PCオーディオ事始 オーディオメーカーの不都合な真実


前回の記事でPCオーディオを試みようかと思ったところまでを書きました。

さて、
それでは何故CDプレイヤーを購入せずにPCオーディオへと
舵を切ろうと思ったかですが

一言で言いますと
「段違いに音がよくなる可能性がある」
ということにつきます。


PCオーディオと言いましてもいろいろあるわけでして
単にCDをPCに取り込んで再生すると言うだけでしたら
iPodの楽曲を管理するためにすでにiTunesを使用していますので
すでにPCオーディオ実践者であるともいえます。

ただそれだけでは音源の質はmp3などの圧縮音源を使用していますので
元のCDデータの音質よりははるかに劣るものになります。

ある程度のオーディオシステムをお持ちの方はお分かりだと思いますが
圧縮音源による再生音はかなり薄っぺらい音になり
しかも高音部分は荒れていわゆる「シャカシャカ」になります。

そこでCDに記録された音楽データを圧縮されたものではなく
WAVという非圧縮の生データでPC上に格納して
PCオーディオとして運用しようと言う試みです。


ここで少し考えをめぐらせれば
非圧縮データであったとしても元のCDのデータとは同じであるので
PCオーディオの音質のほうが良くなることは無いと
お思いである方もいらっしゃることでしょう。

実は通常のCDプレイヤーでは正確にCD上のデータを
読み取れていないという事実があるのです。


高級CDプレイヤーには
CDを読み取る部分のみを製品化した
CDトランスポーターと言うものが存在します。

音楽CD上のデータをを読み取ることが100パーセント正確であれば
どんな種類のCDトランスポーターを使用しても
その再生音は同じになるはずですが
実際にはそうはならずにそれぞれ異なった音が出てきます。


 何故こんな不思議なことがおきるのかというと

つまりはCDプレイヤーはCD上の音楽データを
100パーセント読みとることができないのでこのような事がおきているのです。

そしてその読み取れなかった(エラー訂正の機能で復元不可能な)音楽データは
適当なデータが埋め込まれて処理されます。

これでは正確な音楽の再生は到底おぼつかないのは当然です。

これぞオーディオメーカーが公表しない不都合な真実です。

 

他方
プログラムをコンピューターにインストゥールする際にも
CDを使うことは多くあります。

このときにCD上のデータを音楽CDと同じように読み取れずに
適当なデータで埋め込んだとしたら……

あたりまえですがそのプログラムは動かなくなってしまいます。

インストゥールに失敗することはあったとしても
プログラムが動かないと言うことはあまりあることではありません。

プログラムデータ上の読取と音楽CDの読取については
エラー訂正の規格や方法が違うと言うことはありますが
最も大きな違いは正確なデータが読み取れるまで
読取を再試行することが出来るか出来ないかにあります。


CDプレイヤーは音楽CD上のデータが読み取れなかった場合に
もう一度その部分を読み取れるまで再試行するわけにはいきません。

そんなことをすれば再生されていた音楽は
読取を再試行している間途切れることになってしまいます。

したがってCDプレイヤーは正確な音楽データを読み取ることは出来ずに
幾分あいまいな音を再生することになってしまうのです。


PCオーディオでは
音楽CDに記録されたデータをプログラムの記録されたCDと同様に
正確に読み取れるまで再試行しながらPC上に格納することにより
CDプレイヤーよりもよりよい音楽再生が行えると言うわけです。




となると
PCオーディオはいいことずくめなはずですが……


    この項まだまだつづきます





2016年06月06日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する