたのは
たったの56歳のときなんですよね。

それとてソニー クラークやリー モーガンなどに比べると
晩年といえなくはないですが。




この記事で取り上げた作品です
Double Rainbow: Music of Antonio Carlos Jobim






2011年08月23日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:2

おはつにアクセスさせて頂きます。

7月末に亡くなられたジャズの専門店「ミムラ」の三村さんの追悼記事を何件か目にするうちにこちらsonnyさんのブログにお邪魔する機会を得ることが出来ました。

実はと言いますと、私個人としてかれこれ15年前後昔の記憶に誘われるようにしてこちらに来た次第です。

その頃ですが、京阪沿線のとある町でJazzCafeなるものを開いてしまった時期でありました。(ほんの僅かな間存在した幻のjazz喫茶でしたが)

あの頃同じジャズ関連業として、sonnyさん、今は亡き三村さんとはジャズについていろいろ語る機会もあり、(実際には教わることのほうが多かったですが)長い期間ではありませんでしたが、濃密な時間を過ごすことが出来ました。
あの頃いろいろお世話になりましたことを今また、想い起こしています。

三村さんとはレコード店として独立されて「ジャズの専門店」を開かれてからも、細く長くなりがらも、お店に伺いお話する機会はありましたが、やはり「もっと少しジャズの話してみたかった」、「もっと三村さんのお店に足を運ぶ時間を作るべきだった」と言う想いは私もおなじです。

さてsonnyさんが紹介されてましたDouble Rainbow/Joe Henderson
ですが、私がCafeを開店したあの頃に好評だった記憶があります。
それにジョー・ヘン再評価の時期にあったんじゃないか、と感じていました。
当時ブルーノート時代の作品は中古レコード店でもそう簡単には見掛けなくなってました。
比較的若い世代のリスナーもジョー・ヘンのアドリブライン耳にして、「カッコいいっすね~」て言う人も居る位人気ありました。
sonnyさんのお店では今でもでも、ジョー・ヘン作品がターンテーブルに乗る機会今でも多いのでしょうか?

当時の思い出として、「ダブルレインボウ」昨夜また聴いてみましたが、末永く聴ける愛聴盤でもある1枚です。

2011年09月04日 rainy URL 編集

rainyさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
個人情報をさらけ出す恐れがあったので
お知らせくださったメールアドレスにご返事いたしました。

とどきしだいご覧くださるとうれしく思います。

2011年09月05日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する