アリソンのおじさんの謎 ジャズのおじさんのお話


"Somethin' else" (Blue Note)
Cannonball Adderley

今度はおじさんの話でも
なんて言っていたのでジャズのおじさんにまつわるお話でも

上記のアルバム
ジャズファンで知らない者はまず居ない
大名盤 「サムシン エルス」でありますが
同レコードの録音時に未発表曲が残されていたと
大ニュースになったのは30年ほどの昔のことであります。

まぁ、最近の同アルバムには普通にその未発表曲が
付加されていますので
お若い方には何の驚きもないのは当然のことですが。
  

さて、その驚きの未発表曲(笑)こそが
”ALISON’S UNCLE”
でありました。


その未発表曲を当時ブルーノートの権利を持っていた東芝は
あろうことか「枯葉」のオリジナルモノラルマスター曲とカップリングして
(つまりはすでに発売済みの曲)
45回転の12インチレコードとして発売したのでした。

まったく商魂たくましいというか
  レコードコレクター目当て
  オーディオおたく直撃45回転LP
いや同アルバムをすでに持っている人への優しい配慮と申しましょうか(笑)。


未発表曲「アリソンズ アンクル」
ですがナット アダレイ(キャノンボールの弟ですな)の作曲であるとのこと。

じゃあそのタイトルのアリソンというのはいったい誰なのかというと
ナットの娘さんのお名前だということでした。

ということは
”ALISON’S UNCLE”というのは
つまりはキャノンボールということですね。

  なるほど なるほど それでファンキーな香りがするのか……
なんて言うわけしり顔のジャズ玄人なんかもいたわけですけど  
(ファンキー?)


その”ALISON’S UNCLE”については
  オリジナルアルバムにふさわしくない  だの
  いやぁ素晴らしい曲 だの
いろいろとジャズファンの間で話題になったものでした。


  しかしこの”ALISON’S UNCLE”って
  どこかで聴いたことがあるようなないような
   まぁジャズのオリジナル曲なんて似ているのは良くあることだし



という具合にこの大ニュースは
ジャズ界(そんなもんあるんか…)に知れ渡っていったのでした。

以上




のはずだったのですが

やはりというか
この”ALISON’S UNCLE”という曲


実はすでに知られていたアルバム

Gigi Gryce / Donald Byrd ‎– Jazz Lab
に” Bangoon ”として収録されていた
ハンク ジョーンズの曲だったと後から判明したのでした。
(ファンキーだって言うたやつは どいつや)

  
  全国のジャズ喫茶の親父たちや
   てだれのジャズファンたちは
   気がつかなんだんかいな

  いやぁ それより発売元は何しとってん

という話ではありますが
このジャズラボのアルバム
ジュビリーレーベル(マイナー)の
黒人にしてはアレンジ重視のアルバムということで
なかなかに 微妙ーーーな
アルバムでしたな。
  アマゾンでも取り扱いなし

盲点ってやつですかな




今はもう当然のようにこの”ALISON’S UNCLE”は
” Bangoon ”とクレジットされて
CDに追加曲として販売されていますとさ

めでたし めでたし
どんとはれ


はてハンク ジョーンズにお金は??
   

 
この記事で紹介したアルバムです
サムシン・エルス [SHM-CD]















2015年07月08日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する