オーケージャズレーベルのつづきです



”In My Solitude: Live in Concert at Grace ” (Okeh)
Branford Marsalis'


さて前の記事からのつづきですけれども
ロリンズの新譜をリリースしたOkehレーベルですが
調べてみると当然のことですがホームページがありました。

それによりますと
やはり以前より存在していたオーケーをCBSが
ジャズの新規録音するために復活させたということのようです。

これはもうビックリですなぁ。


CBSがジャズの新譜を録音したり
専属のミュージシャンを抱えたりするのは
いったいいつ以来なのでしょうか。


御大マイルズ デイビスが数々の作品をCBSに残していますので
CBSとジャズは切り離せない関係ではありますが
ジャズの音楽産業においてCBSというレーベルは
さほどには大きな成果を残しているとは言いがたいです。

基本的にはCBSというのはクラシックおよびポップスにおいて
数々の作品を世に送り出したという感があります。

総合レーベルを謳うためには
ジャズを無視するわけにはいかないといった程度に
ジャズの録音を残したという感じです。

マイルズ デイビスもCBSと長きにわたって契約を結んでいましたが
作品のセールス成果について厳しい要望があったりして
自由な作品のリリースが制限されたというような話を聞いています。

まぁ、結果的にはマイルズも晩年にはワーナーへと移籍したわけですし。

その辺は同じくメジャーレーベルであるRCAなんかも似たようなものだと思います。
RCAが満を持して契約したソニー ロリンズも
会社が期待したような大きなセールスをあげることができずに
わずかな期間で契約を打ち切られたといわれています。


そのようなCBSが現在の厳冬期とも言えるジャズ界に
新しく(レーベル復活ですが)録音を始めるというのは
いったいどういった風の吹き回しでしょうなぁ。


ホームページで記載されている専属のミュージシャンとしては
ソニー ロリンズのほかにも
ブランフォード マルサリス 
ビル フリーゼル
ニルス ペーター モルベル
デビッド サンボーン
デイブ ホランド
ルォーユー チェン
ザ バッド プラス
セルジオ メンデス

といった新旧取り混ぜてしかも多彩な顔ぶれが記載さています。
こりゃー CBS
ちょっと本気出してきてるようですなぁ。

何はともあれ
一般の人にもアピールする機会が多い
大手レーベルかジャズの新譜をリリースするのは大歓迎です。


オーケー レーベルについては20年ほど前に
ブルーズ専門のレーベルとして復活したのはいいけれども
わずか数年で活動を停止したといったこともありましたし
長続きすればいいのですが

それに日本盤が発売されるかどうかもわからないですなぁ。


さーて しばらくはお手並み拝見といきますか。




ちなみに

冒頭に掲げたブランフォード マルサリスの新譜ですが
マルサリスは自身のマルサリスレコードのアーティストのはずで
オーケーから新譜というのは不思議です。

マルサリスレコードのホームページを確認してみると
しっかりとこのアルバムの紹介がなされています。

どうやらCBSと提携を結び
アルバム製作はマルサリスレコードが行い
ディストリビュートはオーケーが行うということのようです。

ロリンズのアルバムが自身のdoxyで製作し
オーケーで出すのと同じことですね。


この記事で紹介したアルバムです
In My Solitude







2014年10月31日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:2

ちょうど20年前、G.Love & Special Sauceというブルース+ヒップホップなバンドがOkehから何枚かリリースしてたので、ジャズよりもそのイメージが強いです。

2014年10月31日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん、こんにちは。

まさに記事に書いたブルーズレーベルとして復活したときに作成されたアルバムですね。数年でつぶれちゃいましたけど(笑)。
今度は末永く続けてほしいものです。

一般的にはOkehというレーベルは1920年前後の歴史的ないわゆるレースレコードを作製したレーベルとして知られていると思います。
その中にいまや貴重な録音となったジャズやブルーズの録音黎明期の作品が含まれていたということですね。

2014年10月31日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する