ロリンズ 、モンク、 ディスコ まるで三題話ですなぁ


”Holding the Stage(Road Shows, Vol. 4)”(Okeh)
Sonny Rollins


ソニー ロリンズの新譜「ホールディング ザ ステージ」が少し前に発売されています。
 
ロリンズがこれまで世界中で行ったコンサート ツアーの記録から
自身が選曲にかかわりアルバムを作成する企画盤ロードショーシリーズも
これで4枚目となりました。


これまでのアルバムには通常のコンサートメンバーだけではなく
スペシャルゲストのオーネット コールマンやロイ へインズなどを迎えた
特別な曲も選ばれていました。

それはそれで大変興味深いものがあったのですが
今回の4枚目のアルバムではその時々の
レギュラー ツアーメンバーが演奏した曲でアルバムが構成されています。
 
ただ2曲目に普段のメンバーではないピーター バースタインが
ギターで参加しているのはちょっとしたゲスト感がありました。


そろそろスペシャルなトラックも出尽くしたようですが
何度か近年のロリンズのツアーコンサートに足を運ばれた方々には
いつものロリンズが等身大で記録されていて
これはこれで暖かな気持ちになれるのではないかと思います。

なんといってもロリンズのコンサートは
元気と暖かさを貰えるものですから。


メンバーだけではなく演奏される曲も
ロリンズファンにはおなじみの曲が
ずらりと勢ぞろいしていることもうれしいです。

そういった曲の構成の中で
「おやっ」
と感じさせたのが5曲目の”Disco Monk/ディスコ モンク”でした。


"Disco Monk"と言う曲名を聞いて
  あぁあのアルバムの
とピンと来る人はなかなかのロリンズファンだとおもいます。

"Disco Monk"は

"Don't Ask" (Milestone)
Sonny Rollins


の中に収録されています。

この「ドント アスク」は
メンバーに ラリー コリエルが参加していたり
ロリンズ自身がリリコン(ウィンドシンセサイザーのはしり)をふいていたりして
当時の頑迷なジャズファンには受けが悪かったように思います。

私自身は結構このアルバムが好きですけどね。


なかでも
この「ディスコ モンク」と言う曲は
 「ロリンズもディスコをやるようではねぇ」
といったシャリコマに走ったように受け取る人もいたようです。


1979年と言う当時を過ごされていない若い方々にはわかりにくいでしょうが
ディスコブームはなかなかにすごいものがありました。

ちなみに1979年のビルボードトップ100から少しピックアップしますと
ドナ サマーの「バッド ガール」
シックの「ル フリーク」
グロリア ゲイナーの「アイ ウィル サヴァイヴ」
   なんていうまさにディスコの王道を行く曲から
ロッド スチュワートだって「アイム・セクシー」
ブロンディーも「ハート オブ グラス」
と言う時代であったのですよ。

といっても
ますます若いお方には何のことやらでしょうな(笑)


といった時代であったので
 ロリンズまでがディスコに手を出して
 ヒットを狙うとは商業主義に走ってしまって駄目だこりゃ
と短絡してしまった人が多数いたわけです。


ロリンズの弁を借りますと
  モンクの音楽世界はとても素晴らしいものであるが
 世の中に広まっているとは言いがたい
  ディスコという音楽も大変素晴らしいが
 ジャズファンに浸透しているとはいいがたい
  そこでディスコとモンクの世界の橋渡しになるように
 「ディスコ モンク」と言う曲を造って演奏した。

ということなのですが
なかなかその真意は伝わらなかったようで
コンサートでも演奏する機会は少なかったようです。


そういう経緯のあった「ディスコ モンク」

ロリンズがこの時代になって再度この曲をアルバムに選曲したわけですが
果たして今度はこの曲のファンが増えてくれますでしょうや
    いかに?

もう一度
 わたしは結構この曲好きですけど

このアルバムに収録されたものは語りの部分が長めになっていて
面白く聴く事が出来ましたしね。



この記事で紹介したアルバムです
ホールディング・ザ・ステージ(ロード・ショウズ Vol.4)
Don't Ask




2016年06月13日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する