PCオーディオ事始 次はDACが必要



前回の記事ではPCオーディオに必要なHDDについて書きました、

今回はPCに保存したデジタルデータ(WAV)をアナログ変換して
アンプへと送るのに必要となるDAC.について書いていきます。


WAVはデジタルデータですので通常のアンプに
直接信号を送ることはできません

そのためにデジタル信号をアナログに変換してくれる
DA(デジタル→アナログ)コンバーター(変換装置)が必要となります。


普通にCDの再生をPCで行って音声出力からモニターへと送り
再生されるのはご存知のとおりです。

つまり特別にDACを用意しなくても
PCにはすでにDACが内蔵されているわけです。

したがってHDDに保存したWAVデーターも
PCの音声出力からアンプにつなげば音は鳴らすことができます。

しかしそれでは非常に質の低い音の再生しか望めません。

その理由としては
 PC内蔵のDACが貧弱であること

そしてそれ以上に問題だと思われるのが
PCの筐体内で発生する高周波や電源ノイズにより
出力音声が劣化してしまうことです。

試しにパソコンのアナログ出力をオーディオへとつなぎ
CDを再生すると
 高域にはノイズが混ざり
 音像はぼやけている
のがわかると思います。

そこで別に外付けのDACを用意して
PCからはデジタルデータのままDACへと信号を送り
それらの問題を解決しようというわけです。


DAコンバーターには様々なものがあるのですが
注意してほしいのはUSB接続による入力があることです。

通常のPCから行えるデジタル出力は
ほぼUSBのみになるのでその他の入力は使用できません。


もう一つ注意が必要なのは
現在比較的新しいCDプレーヤーをお持ちであるならば
そこにDACの機能のみを使用できるようにUSB入力がついていることがあります。

そうであるならばそのDAC部分を流用し
新しくDACを用意する必要はありません。


DACにはハイレゾをうたったものが多いですが
HDDに保存されたデータはCDから読み取ったものなので
ハイレゾである必要は全くありません。


DACの価格も数千円のものから
10万円を超えるものまで幅広い価格のものがありますが
デジタル機器の常としてアナログ機器とは異なり
価格の差がそのまま音質に直接反映されるとは思えないです。

特に高価なDACを用意することはなく
数万円のもので十分だと思います。



さてこの項はまだまだ続きます。

2016年08月27日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する