お正月から"song for my father"というお話

元旦からよんどころないことが出来いたしまして
お正月が吹っ飛んでしまった私でございますが
というわけで"Song for my father"のおはなしを。
          …… なんのこっちや


"Don't You Worry 'Bout a Thing".
Stevie Wonder


"Clover"
Earth Wind & Fire


"Rikki Don't Lose That Number".
Steely Dan

さて上記にあげましたアルバム収録三つの曲。

まるで三題話のようですが共通点は見えましたでしょうか?
即座に答えがわかったあなたはなかなかの音楽通であると言えましょう。


そうなんです
これらの三つの曲は
すべてホレス シルヴァーの”ソング フォー マイ ファーザー”に
インスパイアーされて創られた曲たちなのです。

ジャズをちょっとばかりかじったことのある人ならば
シルヴァーの”ソング フォー マイ ファーザー”が
印象的なベースとピアノのユニゾンで始まることはご存知だと思います。

これはジャズファンばかりに対してではなく
多くのミュージシャンたちに多大な印象を植え付けたようでして
上記にあげた著名な三つの曲は
すべてこのベースとピアノのテーマの導入部をかりて作られています。

ジャズ史上でも屈指のキャッチーな一曲だと言えるでしょう。

私はシルヴァーと共にこの印象的なテーマのベースを
演奏しているミュージシャンが好きなのですが
誰だかご存知ですか?

あれあれ
誰かお客さんがいらしたようです。

つづきはまた後日

2015年01月17日 レコード トラックバック:0 コメント:2

気になる終わり方...

2015年01月18日 piouhgd URL 編集

piouhgdさん、

言われてみれば変だったかもしれないですね。
単に記事編集の中断を余儀なくされただけなんです。
別に意図はありません(笑)。

2015年01月20日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する